アメリカのノースカロライナに拠点を構えるブランド、ブラックオックスのシーラントが日本でも発売開始される。ラテックスに加えてカーボン繊維を配合することで、最大9mmのパンクホールを埋めることが可能となったシーラントだという。



ブラックオックス OX1ブラックオックス OX1 (c)blackoxsealant
シーラントに求められるのはどのようなパンクでも空気漏れを止められること。今回ピックアップするブラックオックスがシーラント開発を始めたきっかけは、創業者の息子とその仲間がMTBのナショナル選手権でパンクに見舞われ、表彰台を逃してしまったことにある。その悔しさを原動力に、ラボでの研究とトレイルでのテストを経てリリースされたシーラントを紹介しよう。

シーラントに配合される素材は優れたシーリング性能を実現するラテックスを中心とするマテリアル。そこにカーボン繊維を加えたことがブラックオックスの特徴だ。カーボン繊維の役割は、一般的なシーラントに含まれる粒子状の素材と同じで、開いたパンクホールを塞ぐこと。

シーラントに含まれるカーボン繊維は自社で長さをコントロールすることで、パンクシーリング能力を高めているという。結果として最大9mmの穴も埋めることが可能なシーラントに仕上がっている。ブラックオックスは22口径(約5.7mm)の弾丸でタイヤを撃ち抜いた後に走り出す動画をYouTubeで公開している。

ブラックオックス OX1ブラックオックス OX1 (c)フカヤ
また、ブラックオックスはマイナス6℃までシール性能を発揮できるプロダクトとなっているという。タイヤインサートとの併用やインナーチューブにも使用することが可能となっているほか、理想的な性能は発揮されないものの他社製品と混ぜて使うこともできるという。

ラインアップは4oz(118ml、800円)、16oz(473ml、2,000円)、32oz(946ml、3,300円)という3種類となっており、用途や使用頻度に合わせて選ぶことが出来る展開だ。取り扱いはフカヤ。



ブラックオックス OX1
容量:4oz(118ml)、16oz(473ml)、32oz(946ml)
税抜価格:800円(4oz)、2,000円(16oz)、3,300円(32oz)

Amazon.co.jp 
の画像 国内製造 テング ビーフステーキジャーキー 100g
カテゴリー: Grocery
メーカー: 鈴商
参考価格: ¥990
最安価格: ¥900
アマゾン価格: ¥990
の画像 テング ビーフジャーキー レギュラー 100g×5袋
カテゴリー: Grocery
メーカー: Tengu テング
参考価格: ¥4,698 (¥9 / g)
最安価格: ¥4,698 (¥9 / g)
アマゾン価格: ¥4,698 (¥9 / g)
の画像 テング ビーフステーキジャーキー ミディアムチャンク ホット 160g
カテゴリー: Grocery
メーカー: 鈴商
参考価格: ¥1,464
最安価格: ¥1,464
アマゾン価格: ¥1,464