マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)vsワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)再び。リードを築いたファンデルプールはパンクで遅れ、その間先頭を奪ったファンアールトが今季CXシーズン初勝利をマークした。



初登場したヘーレンタルスのコース。険しい担ぎ区間を越えていく初登場したヘーレンタルスのコース。険しい担ぎ区間を越えていく photo:CorVos
ベルギー北部、アントワープに近い街ヘーレンタルスを舞台にX2Oトロフェー第4戦が開催された。普段キッズ向けの自転車教室も開催されているスポーツ施設は高低差のある森に覆われ、言わずもがなコースもその斜面を利用している。

乗車を拒む厳しい急勾配区間や、木の根が露出した神経質な下り、女子エリート選手ですら降車を選ぶ荒れた盛り土区間が組み込まれた初登場のコースは、ジェレミー・パワーズ(アメリカ)の言葉を借りれば「MTB選手向け」。折からの雨がコースに無数の深い泥たまり区間を作り上げる、難コンディションの中レースが繰り広げられた。

序盤リードを奪ったマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)はパンクで後退序盤リードを奪ったマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)はパンクで後退 photo:CorVos
先頭に浮上したワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)先頭に浮上したワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ) photo:CorVos
最前列からスタートダッシュを決め、そのまま先頭でレースを進めたのはマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)。前日開催された「シクロクロス・エッセン」で圧勝している世界王者を追いかけたのは、日曜日のワールドカップ第2戦で一騎討ちを繰り広げたワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)と、好調マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)の2人だった。

ヨーロッパチャンピオンのエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)ら4番手以降を寄せ付けずに逃げた3名の中、テクニカルコースに適性を見せるファンデルプールが抜け出し、ファントーレンハウトを切り離したファンアールトが2番手。何年にも渡ってシクロクロスで、そして今年はロードレースとシクロクロスで長いライバル関係を築く2人が5〜10秒差の追走劇を繰り広げた。

2人から遅れながらも3位を射止めたマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2人から遅れながらも3位を射止めたマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) photo:CorVos
ファンアールトを追うマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)ファンアールトを追うマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVosエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)は上位3選手に合流ならず、5位エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)は上位3選手に合流ならず、5位 photo:CorVos


ファンデルプールはテクニカルかつパワーが求められるコースでリードを徐々に重ねていったが、レース時間が30分に到達しようというタイミングで突如ファンアールトの合流を許し、2番手にダウン。ピットを通過したタイミングで後輪パンクに見舞われた世界王者がペースダウンを強いられた。

パンクしたタイヤで長時間走り続け、新しいバイクに乗り換えたファンデルプールだったが、前を逃げるファンアールトとの差は30秒にまで広がっていた。「(それまで)互いに良い勝負をしていたので追いつかないだろうと思った。ピット通過直後のパンクだったので随分と時間が掛かってしまった。ワウトは僕と同じスピードで走っていたから、もう終わったと分かった」と白旗。「これまで走った中でも有数の大好きなコースだったので、勝負を諦めてからは楽しんで走った」と言う世界王者の35秒前で、安定した走りを披露したファンアールトがフィニッシュラインに辿り着いた。

今季CXシーズン初勝利を挙げたワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)今季CXシーズン初勝利を挙げたワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ) photo:CorVos
男子エリートレース表彰台男子エリートレース表彰台 photo:CorVos
ジャージの泥を払い落とし、両手を広げて笑顔を見せたファンアールトが今季シクロクロスシーズン初勝利。これまでの4レースで3度表彰台に登るなど、過去3度の男子エリートアルカンシエル経験者がその力を存分に発揮することとなった。

「勝利に満足しているよ。もちろんマチューのパンクは僕にとってラッキーだった。今日本当に勝利を欲していたし、全てが上手くいったんだ」と話すファンアールト。「最初は空気圧が低すぎて遅れてしまったんだ。マチューに追いついた時に彼がパンクしていることに気づいた。そこからすぐさま30秒を稼ぎ、最後まで維持することができた。今日は一騎討ちにはならなかったけれど、互いにリスペクトしあっている」と、レースとファンデルプールについて話している。

2人に置き去りにされつつもペースを維持したファントーレンハウトが3位に入り、トーン・アールツ(ベルギー、テレネットバロワーズ・ライオンズ)が4位。シクロクロスに連戦出場中のハインリッヒ・ハウッスラー(オーストラリア、バーレーン・マクラーレン)は54位で完走とならなかった。



女子レーススタート。クララ・ホンシンガー(アメリカ、キャノンデール・シクロクロスワールド.com)たちがコースに飛び出していく女子レーススタート。クララ・ホンシンガー(アメリカ、キャノンデール・シクロクロスワールド.com)たちがコースに飛び出していく photo:CorVos
アンマリー・ワースト(オランダ、777)を除くトップ選手が一堂に会した女子レースを掌握したのは世界王者セイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)だった。デニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)とサンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)に続く3番手で滑り出したアルバラードは、1周目に先頭を奪い、テクニカルなシングルトラック区間でリードを奪った。

前日に一足遅れてシクロクロスシーズンイン&初勝利を挙げた元世界王者マリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)が後方から追い上げるのを尻目に、アルバラードは2周目に独走態勢に持ち込んだ。今季圧倒的な勝率を誇るルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)はベッツィマを引き離して追走したものの、泥の下りで前転するなどリズムが噛み合わない。アルバラードのリードは最終周回突入時、12秒にまで広がっていた。

1周目からリードを奪うセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)1周目からリードを奪うセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)は追い上げ届かず2位ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)は追い上げ届かず2位 photo:CorVos4列目スタートのマリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)は6位でフィニッシュ4列目スタートのマリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)は6位でフィニッシュ photo:CorVos

1ヶ月ぶりの勝利を手にしたセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)1ヶ月ぶりの勝利を手にしたセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
難コースで力強い走りを見せたアルバラードが、ブラントを19秒、ベッツィマを23秒引き離して勝利。トップコンディションから外れていることを公言し、メカトラも重なり1ヶ月以上勝利から遠ざかっていた世界王者は「待ち遠しい勝利。ここ数週間上手くいかなかったからと言って、私のやってきたことが間違っていたというわけではない。今日は楽しみながらレースを走ることができた」と、苦しい期間を帳消しにする勝利を喜んだ。

表彰台圏外では、日曜日のシクロクロスワールドカップで2位に入ったクララ・ホンシンガー(アメリカ、キャノンデール・シクロクロスワールド.com)が4位に入り、徐々にコンディションを上げつつある元世界王者カントが5位。4列目スタートを強いられたフォスは6位に入り、その実力を遺憾無く発揮している。

笑顔で表彰台に上がるセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)笑顔で表彰台に上がるセイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス) photo:CorVos
男子エリートレース結果
1位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)58:13
2位マチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)0:35
3位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)1:32
4位トーン・アールツ(ベルギー、テレネットバロワーズ・ライオンズ)2:15
5位エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:18
6位ローレンス・スウェーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:26
7位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンスシクロクロスチーム)2:38
8位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)2:48
9位コルネ・ファンケッセル(オランダ、トルマンスシクロクロスチーム)2:50
10位ジャンニ・フェルメルシュ(ベルギー、クレディショップ・フリスタッズ)3:25
女子エリートレース結果
1位セイリン・アルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)45:53
2位ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネットバロワーズ・ライオンズ)0:19
3位デニセ・ベッツィマ(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:23
4位クララ・ホンシンガー(アメリカ、キャノンデール・シクロクロスワールド.com)1:30
5位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)1:36
6位マリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)1:50
7位マノン・バッカー(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)2:03
8位ヤラ・カステリン(オランダ、クレディショップ・フリスタッズ)2:19
9位カータ・ヴァス(ハンガリー、ドルチーニ・ファンアイクスポーツ)2:45
10位フェム・ファンエンペル(オランダ、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:53
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 IRC H134シラクCX SAND シクロクロス用 チューブレス X-ガード 700*32C
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
最安価格: ¥ 5,009
アマゾン価格: ¥ 6,144
の画像 IRC tire IRC SERACCX SAND M134 19048P 700X32c ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥4,316
最安価格: ¥4,256
アマゾン価格: ¥4,316
の画像 IRC tire チューブレスレディースタイヤヨウシーラントボトル 500ml 991102
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 2,244
最安価格: ¥ 1,720
アマゾン価格: ¥ 2,560