機能美という言葉がふさわしいアルミCNC加工プロダクトを揃えるレザイン。主力プロダクトの1つであるフロアポンプのハイエンド"CNC DIGITAL FLOOR DRIVE"に、NEO METALLICというメタリック調のグラデーションカラーモデルが50本限定で登場した。



レザイン CNC DIGITAL FLOOR DRIVE NEO METALLICレザイン CNC DIGITAL FLOOR DRIVE NEO METALLIC (c)ダイアテック
アルミの精密加工を得意とするレザインが注力するプロダクトの1つがポンプだ。ハイエンドのCNC DIGITAL FLOOR DRIVEは、ボディやステップ、ハンドルだけではなく、シリンダーヘッドまでアルミ切削で作られたレザインを代表するプロダクトだ。

シャフトも18.7mmと非常に太く作られているため、高圧充填時のポンピングの行いやすさや安定感が増していることも特徴。ダブルゴムパッキンや円形アルミエンド、ナイロンブッシュなど工夫を凝らすことで、ポンプとしての機能を確保している。

仏式と米式に対応するポンプヘッド仏式と米式に対応するポンプヘッド (c)ダイアテック
バルブコアツールも備えられているバルブコアツールも備えられている (c)ダイアテック
ホースの金口"ABS(Air Bleed system)"もレザインのポンプを象徴するポイント。ヘッドに設けられたボタンを押すとホース内のエアを排出でき、空気充填作業後にスムースにヘッドをバルブから外すことが可能となるテクノロジーだ。

2021年モデルから各種ポンプに装着されるABSがABS1 PROというものになった。バージョンアップに伴いヘッドがL字型に変更されており、比較的ヘッドがねじ込みやすくなっている。もちろん口金は仏式と米式に対応している。バルブコアツールの機能も追加された。近年普及が進むチューブレスタイヤにシーラントを充填する際、ポンプヘッドでバルブコアを外すことができるのは非常に便利だろう。

3.5インチの大型デジタルメーターが備えられている3.5インチの大型デジタルメーターが備えられている (c)ダイアテック
CNC DIGITAL FLOOR DRIVEは3.5インチ(8.89cm)のデジタル式空気圧計を備え、非常に細かく空気圧を管理することが可能となっているモデルだ。空気圧計は足元に配置されているが、大型ディスプレイのおかげもありメモリは読み取りやすくなっている。自動電源OFF機能が備えられているため、作業後に電源を切り忘れても、電池の過剰な消耗を抑えてくれるはずだ。

今回紹介するのは50本限定で販売されるNEO METALLICカラー。レザインはオイルスリックのようなメタリック調グラデーションデザインのプロダクトを数多くリリースしており、そのラインアップにCNC DIGITAL FLOOR DRIVEが加わる形となった。価格は19,200円(税抜)。

L字型のポンプヘッドとされ、ヘッドをねじ込みやすくなっているL字型のポンプヘッドとされ、ヘッドをねじ込みやすくなっている (c)ダイアテック


レザイン CNC DIGITAL FLOOR DRIVE NEO METALLIC
最大空気圧:220psi / 15bar
サイズ:15×20×63.5cm
価格:19,200円(税抜)

Amazon.co.jp