全周回でトップタイムという圧倒的な走りでポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス)が世界選手権2連覇を達成。U23でもフランスのロアナ・ルコントがアルカンシエルを射止めている。



集団先頭付近で滑り出したヨランダ・ネフとシーナ・フライ(スイス)集団先頭付近で滑り出したヨランダ・ネフとシーナ・フライ(スイス) photo:UCI/Michal Cerveny
オーストリア、レオガングの空模様は晴れ時々くもり。依然として林間セクションや下り区間はスリッピーなタフコンディションではあるものの、MTBの女子世界王者を決めるエリートレースが開催される頃、ホームストレートを始め平坦区間には乾いた路面も現れた。

スタートループ1周+メインコース5周=19.15kmで争われた女子エリートの出走人数は59名。地元オーストリアの期待を背負うラウラ・スティッガーは胃腸感染症によってスタートせず、更に2016年の世界王者でありXCマラソンで5度世界王者に輝いたアニカ・ラングヴァド(デンマーク)も同じ症状を訴えてDNFと即時現役引退を発表。スター選手2人を欠いたレースで、好ダッシュを決めたのは2連覇が掛かるポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス)だった。

落ち着いた走りで下りをこなすポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス)	落ち着いた走りで下りをこなすポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス) photo:UCI/MoritzAblinger
序盤2番手を走ったイヴィ・リチャーズ(イギリス)序盤2番手を走ったイヴィ・リチャーズ(イギリス) photo:UCI/Michal Cerveny2018年世界王者のケイト・コートニー(アメリカ)は落車で途中リタイア2018年世界王者のケイト・コートニー(アメリカ)は落車で途中リタイア photo:UCI/Michal Cerveny


エリザベス・ブランダウ(ドイツ)の落車を尻目にホールショットを奪ったフェランプレヴォの走りは冴え渡っていた。パワフルな走りで登りを突き進み、危うさを感じさせない走りで超スリッピーな下りを飛ばす世界王者は、すぐさま2番手以降を引き離して独走態勢に持ち込んだ。「もし集団で走ったら登りだろうと下りだろうとペースを乱されると思っていたので、早く独走に持ち込みたかった」と言うフェランプレヴォはスタートループ完了時点で11秒もの差を積み上げた。

イヴィ・リチャーズ(イギリス)やレベッカ・マコンネル(オーストラリア)が好スタートを切った一方、精彩を欠いたのがプレ五輪勝者のヨランダ・ネフ(スイス)や2018年世界王者のケイト・コートニー(アメリカ)といった面々。3周目に激しく顔面落車したコートニーは脳震盪症状を覚えたためレースを降り、序盤好発進したアン・テルプストラ(オランダ、プレ五輪3位)も呼吸トラブルでリタイア。リオ五輪覇者のジェニー・リスヴェッツ(スウェーデン)も途中リタイヤに終わっている。

集中した表情でリードを積み上げるポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス)集中した表情でリードを積み上げるポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス) photo:UCI/MoritzAblinger
終盤まで2番手を維持したレベッカ・マコンネル(オーストラリア)終盤まで2番手を維持したレベッカ・マコンネル(オーストラリア) photo:UCI/MoritzAblinger
パートナーのジュリアン・アブサロン(フランス)のアドバイスを聞きながら走るフェランプレヴォは十分なリードを築き上げ、その背後では昨年3位銅メダルのマコンネルがヤナ・ベロモイナ(ウクライナ)を突き放して2番手。2011年に銅メダルを獲得したエヴァ・リヒナー(イタリア)は中盤以降ペースを上げ、3番手シーナ・フライ(スイス)や2番手マコンネルとの差を徐々に詰めていった。

金色のヘルメットを輝かせて走るフェランプレヴォは、スタートループとメインコース5周回全てでトップラップタイムという圧倒的な走りを披露する。その背後ではリヒナーがマコンネルを捉えたことで銀メダル争いが勃発したが、フェランプレヴォの集中した表情は最後まで崩れなかった。

2番手グループとの差は何と3分。周回コース最後の下りと連続コーナーを危なげなくクリアしたフェランプレヴォが、スタートから一度も先頭を譲ることなく完全勝利。五輪プレ大会で激しく落車負傷し、年明けには脚の動脈に抱えたトラブルを除去する手術を受けていた28歳が、2015年と2019年に続く自身3度目、2年連続のクロスカントリー世界王者に輝いた。

圧倒的な走りで勝利したポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス)圧倒的な走りで勝利したポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス) photo:UCI/MoritzAblinger
銀メダル争いのスプリント。エヴァ・リヒナー(イタリア)がレベッカ・マコンネル(オーストラリア)をパス銀メダル争いのスプリント。エヴァ・リヒナー(イタリア)がレベッカ・マコンネル(オーストラリア)をパス photo:UCI/Michal Cerveny
2年連続3度めのアルカンシエルを射止めたポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス)2年連続3度めのアルカンシエルを射止めたポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス) photo:UCI/MoritzAblinger
「抜け出したいと思っていたけれど、まさかあれ程すぐ独走できるとは思わなかった。そこから集中してベストを尽くし、例え落車やメカトラブルがあっても問題ないくらいのリードを稼ぐことができた。タイトルを守ることができて本当にハッピー。大好きなアルカンシエルをもう一年着ることができるのだから」と、好調のまま連覇を果たしたフェランプレヴォは語っている。

ワンミスが命取りになる、緊張感溢れるマコンネルとリヒナーの銀メダル争いを制したのはリヒナーだった。リヒナーは最終周回の登り区間で遅れを取ったものの、濡れた木の根が露出した下り区間で落車したマコンネルとの差を詰め、最後はゴールスプリントで先着。35歳のイタリア王者にとっては9年ぶりとなる世界選手権での表彰台獲得であり、過去最高順位を獲得している。

リヒナーに抜かれた後も粘ったフライは4位を維持し、1996年生まれのアイラ・ショート(イギリス)がキャリアブレイクとなる5位を獲得。後半巻き返したネフはショートから29秒遅れの6位に入っている。



U23女子レース:フランスのルコントが勝利

女子エリートの前に開催されたU23女子レースには39名が出場。気温7度というコンディションの中、ロアナ・ルコント(フランス)がレースを掌握した。

女子U23 スリッピーな下りを攻めるロアナ・ルコント(フランス)女子U23 スリッピーな下りを攻めるロアナ・ルコント(フランス) photo:UCI/MoritzAblinger
女子U23 初優勝を遂げたロアナ・ルコント(フランス)女子U23 初優勝を遂げたロアナ・ルコント(フランス) photo:UCI/MoritzAblinger
女子U23 アルカンシエルを獲得したロアナ・ルコント(フランス)ら女子U23 アルカンシエルを獲得したロアナ・ルコント(フランス)ら photo:UCI/Michal Cerveny
ワールドカップ第1戦のエリートカテゴリーで優勝し、世界選手権初日のチームリレーで優勝に貢献したルコントは、スタートループで20秒近いリードを稼ぎ、メインコースでも4周回中2周回でトップタイムを刻み、最終的に2番手以降を1分11秒引き離して勝利した。

2位銀メダルはU23カテゴリー初挑戦のカータ・ヴァス(ハンガリー)で、3位銅メダルはハーレー・バッテン(アメリカ)を交わしたシクロクロス世界王者セイリン・アルバラード(オランダ)が獲得している。
MTB世界選手権2020 XCO女子エリート結果
1位ポリーヌ・フェランプレヴォ(フランス)1:27:33
2位エヴァ・リヒナー(イタリア)3:01
3位レベッカ・マコンネル(オーストラリア)3:01
4位シーナ・フライ(スイス)3:46
5位アイラ・ショート(イギリス)4:17
6位ヨランダ・ネフ(スイス)4:46
7位ヤナ・ベロモイナ(ウクライナ)5:28
8位マヤ・ヴウォシュチョヴスカ(ポーランド)5:44
9位ターニャ・ザケリ(スロベニア)6:12
10位アレッサンドラ・ケラー(スイス)6:25
MTB世界選手権2020 XCO女子U23結果
1位ロアナ・ルコント(フランス)1:13:34
2位カータ・ヴァス(ハンガリー)1:11
3位セイリン・アルバラード(オランダ)2:42
4位ハーレー・バッテン(アメリカ)3:38
5位ノエレ・ブリ(スイス)5:32
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 ビットリア(Vittoria) メジカルIII [MezcalIII Rigid] 26x2.1 ブラック リジッド クリンチャー マウンテン 自転車 タイヤ
カテゴリー: Sports
メーカー: ビットリア(Vittoria)
参考価格: ¥2,814
最安価格: ¥2,640
アマゾン価格: ¥2,814
の画像 Vittoria(ビットリア) Pit Stop TNT EVO シーラント剤 200ml
カテゴリー: Sports
メーカー: ビットリア(Vittoria)
最安価格: ¥ 1,242
アマゾン価格: ¥ 1,242