Jプロツアー第4戦「宇都宮クリテリウム」が、栃木県宇都宮市の清原工業団地内コースで行われ、小野寺玲が優勝して大会3連覇を達成。宇都宮ブリッツェンは東日本ロードクラシックDay-2から3連勝とした。



スタートラインに揃ったJプロツアーの選手スタートラインに揃ったJプロツアーの選手 photo:Satoru Kato
群馬サイクルスポーツセンターでの開幕3連戦から2週間、Jプロツアーは第4戦を迎えた。今年7回目の開催となる「宇都宮クリテリウム」は、宇都宮市中心街の東に位置する清原工業団地の公道コースが舞台。今年はコースが変更され、長方形ベースのコースレイアウトからアルファベットの「T」字形となった。3つのヘアピンコーナーと2つの直角コーナー、約1kmのロングストレートで構成され、ストップ&ゴーのインターバルが1周あたり3回繰り返されるパワーを要求されるコースとなった。

今年はコースレイアウトが変更され、3つのヘアピンコーナーが設定された今年はコースレイアウトが変更され、3つのヘアピンコーナーが設定された photo:Satoru Kato昨年までは観戦スペースだったホームストレートを進むメイン集団昨年までは観戦スペースだったホームストレートを進むメイン集団 photo:Satoru Kato

宇都宮クリテリウム と言えば、地元のB級グルメなどの屋台が出店し、多くの観客が来ることでも知られる。しかし今回も無観客開催。屋台の出店もなく、コース沿いにいるのはチーム関係者や報道、大会役員のみだ。

この日の天気は朝から雲り。宇都宮市の最高気温は30℃前後だったが、湿度が高く不快な汗が噴き出してくるような暑さの中でのレースとなった。




レース中盤に形成された5名の逃げ集団レース中盤に形成された5名の逃げ集団 photo:Satoru Kato
Jプロツアーのレースは1周2.2kmを23周する50.6km。スタート直後からアタックが繰り返される中、地元チームの宇都宮ブリッツェンが主導権を握るべく集団前方に集まってくる。

レース中盤に差し掛かると5名の逃げ集団が形成される。メンバーは、中村龍吉(群馬グリフィンレーシングチーム)、門田祐輔(Hincapie LEOMO Bellmare Racing Team)、山本大喜(キナンサイクリングチーム)、小森亮平(マトリックスパワータグ )、小石祐馬(チーム右京)。

メイン集団先頭を固めてコントロールする宇都宮ブリッツェンメイン集団先頭を固めてコントロールする宇都宮ブリッツェン photo:Satoru Kato
メイン集団は宇都宮ブリッツェンがコントロール。プロリーダージャージを着る増田成幸自ら集団を牽引し、逃げる5名との差を20秒から30秒に維持してレースを進めていく。

レース終盤 愛三工業レーシングチームやチームブリヂストンサイクリングが集団前方に上がってくるレース終盤 愛三工業レーシングチームやチームブリヂストンサイクリングが集団前方に上がってくる photo:Satoru Kato
レース終盤、スプリント勝負に持ち込みたい愛三工業レーシングチームやチームブリヂストンサイクリングが集団前方に上がりはじめ、追走のペースが上がり始める。逃げる5名は最終周回まで粘ったものの、残り1kmを前に吸収される。

逃げる5名の後ろに迫るメイン集団逃げる5名の後ろに迫るメイン集団 photo:Satoru Kato
宇都宮クリテリウム3連覇を決めた小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)宇都宮クリテリウム3連覇を決めた小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato
そして残り350mの最終コーナーを抜けると、山本大喜、小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)、孫崎大樹(チームブリヂストンサイクリング)、岡本隼(愛三工業レーシングチーム)らによる個人戦のスプリント勝負へ。小野寺のスプリントが伸び、即興で繰り出したというウィニングポーズで宇都宮クリテリウム3連覇を決めた。宇都宮ブリッツェンも第2戦から3連勝。レース空白期間明けの中にあって頭ひとつ以上抜け出た印象だ。

ライブ中継の視聴者の声援に応える小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)ライブ中継の視聴者の声援に応える小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato優勝した小野寺は「今日は(大久保)陣さんで勝つ予定だったので、自分が勝つつもりはなかった」と言う。「チームとしても陣さんを勝たせるために動いていたけれど、残り2周で陣さんがキツくなっていて、最終周に離れてしまっていたので自分で勝負すると切り替えた。最後は孫崎(大樹)選手ともがき合いになって、横目で見える位置だったが、僕の方が伸びた。枚数不足で危ないかとも思ったけれど、地元で3連覇出来て本当に良かった」と、コメントした。

表彰式表彰式 photo:Satoru Kato
中間スプリント賞を獲得した3名にはそれぞれ地元賞が贈られた中間スプリント賞を獲得した3名にはそれぞれ地元賞が贈られた photo:Satoru Katoプロリーダージャージは増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、ネクストリーダージャージは織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)がそれぞれ維持プロリーダージャージは増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、ネクストリーダージャージは織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)がそれぞれ維持 photo:Satoru Kato

Jプロツアー第4戦 宇都宮クリテリウム 結果(50.6km)
1位小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)1時間9分37秒
2位岡本 隼(愛三工業レーシングチーム)+0秒
3位孫崎大樹(チームブリヂストンサイクリング)
4位門田祐輔(ヒンカピー・リオモ・ベルマーレ・レーシングチーム)
5位織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)+1秒
6位鈴木 龍(宇都宮ブリッツェン)
敢闘賞 該当なし

中間スプリントポイント
5周回完了時 横塚浩平(チーム右京)
10周回完了時 小森亮平(マトリックスパワータグ )
15周回完了時 山本大喜(キナンサイクリングチーム)

Jプロツアーリーダー 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダー 織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)


女子 中原恭恵が優勝

女子 中原恭恵(AVENTURA VICTORIA RACING)が優勝女子 中原恭恵(AVENTURA VICTORIA RACING)が優勝 photo:Satoru Kato
女子 表彰式女子 表彰式 photo:Satoru Kato女子 フェミニンリーダージャージは森本保乃花(ZERO)女子 フェミニンリーダージャージは森本保乃花(ZERO) photo:Satoru Kato

30.8kmで行われた女子のレースは、徐々に集団の人数を減らしながら周回を重ねていく展開。最後に残った4名でのスプリント勝負となり、中原恭恵(AVENTURA VICTORIA RACING)が優勝した。
F(女子) 結果(30.8km)
1位中原恭恵(AVENTURA VICTORIA RACING)48分24秒
2位唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)+2秒
3位樫木祥子(株式会社オーエンス)


その他レース 結果

E1 留目夕陽(東京都立八王子桑志高等学校自転車競技部)が優勝E1 留目夕陽(東京都立八王子桑志高等学校自転車競技部)が優勝 photo:Satoru KatoE2優勝 山之内壮真(Yamanakako Cycling Club)E2優勝 山之内壮真(Yamanakako Cycling Club) photo:Satoru Kato
E1・E2 結果
E1 結果(37.4km)E2 結果(30.8km)
1位留目夕陽(東京都内八王子桑志高等学校自転車競技部)52分4秒山之内壮真(Yamanakako Cycling Club)43分53秒
2位鳥倉必勝(SBC Vertex Racing Team)+2秒五十嵐洸太(Yamanakako Cycling Club)+0秒
3位福田圭晃(Yamanakako Cyclisme Formation)菊川実紀(Roppongi Express)
4位東 優仁(VC福岡(エリート)村山浩司(作新学院大学)+1秒
5位松木健治(VC VELOCE)遠藤裕太(郡山サイクルフレンズ)
6位西本健三郎(東京都立八王子桑志高等学校自転車競技部)長島慧明(ブラウ・ブリッツェン)
E3・1組 表彰式E3・1組 表彰式 photo:Satoru KatoE3・2組 表彰式E3・2組 表彰式 photo:Satoru Kato
E3 結果
E3-1組目 結果(26.4km)E3-2組目 結果(26.4km)
1位渡邊和貴(LINKVISION GIRASOLE CYCLING)38分25秒伊藤大地(群馬グリフィンエリート)38分29秒
2位林 伶音(横浜高校自転車競技部)+1秒清涼琢己(AutoBahnGotemba)+0秒
3位清水大地(栃木県立真岡工業高等学校)高梨万里王(TEAM YOU CAN)
4位佐伯祐輔(SBC Vertex Racing Team)+2秒仲平楓太(サイタマサイクルプロジェクト)
5位重田倫一郎(作新学院大学)堀江郁人(MiNERVA-asahi)+1秒
6位辻野竜輝(AutoBahnGotemba)詫間 啓耀 (ホダカファクトリーレーシング)

text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 ごはんのおとも [リニューアル版!] ご飯にかけるギョーザ 旨辛 100g 食べるラー油 ご飯のお供 おにぎりの具 宇都宮餃子会監修
カテゴリー: Grocery
メーカー: 月星食品株式会社
参考価格: ¥815
最安価格: ¥815
アマゾン価格: ¥815
の画像 とちおとめミルキー
カテゴリー: Grocery
メーカー: 株式会社 ダイエー
最安価格: ¥ 1,150
アマゾン価格: ¥ 1,150
の画像 亀田の柿の種 宇都宮限定 餃子風味
カテゴリー: Grocery
メーカー: ㈱ダイエー
参考価格: ¥ 432
最安価格: ¥ 475
アマゾン価格: ¥ 1,290