カナダに拠点を構えるレースバイクブランド、アルゴン18がエンデュランスロード「KRYPTON」のプロスペックフレームをリリースしている。フレームとフォーク重量を軽量に仕上げるとともに、スマートなケーブル内装を実現したKRYPTON PROを紹介しよう。



アルゴン18 KRYPTON PROアルゴン18 KRYPTON PRO (c)日直商会
R&Dとイノベーションこそブランドのアイデンティティとし、レーシングバイクを世に放ち続けているアルゴン18。GALLIUMやNITROGENはプロスペックのモデルが用意されていたが、エンデュランスロードのKRYPTONのみはミドルグレードの「GF」「CS」のラインアップに留まっていた。そんなKRYPTONにトップエンドモデルが2020年モデルから追加されている。

KRYPTONは路面からの振動がどのようにしてライダーに伝わるのかという研究と実験の結果生み出されたエンデュランスロード。大胆にベンドするフロントフォークをはじめ、扁平形状のトップチューブなどフレームの各部に振動吸収性を向上させるチューブシェイプと、カーボンレイアップによる快適性が考慮されていることが特徴だ。

レーシングブランドのバイクとして走行性能を高めるべく、エンデュランスロードながらエアロダイナミクスに配慮したチューブ形状を採用していることもポイント。ジオメトリー自体も前傾になりすぎないポジションとなるように設計されている。もちろんアルゴン18独自の3Dヘッドチューブも健在だ。長時間、速く、遠くへ進むためのバイクとしてKRYPTONは位置づけられてきた。

KRYPTON PROはケーブルをステムから内装する方式を採用しているKRYPTON PROはケーブルをステムから内装する方式を採用している 3Dヘッドを採用しているヘッドチューブ3Dヘッドを採用しているヘッドチューブ

KRYPTON PROのロゴがシートステーに入れられているKRYPTON PROのロゴがシートステーに入れられている これまでケーブルを収納していた部分にシマノDI2のジャンクションを収納するこれまでケーブルを収納していた部分にシマノDI2のジャンクションを収納する


今回登場したKRYPTON PROは基本設計は維持しつつ、CSのフレーム1308g/フォーク489gという重量から、フレーム870g/フォーク380gという大幅な減量が行われていることが最大の特徴。これはGALLIUMやNITROGENのトップエンドと同じようなカーボンテクノロジーを採用しているためと思われる。その結果、剛性や反応性も向上しているはずだ。

KRYPTON PROは軽量性を手に入れたことで、これまで以上に登坂能力も磨きをかけており、レーシングバイクとしての性能を獲得している。UCIグランフォンドなどにチャレンジするサイクリストにマッチするだろう。2019年のパリ~ルーベを完走した実績を持っているため、悪路でのレースやサイクリングでの活躍も期待できる。

KRYPTON PROはケーブルセミ内装式を採用したことも特徴。ケーブル類はステム下部から特殊形状のフォークの隙間を通り、各パーツに接続する方式となっている。また、最大対応タイヤ幅は34mmまでと幅広いため、グラベルタイヤを装着すればイージーなダートまで対応可能だ。サイズはXXS、XS、S、M。価格はフレームセットで410,000円(税抜)。



アルゴン18 KRYPTON PRO
フレーム重量:870g
フォーク重量:380g
カラー:BLACK
サイズ:XXS・XS・S・M
価格:410,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 デロンギ エスプレッソ&カプチーノマシン EC221 ブラック EC221B
カテゴリー: Kitchen
メーカー: DeLonghi(デロンギ)
参考価格: ¥46,100
最安価格: ¥46,100
アマゾン価格: ¥46,100
の画像 DeLonghi エスプレッソ・カプチーノメーカー レッド EC200N-R
カテゴリー: Kitchen
メーカー: DeLonghi(デロンギ)
参考価格: ¥59,340
最安価格: ¥59,340
アマゾン価格: ¥59,340
の画像 ボンマック 家庭用エスプレッソメーカー BME-100DARMAR
カテゴリー: Kitchen
メーカー: ラッキーコーヒーマシン
参考価格: ¥10,480
最安価格: ¥10,480
アマゾン価格: ¥10,480