ジロ・デ・イタリア開催延期を筆頭に、世界規模で強い影響を及ぼす新型コロナウイルス蔓延(COVID-19)を受け、UCI(国際自転車競技連合)が感染拡大地域でのUCIレース中止を要求した。期間は少なくとも4月3日まで。オリンピックの代表選考争いについては3月3日時点に遡っての選考期間停止を依頼済みという。



ダヴィ・ラパルティアンUCI会長(トラック世界選手権2020にて)ダヴィ・ラパルティアンUCI会長(トラック世界選手権2020にて) (c)CorVos3月15日に発行されたプレスリリースによれば、UCI(国際自転車競技連合)はWHO(世界保健機関)が定めた「感染拡大の危険に晒されている地域」でのUCIイベント/レースの中止を主催者に通達した。

対象となるのは、3月15日から少なくとも4月3日に行われるUCIカレンダーに記載されている全てのイベント/レース。ロードレース、MTBなど種目を問わず追加通知があるまで適応される。東京オリンピック、そしてパラリンピックの代表選考争い(MTB、BMXレース、BMXフリースタイル、パラサイクリングロード)に不公平が生じないよう、3月3日時点に遡っての選考期間一時停止をIOC(国際オリンピック委員会)とIPC(国際パラリンピック委員会)に依頼済みだという。

UCIによれば、「これら重要な決定は選手、チーム、主催者、スポンサー、メディア、そして一般の人々を含む全関係者の健康確保と選手に対する公平性を最大限確保するための、全関係者からの要望に基づいたもの」。UCIは3月4日時点でレース開催判断をそれぞれ主査者側に委ねていたが、既にイタリアではイベントの開催を禁止するとともに移動を制限する首相令(D.P.C.M)に基づきジロ・デ・イタリアが開催延期となるなど、ほとんどの欧州レースの開催中止または延期が決定されていた。UCIには100件を越える開催中止・延期リクエストが届いており、その数は日々増加の一途を辿っているという。

3月20日(金)から22日(日)の3日間で開催が予定されていた第4回ツール・ド・とちぎ(UCI2.2)はスタート・フィニッシュ会場への一般ファン入場禁止、パブリックビューイング中止など対応策を講じてきたが、UCI通達によって開催中止となることが濃厚だ。

また、今週末開催が予定されていたアメリカのMTBレース「USカップ」も中止となり、日本から渡米していた山本幸平(Dream Seeker MTB Racing Team)やTEAM SCOTT JAPANのメンバーも予定をレースを走らずして帰国することとなる。山本は動画メッセージにて「レース中止は残念ですが、健康面を考えれば妥当な判断だと感じます。暫くレースが無く東京五輪も開催を願うばかりですが、気持ちを切り替えて家族の元に戻りたいと思います」とコメントしている。
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ブレーキシュー BR-R9100 前後セット R55C4 33550
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 28,246
アマゾン価格: ¥ 28,400