2019-2020シーズンJCXシリーズの最終戦となる第10戦が京都府南丹市日吉町にあるスチールの森で行われた。
昨年10月より始まったJCXシリーズ、男女ともにこの日のレース結果次第でシリーズランキングが変動する可能性があったため、MTBレースでの海外遠征のため不在の2年連続女子全日本チャンピオンの松本璃奈を除くJCXランキングのトップ3が集結した。


選手たちが通過したラインはシャバシャバな泥に変化していった選手たちが通過したラインはシャバシャバな泥に変化していった photo:Satoshi Oda
第1レースのC4のスタート、コースはまだ真っ白第1レースのC4のスタート、コースはまだ真っ白 photo:Satoshi Oda
雪の下には水分をタップリ含んだ芝があり、下位カテゴリでは転倒する選手も多く見られた雪の下には水分をタップリ含んだ芝があり、下位カテゴリでは転倒する選手も多く見られた photo:Satoshi Odaコースサイドのあちこちに大小の雪だるまが出現したコースサイドのあちこちに大小の雪だるまが出現した photo:Satoshi Oda
この日のベストシューズはこれかもこの日のベストシューズはこれかも photo:Satoshi Oda芝の下に隠れた石でパンクする選手も多かった芝の下に隠れた石でパンクする選手も多かった photo:Satoshi Oda

夜半からの降雪により10cmほどの雪がつもりコース全体が真っ白に。今シーズンのJCXシリーズ戦で初の雪、そして泥のコンディション中でレースが行われた。午前8:30過ぎの第1レースが始まるとライン上の積もった雪が溶け始め、コースは一転シャバシャバの泥となった。

約1kmのスタートループ後、C1、C2、CL1、CJ、CM1の使用するコースは2.4kmの周回長となり、昨年使われていた林の中のシングルセクションを使用しない代わりにキャンバー部分が延長され、ウエットコンディションも相まってテクニカル且つパワーを要するコースとなった。また芝の下にとんがった石が隠れており、さらには雪で目隠しをされた状態となっており各クラス、パンクする選手が相次いだ。

C1スタート。織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)が第1コーナー目指してリードするC1スタート。織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)が第1コーナー目指してリードする photo:Satoshi Oda
レース開始早々にこの3人のパックは後続を置き去りにしたレース開始早々にこの3人のパックは後続を置き去りにした photo:Satoshi Oda
前田公平、織田聖の弱虫ペダルサイクリングチームの二人が小坂光(宇都宮ブリッツェン)を引き離しにかかった前田公平、織田聖の弱虫ペダルサイクリングチームの二人が小坂光(宇都宮ブリッツェン)を引き離しにかかった photo:Satoshi Oda「前を行く弱虫ペダルサイクリングチームの二人に遅れても集中を切らさず走った」と小坂光(宇都宮ブリッツェン)「前を行く弱虫ペダルサイクリングチームの二人に遅れても集中を切らさず走った」と小坂光(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoshi Oda

この日の最終レースとして行われた最高峰クラスである男子C1には94名の事前エントリーがあったが77名が出走、8周回で争われた。

ホールショットを決めたのはU23全日本チャンピオン、スイスで行われたシクロクロス世界選手権を含め2ヶ月近いヨーロッパ遠征から帰国した織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)。それに2年連続エリート全日本チャンピオンの前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)と蔵王でのJCX第9戦で今シーズン初勝利をあげた2017年全日本チャンピオンの小坂光(宇都宮ブリッツェン)の2人が続いた。

JCXランキングトップを文句なしの優勝を飾りたい前田と今のJCXランキングをひとつでも上げるためには優勝が最低条件の小坂と織田、序盤から3人のパックは後続を置き去りにしハイペースで展開した。

織田が1周目パンクするが、ピット直前だった事が幸いしバイク交換後すぐさまパックに復帰した。2周目に前田と織田が小坂を引き離すシーンもあったが、決定打にはならずパックは3人のまま。織田は再びパンクし、ペースダウンを余儀なくされパックから脱落。優勝争いは前田、小坂の2名に絞られた。それぞれが互いに前に出るが決め手に欠ける状態でレースが進む。

6周目のキャンバー進入時小坂が3秒ほどリード。前田も遅れまいとするが、小坂との差が徐々に開き始めた。3週間前の蔵王での第9戦の時から比べると明らかに身体を絞り込んで来た小坂は蔵王に続きJCX2連勝。このままの順位でもシリーズランキングトップは変わらないため追うのを途中で諦めペースを落としたように見えた前田が2分差でフィニッシュ。3位には織田が入った。3人によって刻まれたハイペースによりこのレースの完走者はわずかに8名だった。

登りで小さなミスをすると一気に差が縮む登りで小さなミスをすると一気に差が縮む photo:Satoshi Oda
バリアをバニーホップで越える織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)バリアをバニーホップで越える織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi Odaバリアをバニーホップで越える前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)バリアをバニーホップで越える前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi Oda
2度のパンクに見舞われ、後半ミスが目立った織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)2度のパンクに見舞われ、後半ミスが目立った織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi Oda小坂光(宇都宮ブリッツェン)に引き離され単独で2位走行する前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)小坂光(宇都宮ブリッツェン)に引き離され単独で2位走行する前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi Oda
最後まで集中力を切らさず走りきった小坂光(宇都宮ブリッツェン)最後まで集中力を切らさず走りきった小坂光(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoshi Oda
昨シーズンに続いて、同じ会場で勝利した小坂光(宇都宮ブリッツェン)昨シーズンに続いて、同じ会場で勝利した小坂光(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoshi Oda
シリーズ最終戦を2連勝し、晴れやかな表情の小坂光(宇都宮ブリッツェン)シリーズ最終戦を2連勝し、晴れやかな表情の小坂光(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoshi Oda腰についた泥がコースコンディションを物語る腰についた泥がコースコンディションを物語る photo:Satoshi Oda

女子CL1には18名が出走。ホールショットを奪ったのは鵜飼知春(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB)。スイスで行われたシクロクロス世界選手権帰りの赤松綾(SimWorks Racing)、それに唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が加わり、3人の先頭パックでレースが進んだ。

赤松は時差ボケのせいか、身体にキレが見られず遅れ始め、先頭は唐見と鵜飼の2人のパックとなるが、ロードトレーニングに切り替えているため、ジーズン始まった頃より今の方が踏めていると語る唐見が前に出ると鵜飼との差は徐々に大きくなっていった。キャンバーは無理して乗車せず担ぎ、平坦区間は力強いペダリングでメリハリのある走りで、2番手の鵜飼に2分差をつけ優勝。同時にJCXのシリーズチャンピオンの座も獲得した。4周回で争われたこのレースの完走者は14名だった。

CL1スタート、水しぶきをあげながら鵜飼知春(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB)がホールショットを奪うCL1スタート、水しぶきをあげながら鵜飼知春(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB)がホールショットを奪う photo:Satoshi Oda
唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)はシクロクロスシーズンが始まったころより今の方が踏めているとのこと唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)はシクロクロスシーズンが始まったころより今の方が踏めているとのこと photo:Satoshi OdaJCX第7戦以来の表彰台を目指す鵜飼知春(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB)JCX第7戦以来の表彰台を目指す鵜飼知春(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB) photo:Satoshi Oda
世界選手権から帰ってきて日が浅い赤松綾(SimWorks Racing)は身体のキレが見られなかった世界選手権から帰ってきて日が浅い赤松綾(SimWorks Racing)は身体のキレが見られなかった photo:Satoshi Oda乗れないと判断するやすぐさま担ぐメリハリのある走りで優勝した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)乗れないと判断するやすぐさま担ぐメリハリのある走りで優勝した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi Oda
この日一番雪が降っていた中フィニッシュする唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)この日一番雪が降っていた中フィニッシュする唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi Oda
CL1の2分後にスタートしたCJカテゴリのトップ争いの二人CL1の2分後にスタートしたCJカテゴリのトップ争いの二人 photo:Satoshi Oda
切り離しに成功し、トップを独走する鈴木来人(ボンシャンスACA)切り離しに成功し、トップを独走する鈴木来人(ボンシャンスACA) photo:Satoshi Odaパンクで順位を落としたが最終的には2位でフィニッシュした副島達海(Limited Team 846)パンクで順位を落としたが最終的には2位でフィニッシュした副島達海(Limited Team 846) photo:Satoshi Oda

女子CL1の2分差にスタートしたCJクラスで序盤、副島達海(Limited Team 846)が先頭を走るが、パンクにより大きくペースダウンし次々に後続に抜かれてしまった。代わってトップになったのは世界選手権帰りの鈴木来人(ボンシャンスACA)と大谷玄真(榛生昇陽高校)の二人。鈴木と大谷はポジションを何度も入れ替えるが、最終的には鈴木が振り切り優勝。パンクにより大きく順位を落とした副島が最終周に大谷を捉え2位でフィニッシュ。大谷が3位となった。

CM1優勝の國分圭二(Mt.HASE321)CM1優勝の國分圭二(Mt.HASE321) photo:Satoshi OdaCM1ポディウムCM1ポディウム photo:Satoshi Oda
C1ポディウムC1ポディウム photo:Satoshi Oda
CL1ポディウムCL1ポディウム photo:Satoshi Oda
CJポディウムCJポディウム photo:Satoshi Oda
JCXシリーズチャンピオンの2人。男子:前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、女子:唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)JCXシリーズチャンピオンの2人。男子:前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、女子:唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi Oda
C1 (1.00km+2.40kmx8Lap)
1位小坂光(宇都宮ブリッツェン)1:02:52.4
2位前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)+2:01
3位織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)+2:42
CL1 (1.00km+2.20kmx4Lap)
1位唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)0:40:30.4
2位鵜飼知春(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB)+2:02
3位赤松綾(SimWorks Racing)+3:57
CJ(1.00km+2.20kmx5Lap)
1位鈴木来人(ボンシャンスACA)0:46:43.6
2 位副島達海(Limited Team 846)+0:29
3位大谷玄真(榛生昇陽高校)+1:24
CM1(1.00km+2.20kmx4Lap)
1位國分圭二(Mt.HASE321)0:37:17.9
2位小橋洋二(ドM組合_おcx/BIBA BIKES JAPAN)+0:09
3位三船雅彦(MasahikoMifune.com Cycing Club)+0:47
C2(1.00km+2.20kmx4Lap)
1位福井英太(ヴィルベルヴィント)0:38:23.7
2位篁佳太(STRADA)+0:13
3位森真崇(龍谷大学)+0:17
CL2(1.00km+2.20kmx3Lap)
1位日吉愛華(LimitedTeam846まるいち)0:31:25.9
2位竹中希春(Limited Team 846)+1:23
3位山崎友里(バルバクラブタカオカ)+2:39
CM2(1.00km+2.20kmx4Lap)
1位木下泰一(ヴィルベルヴィント)0:38:05.6
2位北野健治(フリーダム)+0:01
3位宮田敬一(アミーゴ倉敷トライアスロンクラブ)+0:15
C3 (1.00km+2.20kmx4Lap)
1位高枝大智(CCCC)0:35:22.5
2位水本凌(同志社大学)+0:21
3位四宮寛人+0:35
CL3(1.00km+1.60kmx3Lap)
1位大浦玲音(姫路市立置塩中学校)0:26:18.8
2位井上美幸(マリンスノー with ストークトサイクル)-1Lap
3位村尾尚美(村上建具)-1Lap
CM3(1.00km+2.20kmx3Lap)
1位末藤慎一朗(遊輪クラブ)0:31:31.0
2位川滝昌利(チーム アレリドレー)+0:25
3位城谷隆宏(遊輪クラブ)+0:34
C4(1.00km+2.20kmx3Lap)
1位木村一義(3C)0:29:45.4
2位老原大智(LOKO RACING)+0:04
3位佐川友樹(ストラーダライダーズ)+0:11
U17(1.00km+2.20kmx4Lap)
1位柚木伸元(Pro Ride)0:33:45.1
2位香月空良(SimWorks Racing)+2:59
U15 (1.00km+2.20kmx3Lap)
1位澤井千洋(TEAM GRM)0:29:14.1
2位河村元(Limited Team 846/Bike Team 回転木馬)+0:36
3位自檀地一(宇陀サイクルレーシング)+1:43
CK1(0.00km+0.90kmx2Lap)
1位瀬戸山紀介(TOKAI POTENZA)0:09:02.0
2位平山開登(Tama-Hira Bicycle Club)+0:53
3位佐藤那音(Limited Team 846)+1:12
CK2(0.00km+0.90kmx2Lap)
1位南翔大(TCKR )0:07:05.1
2位鎌谷律((有)村上建具)+0:47
3位鈴木名人(ボンシャンス)+0:55
CK3(1.00km+1.60kmx3Lap)
1位松山海司(Sonic-Racing/SRAM)0:19:43.4
2位日吉彩華(LimitedTeam846まるいち)+1:43
3位高井鉄生(ボナペティ)+2:04
CC(1.00km+1.60kmx2Lap)
1位衣川一宏0:20:25.2
2019-2020シーズンJCXシリーズ最終ランキング
男子
1位前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)
2位小坂光(宇都宮ブリッツェン)
3位織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)
女子
1位唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
2位赤松綾(SimWorks Racing)
3位松本璃奈(TEAM SCOTT Japan)
text&photo:Satoshi Oda / Kasukabe Vision FILMz
Amazon.co.jp