細かなアップダウンが連続するテクニカルコースのDVVフェルゼクリンゲン・トロフェー第2戦「フランドリアンクロス」で、強いレース運びを見せたマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)が優勝。女子レースでもアンマリー・ワースト(オランダ、777)が前日のW杯に続く2日連続勝利を納めた。



スムーズかつパワフルな走りで先行するマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)スムーズかつパワフルな走りで先行するマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos
土曜日に開催されたUCIワールドカップ第4戦を終えた選手たちは、その日のうちに直線距離で900km離れたベルギー北部のハンメへと移動。矢継ぎ早に開催されたDVVフェルゼクリンゲン・トロフェー第2戦に挑んだ。

「フランドリアンクロス」のコースは芝生の平坦区間と森林区間を組み合わせたものだが、細かなアップダウンやキャンバー区間、パンプトラックのようなカントのついた森林区間が連続するテクニカルコースで、日陰区間は湿り気を帯びた滑りやすい状態となった。

男子エリートレースでは最前列スタートのマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)がホールショット。今シーズン今ひとつ調子を上げきれないベルギー王者トーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)が続き、大柄な二人が後続を引き離しながら先頭グループを形成した。

ファンデルポールを単独追走したローレンス・スウィーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)ファンデルポールを単独追走したローレンス・スウィーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) (c)CorVos
ロードのベルギー王者でもあるティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)は3位ロードのベルギー王者でもあるティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)は3位 (c)CorVosメカトラで沈んだトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)メカトラで沈んだトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ) (c)CorVos

スウィークとの差を広げながら独走するマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)スウィークとの差を広げながら独走するマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos
9周回中の3周目にはローレンス・スウィークとマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)、ロードのベルギー王者であるティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)が合流したが、人数増加を嫌うようにファンデルポールがペースアップ。スムーズかつパワフルな走りで突き進む世界王者はこの後一度も先頭を譲ることがなかった。

ファンデルポールの後方では、スウィークがアールツを交わして単独2番手に浮上。一時ファンデルポールの後方に迫ったスウィークだが、最終的にタイムギャップは40秒までに拡大する。スウィークの先行を許したアールツはメルリエと共に3番手パックを形成したが、シケインのバニーホップでチェーンを落とし、表彰台圏外に転落。この日ベルギー王者は10位に沈むこととなる。

圧倒的な力で独走勝利を飾ったマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)圧倒的な力で独走勝利を飾ったマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos
2位ローレンス・スウィーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)、1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)、3位ティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)2位ローレンス・スウィーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)、1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)、3位ティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ) (c)CorVos
先週に祖父を亡くし、前日のワールドカップではやや走りに影を落とした(それでも勝利には十分だった)ファンデルポールだが、この日は中盤から圧倒的な走りでDVVフェルゼクリンゲン・トロフェー開幕2連勝を達成。長期療養中のライバル、ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)不在の欧州サーキットで今一度王者らしい試合運びで勝利を手にした。



サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)やアンマリー・ワースト(オランダ、777)、セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス)らが先頭グループを組むサンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)やアンマリー・ワースト(オランダ、777)、セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス)らが先頭グループを組む (c)CorVos
東京五輪MTBプレ大会で3位に入ったアン・テルプストラ(オランダ、ゴーストファクトリーレーシング)も出場した女子レースでは、世界王者サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)が好スタート。ここに好調ぶりを維持しているアンマリー・ワースト(オランダ、777)やセイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス)、欧州王者ヤラ・カステラリン(オランダ、777)らが加わり、4名の先頭グループがレースをリードした。

今シーズン精彩を欠いているカントだったが、この日はオランダ勢に食い下がって優勝争いを展開する。4名の均衡が崩れたのは最終周回の直線区間で、爆発的な加速でワーストがリードを築き上げる。カントが追走したものの、周回後半のテクニカルな森林区間で差は埋まらず、数秒リードを守り抜いたワーストが2日連続勝利を挙げた。

カントを抑えて2日連続勝利を飾ったアンマリー・ワースト(オランダ、777)カントを抑えて2日連続勝利を飾ったアンマリー・ワースト(オランダ、777) (c)CorVos
2位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)、1位アンマリー・ワースト(オランダ、777)、3位セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス)2位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)、1位アンマリー・ワースト(オランダ、777)、3位セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos
フィニッシュラインまでもつれ込んだアルバラードとカステラリンの3位争いはアルバラードに軍配し、シケインをバニーホップで飛び切った20歳の新生アニエク・ファンアルフェン(オランダ)が5位。後方から追い上げたテルプストラは15位でフィニッシュしている。
男子エリートレース結果
1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)1:01:46
2位ローレンス・スウィーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)+40"
3位ティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)+1'30"
4位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・バロワーズ)+1'06"
5位エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)+1'09"
6位トム・メーウセン(ベルギー、コレンドン・サーカス)+1'14"
7位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)+1'15"
8位ジャンニ・フェルメールシュ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)+1'56"
9位コルヌ・ファンケッセル(オランダ、テレネット・バロワーズ)
10位トーン・アールツ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)+2'10"
女子レース結果
1位アンマリー・ワースト(オランダ、777)40:28
2位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)+03"
3位セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、コレンドン・サーカス)+06"
4位ヤラ・カステラリン(オランダ、777)+07"
5位アニエク・ファンアルフェン(オランダ)+19"
6位エレン・ファンロイ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)+24"
7位キム・ファンデスティーン(ベルギー、タルトレット・アイソレックス)+26"
8位ケイティ・コンプトン(アメリカ、トレック・ナイトコンポジット)+27"
9位エヴァ・リヒナー(イタリア、クレアフィン・フリスタッズ)+34"
10位ルース・セルス(ベルギー、IKO・クレラン)+37"
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 IRC SERACCX TUBELESS 700×32c 19048J
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 7,260
最安価格: ¥ 4,539
アマゾン価格: ¥ 5,648
の画像 IRC(アイアールシー) SERAC CX シラクシーエックス/SERAC CX EDGE シラクシーエックス エッジ 700X32C HT M138 (EDGE) 19048N
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
参考価格: ¥ 7,260
最安価格: ¥ 4,548
アマゾン価格: ¥ 5,658
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ リアディレーラー RD-R9100 11S 対応CS ロー側最大25-30T (トップ14Tギア対応) 33600
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 23,730
最安価格: ¥ 17,497
アマゾン価格: ¥ 17,800