ドゥクーニンク・クイックステップがドイツ・ツアー3日目を掌握。カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)が逃げ切り勝利を飾り、共に逃げたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)が総合首位に浮上した。



談笑するポイント賞リーダーと総合リーダー談笑するポイント賞リーダーと総合リーダー photo:CorVosステージ優勝狙いのドゥクーニンク・クイックステップ勢ステージ優勝狙いのドゥクーニンク・クイックステップ勢 photo:CorVos

ニーダーザクセン州の街、ゲッティンゲンからスタートしたドイツ・ツアー第3ステージニーダーザクセン州の街、ゲッティンゲンからスタートしたドイツ・ツアー第3ステージ photo:CorVos
ニーダーザクセン州ゲッティンゲンから、テューリンゲン州のアイゼナハを目指すドイツ・ツアー第3ステージのコース距離は190km。後半に至るまでほとんど平坦基調だが、残り40kmからは小さくも破壊力のある1.5km前後の登坂が合計4か所登場する。リーダージャージを着用するアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)の言葉を借りれば、その難易度は「第2ステージよりもずっと厳しい」。

この日は序盤のアタック合戦を経て、ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とマッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)、そしてミカ・ヘミング(ドイツ、ダウナー・アッコン)がエスケープ。3名は最大7分半のリードを得て逃げ、メイン集団ではリーダージャージキープに燃えるクリストフ擁するUAEチームエミレーツがコントロールを行った。

残り45kmを切ると、ロンバルディアに向けて調子を整えるアラフィリップがアタックを仕掛け、辛くも追従したペデルセンを引き連れながらペースアップ。メイン集団でもステージ優勝に向けて各チームが軒並みペースアップを行い、アップダウン区間で集団人数は僅か21名に絞られる。

逃げるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とマッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)逃げるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とマッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード) photo:CorVos
ライバル勢の振るい落としを行うレムコ・イヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)ライバル勢の振るい落としを行うレムコ・イヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
ハイペースを刻んで集団を篩にかけるレミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)ハイペースを刻んで集団を篩にかけるレミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
この中には前日100km近い逃げを試みたレムコ・イヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)やヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)、アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)といった強力なメンバーが含まれたが、赤いリーダージャージを着るクリストフの姿はなかった。

山岳ポイントを狙ったニバリの動きが呼び水となり、ルツェンコやディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)、ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィズマ)らが次々とアタック。いずれも決定打にはならなかったが、残り10km以内の下りを攻めたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)が抜け出し、ここにカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)が合流。スプリント力に秀でるクラシックハンターコンビがフィニッシュを目指して猛然と飛ばした。

逃げ切り勝利を決めたカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)逃げ切り勝利を決めたカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
17秒遅れの集団はソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)が先着17秒遅れの集団はソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)が先着 photo:CorVos「完璧に作戦を実行できた」と言うカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)	「完璧に作戦を実行できた」と言うカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos


総合首位浮上を目指すストゥイヴェンが先頭固定で牽引し、ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)ら後続グループを寄せ付けない。残り200mでスプリントしたアスグリーンがステージ優勝を挙げ、大きく遅れたクリストフに代わってステージ2位のストゥイヴェンが目論見通りリーダージャージを手に入れた。

「事前に取り決めた作戦を完璧に実行できた。ステージ優勝という目標のために逃げに1名を送り込み、僕はじめ他選手はメイン集団内で、決定打を放つ直前まで脚を温存することができた。こんなにも完璧なチーム戦略をした上での勝利は格別だよ」と、チームにシーズン58勝目を届けたアスグリーンはアピールする。

リーダージャージに袖を通したジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)リーダージャージに袖を通したジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) photo:CorVos
「チャンスの光が見えたので手繰り寄せた。すぐにアスグリーンが追いついてきて”僕はステージ、君は総合成績を狙おう”と言ってきた。でもそれだけでは彼が本当にステージだけを狙っているのか、監督が(アスグリーンが)総合で遅れていると教えてくれるまで分からなかった」と語るのはストゥイヴェン。「もし僕が協調しなければ彼はアタックを止め、他のチームメイトにチャンスを譲ってしまう可能性もあった。だから僕が先頭を引っ張り続け、僕が総合、彼がステージを獲れるだけのリードを作り出した。瞬間的な判断が求められたけれど、その中で最良の結果と導き出すことができた。ひとまずは総合リーダーでいることを楽しみ、明日も守り抜きたい」と語っている。


ドイツ・ツアー2019第3ステージ結果
1位カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)4:27:53
2位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)
3位ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)+0:00:17
4位イヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
5位トムイェルト・スラフテル(オランダ、ディメンションデータ)
6位マルク・ヒルシ(スイス、サンウェブ)
7位トムス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)
8位イェンス・クークレール(ベルギー、ロット・スーダル)
9位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
10位ヨナタン・ナルバエス(アクアドル、モビスター)
個人総合成績
1位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)12:38:21
2位ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:13
3位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)0:00:18
4位イヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:19
5位マルク・ヒルシ(スイス、サンウェブ)0:00:20
6位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
7位トムイェルト・スラフテル(オランダ、ディメンションデータ)0:00:21
8位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィズマ)0:00:22
9位イェンス・クークレール(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:23
10位トムス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)
ポイント賞
1位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)27pts
2位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)24pts
3位ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)22pts
山岳賞
1位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)6pts
2位レムコ・イヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)5spt
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)5pts
ヤングライダー賞
1位マルク・ヒルシ(スイス、サンウェブ)12:38:41
2位ヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ヴィズマ)0:00:02
3位ヨナタン・ナルバエス(アクアドル、モビスター)0:00:03
チーム総合成績
1位ドゥクーニンク・クイックステップ37:57:50
2位ディメンションデータ0:00:26
3位トレック・セガフレード0:02:30
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 ミートガイ ミュンヘンヴァイスヴルスト (ドイツ産ホワイトソーセージ) (4本 200g×3pcセット) Germany Munchener Weisswurst
カテゴリー: Grocery
メーカー: The Meat Guy
最安価格: ¥ 3,120
アマゾン価格: ¥ 3,120
の画像 キューネ ザワークラウト(バレル) 810g
カテゴリー: Grocery
メーカー: カール キューネ
最安価格: ¥ 540
アマゾン価格: ¥ 540