ツールのプロバイク特集第2弾は、ステージ4勝と序盤のマイヨジョーヌ、そしてステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)の総合3位表彰台と大成功を収めたユンボ・ヴィズマ。チェレステカラーのOLTRE XR4とAQUILA CVを紹介します。



ビアンキ OLTRE XR4、AQUILA CV

ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ)のOLTRE XR4ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ)のOLTRE XR4 photo:Makoto.AYANO
フレームのイラストは昨年からアップデートフレームのイラストは昨年からアップデート photo:Makoto.AYANOフルーネウェーヘンを中心にステム一体型のMETRON 5Dハンドルの使用率が高いフルーネウェーヘンを中心にステム一体型のMETRON 5Dハンドルの使用率が高い photo:Makoto.AYANO

ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)のOLTRE XR4ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)のOLTRE XR4 photo:Makoto.AYANO
バーテープとボトルケージを黄色に変更したマイク・テウニッセン(オランダ)のバイクバーテープとボトルケージを黄色に変更したマイク・テウニッセン(オランダ)のバイク photo:Makoto.AYANOOS99ステムとX-Light NEW ERGOハンドルを組み合わせたクライスヴァイクのバイクOS99ステムとX-Light NEW ERGOハンドルを組み合わせたクライスヴァイクのバイク photo:Makoto.AYANO


開幕初日にマイク・テウニッセン(オランダ)がステージ優勝とマイヨジョーヌを獲得し、続くチームタイムトライアルでも優勝、ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ)とワウト・ファンアールト(ベルギー)がそれぞれステージ1勝、さらにステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)の総合3位表彰台と大成功を収めたユンボ・ヴィズマ。

クライスヴァイクやジョージ・ベネット(ニュージーランド)などクライマー勢も含め、使用バイクはエアロロードのOLTRE XR4一択で、軽量モデルのSPECIALISSIMAは使われていなかった。重量増を踏まえて今大会でのディスクブレーキの使用率はゼロ。フルーネウェーヘンには昨シーズンも獅子をデザインしたカスタムペイントのOLTRE XR4が供給されていたが、今年は絵柄がマイナーチェンジされている。TTバイクはAQUILA CVだ。

チームTTステージ優勝をもたらしたAQUILA CV。チェーンリングは58-46TチームTTステージ優勝をもたらしたAQUILA CV。チェーンリングは58-46T photo:Makoto.AYANO
ワンオフ感漂うヴィジョンのエアロハンドルワンオフ感漂うヴィジョンのエアロハンドル photo:Makoto.AYANOTTバイクの前輪は全てPROのバトンホイール3Sで統一TTバイクの前輪は全てPROのバトンホイール3Sで統一 photo:Makoto.AYANO

AQUILA CVはフレームサイズの大小で形状が大きく異なるAQUILA CVはフレームサイズの大小で形状が大きく異なる photo:Makoto.AYANOマイヨジョーヌカラー(あるいはチームカラー)の滑り止めを装備マイヨジョーヌカラー(あるいはチームカラー)の滑り止めを装備 photo:Makoto.AYANO


コンポーネントはR9150系DURA-ACEで、ホイールはC60もしくはC40のチューブラー。タイヤはタイムトライアルステージでは抵抗の少ないコルサ・スピード G2.0(チューブラー)を使用し、その他のステージではコルサ(チューブラー)を使用。

2019年からパワーメーターはパイオニアからシマノのFC-R9100-Pに切り替わっているが、今だに一部のTTバイク(スペア?)には黄色いパイオニアのメーターが取り付けられていた。TTでのチェーンリングは58-46T。チームイネオスと異なりTTバイクの前輪は全てPROのバトンホイール「3S」で揃えられていた。

ハンドルとステムはFSA/ヴィジョンで、フルーネウェーヘンを筆頭にステム一体型のMETRON 5Dハンドルの使用率が高め。クライスヴァイクはOS99ステムとX-Light NEW ERGOハンドルを組み合わせ、コラムスペーサーを2枚挟むなど比較的高めのハンドルセットが特徴的だ。

クライスヴァイクのボトルケージだけ廃盤品のUMAクライスヴァイクのボトルケージだけ廃盤品のUMA photo:Makoto.AYANOホイールはDURA-ACE C60もしくはC40。タイヤはヴィットリアのCORSAだホイールはDURA-ACE C60もしくはC40。タイヤはヴィットリアのCORSAだ photo:Makoto.AYANO

パワーメーターはシマノFC-R9100-PパワーメーターはシマノFC-R9100-P photo:Makoto.AYANOジョージ・ベネット(ニュージーランド)のカスタムシューズ。手書きでデザインされている模様ジョージ・ベネット(ニュージーランド)のカスタムシューズ。手書きでデザインされている模様 photo:Makoto.AYANO


手元のコンピュータは引き続きパイオニア(CA600)で、マウントにはずれ防止用ビニールテープを貼り付けている。サドル(フィジーク)やバーテープ、各種ボルト類など全体的にチェレステで統一されており、テウニッセンがマイヨジョーヌを着用した際はバーテープとボトルケージがイエローであつらえられていた。ボトルとボトルケージはタックスで、クライスヴァイクのみ廃盤のボトルケージ「UMA」を使用する。

photo:Makoto.AYANO
text:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 Bianchi(ビアンキ) ボトルケージ アルミ A チェレステ JPPBC101C
カテゴリー: Sports
メーカー: Bianchi(ビアンキ)
最安価格: ¥ 1,287
アマゾン価格: ¥ 1,430
の画像 Bianchi(ビアンキ) ボトルケージボルト A チェレステ JPPBBUEC
カテゴリー: Sports
メーカー: Bianchi(ビアンキ)
参考価格: ¥ 880
最安価格: ¥ 880
アマゾン価格: ¥ 880
の画像 キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター CC-MC200W マイクロワイヤレス チェレステ・グリーン
カテゴリー: Sports
メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
参考価格: ¥ 7,214
最安価格: ¥ 3,940
アマゾン価格: ¥ 3,940