MTB全日本選手権で男子エリートで、力の差を見せつけた山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)が圧巻の全日本選手権11勝目を達成。女子では今井美穂(CO2bicycle)が連覇を果たした。



男子エリート:山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)が11回目の全日本王者に

男子エリートのスタート。5年連続11勝目を狙う山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)が好スタートを切る男子エリートのスタート。5年連続11勝目を狙う山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)が好スタートを切る photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
第32回全日本マウンテンバイク選手権大会最終日となる21日はクロスカントリーのレースが行われた。会場は秋田県田沢湖スキー場。この会場で全日本選手権が行われるのは2008年以来、5回目。2008年に山本幸平がエリートクラスで初優勝した会場でもある。

6周回で争われた男子エリートは、蒸し暑さがピークとなる14:30にスタート。やはり注目は11勝目が掛かった今シーズン初国内レースの山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)。さらに国内CJシリーズ戦で連勝中の前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、国内のCJシリーズをスキップして海外レース転戦してきた平野星矢(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、そして中原義貴(WIAWIS RACING TEAM)という4名が好スタートを切り、そのまま先頭パックが形成された。

男子エリートの先頭パックの4人男子エリートの先頭パックの4人 photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
フィード後のシングルトラックにパックの先頭で向かう前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)フィード後のシングルトラックにパックの先頭で向かう前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMzペダルが外れてサドルに胸を打ち付けた痛みを堪えながら前を追う平野星矢(TEAM BRIDGESTONE Cycling)ペダルが外れてサドルに胸を打ち付けた痛みを堪えながら前を追う平野星矢(TEAM BRIDGESTONE Cycling) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz


2周目には中原が、3周目には前田が遅れる。前田と中原に沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が合流し山本と平野の先頭パックを追うが、やがてそのパックもバラバラとなった。

3周目。フィードに向かうラインが二つに分かれたドロップオフで平野のミスにより山本が単独でトップとなった。平野はペダルが外れた拍子にサドルに胸を打ち付け、痛みに耐えて走り続るもペースダウンを余儀なくされる。これによって後方との差が詰まり先頭との差は広がった。残り2周となり平野が再びペースアップすると若干ではあるが、先頭の山本の差が縮まったように見えた。

ファイナルラップに向かう山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)ファイナルラップに向かう山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
2008年初めて全日本選手権を制した同じ会場で5年連続11度目の全日本選手権制覇しフィニッシュする山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)2008年初めて全日本選手権を制した同じ会場で5年連続11度目の全日本選手権制覇しフィニッシュする山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMzフィニッシュ後家族に出迎えられる山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)フィニッシュ後家族に出迎えられる山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz

男子エリート表彰式男子エリート表彰式 photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
3周目に平野が遅れ、単独トップとなった山本は「最後はしっかり踏んで引き離して勝利を確実なものにしてフィニッシュした。」と語るように最終周にペースアップ。2008年に初めてエリートクラスを制したのと同じ会場で通算11勝目の全日本タイトルを獲得した。2位には平野、3位には前田が入った。

山本はポーランドでのステージレース後、ワールドカップを2戦スキップして帰国し、長野県松本市で調整してこのレースに臨んだ。25日からレバノンで行われるアジア戦を皮切りにワールドカップ、世界選手権、そして10月の東京オリンピックテストイベントまでほぼノンストップでレースをこなす予定だという。

序盤接戦だった男子U23をリードする平林安里(SPECIALIZED RACING JAPAN)序盤接戦だった男子U23をリードする平林安里(SPECIALIZED RACING JAPAN) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz男子U23表彰式男子U23表彰式 photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz


男子エリートスタートから6分後にスタートしたU23男子では平林安里(SPECIALIZED RACING JAPAN)がU23カテゴリー最終年のタイトルも獲得し、4連覇を達成した。仮にエリートと同時スタートだったとしても上位に食い込める走りで、来年以降エリートクラスでの走りに注目だ。2位には北林力(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)、3位には竹内遼(FUKAYA RACING)が入った。



女子エリート:今井美穂(CO2bicycle)大会連覇達成

全ての女子カテゴリーが同時スタート。ホールショットを決めた今井美穂(CO2bicycle)に末政実緒(ヨツバサイクル)が続く全ての女子カテゴリーが同時スタート。ホールショットを決めた今井美穂(CO2bicycle)に末政実緒(ヨツバサイクル)が続く photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz序盤、積極的にレースをリードしたジュニアカテゴリーの小林あか里(MTBクラブ安曇野)序盤、積極的にレースをリードしたジュニアカテゴリーの小林あか里(MTBクラブ安曇野) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz

後続を大きく引き離しシングルトラックを行く今井美穂(CO2bicycle)後続を大きく引き離しシングルトラックを行く今井美穂(CO2bicycle) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
女子エリートはU23と同じ4周回で争われた。3周回のレースであるジュニア、ユース、マスターズが同時にスタートした。

ホールショットを決めたのは連覇を狙う今井美穂(CO2bicycle)それに女王返り咲きを目指す末政実緒(ヨツバサイクル)、U23の佐藤寿美(drawer THE RACING)、ユースの中島瞳(Limited Team 846/KURE/TRIGON)らが続いた。

「WCC(スイスのUCIワールドサイクリングセンター)で合宿している2人がどのくらい強くなっているのか少し不安で初めは少し様子を見た」と今井が語るように、ファーストラップのフィードゾーンに現れたのはジュニアクラスのWCCで合宿中の小林あか里(MTBクラブ安曇野)がトップ。

それに同じくWCCで合宿しているU23カテゴリー松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN)が続き、その後に今井の順。少し間があいてユースの渡部春雅(駒澤大学高等学校)と各カテゴリーのトップが続いた。

女子U23:本来のパフォーマンスが出せなかったという松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN)女子U23:本来のパフォーマンスが出せなかったという松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz全体の4位でレースを展開したユースカテゴリの渡部春雅(駒澤大学高等学校)全体の4位でレースを展開したユースカテゴリの渡部春雅(駒澤大学高等学校) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz

エリート連覇を達成しフィニッシュする今井美穂(CO2bicycle)エリート連覇を達成しフィニッシュする今井美穂(CO2bicycle) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
フィニッシュ後何かから解き放たれたかのように空に向かって歓喜をあげる今井美穂(CO2bicycle)フィニッシュ後何かから解き放たれたかのように空に向かって歓喜をあげる今井美穂(CO2bicycle) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz女子エリート表彰式女子エリート表彰式 photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz


2周目のフィードゾーン付近で今井が小林、松本を順に捉えトップに立つ。先週ワールドカップを走って帰国した時差の影響か松本はペースが上がらず、今井との差は広がっていった。3周回のレースであるジュニア、ユース、マスターズは一足先にフィニッシュすると、エリート、U23、それぞれのクラスでの順位差がはっきりとし、今井を追う末政との差は、今井の勝利は揺るがないほどの差だった。
今井は全体の2位を走るU23の松本を引き離して去年に続く連覇を達成。2位には末政、3位には小林可奈子(MTBクラブ安曇野)が入った。

本来自分のパフォーマンスとはかけ離れた力しか出せなかったと語った松本はU23カテゴリー1年目での優勝。ジュニアは小林あか里が優勝しこのカテゴリーを連覇。ユースは全体の4位のポジションでレースを展開した渡部が制し、渡部もこのカテゴリーで連覇を達成。マスターズでは綾野桂子(cycleclub3UP)が優勝した。

エリート連覇を成し遂げた今井は「スイスのWCCで合宿してきた2人がどのくらい強いか不安でしたが、ただ誰よりも早くフィニッシュしたかったので、行けるところで行きました。」とレース後語ってくれた。



男子マスターズ:山本和弘(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM JP)が宣言通りに復帰戦優勝

男子マスターズ:現役時代と変わらぬ走りの山本和弘(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM JP)とぴったりマークする斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)男子マスターズ:現役時代と変わらぬ走りの山本和弘(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM JP)とぴったりマークする斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
男子マスターズ:山本和弘(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM JP)がトップでフィニッシュ男子マスターズ:山本和弘(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM JP)がトップでフィニッシュ photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz男子マスターズ30代表彰式男子マスターズ30代表彰式 photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz

男子ジュニア:フィニッシュ後バイクを高々と持ち上げる松本一成(TEAM SCOTT JAPAN)男子ジュニア:フィニッシュ後バイクを高々と持ち上げる松本一成(TEAM SCOTT JAPAN) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz男子ユース:シクロクロスと合わせてユース2冠を達成した村上裕二郎(松山工業高校)男子ユース:シクロクロスと合わせてユース2冠を達成した村上裕二郎(松山工業高校) photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz


また、マスターズクラスでは30〜60代の世代が男子ジュニア、ユースの6分後にスタート。このレースで復帰した山本和弘(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM JP)が、2周目中盤まで食らいつく斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)を振り切り復活優勝を飾った。斎藤は最終周に品川真寛(MIYATA-MERIDA BIKING TEAM)に交わされ、年代を関係なく山本、品川、斎藤の順でフィニッシュ。なお表彰は各年代別に行われた。

男子ジュニアは松本一成(TEAM SCOTT JAPAN)は山口創平(ProRide)とのデッドヒートが予想されたが、松本が終始単独でトップを走り、ジュニア1年目でタイトルを獲得。男子ユースでは村上裕二郎(松山工業高校)が優勝し、シクロクロスと合わせてユースタイトル2冠達成した。
クロスカントリー 男子エリート結果
1位山本幸平(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)
2位平野星矢(TEAM BRIDGESTONE Cycling)
3位前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)
クロスカントリー 女子エリート結果
1位今井美穂(CO2bicycle)
2位末政実緒(ヨツバサイクル)
3位小林可奈子(MTBクラブ安曇野)
クロスカントリー 男子U23結果
1位平林安里(SPECIALIZED RACING JAPAN)
2位北林力(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM)
3位竹内 遼(FUKAYA RACING)
クロスカントリー 女子U23結果
1位松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN)
2位矢吹優夏(B・B・Q)
3位佐藤寿美(drawer THE RACING)
クロスカントリー 男子ジュニア結果
1位松本一成(TEAM SCOTT JAPAN)
2位山口創平(ProRide)
3位野澤蓮(TEAM BG8)
クロスカントリー 女子ジュニア結果
1位小林あか里(MTBクラブ安曇野)
クロスカントリー 男子ユース結果
1位村上裕二郎(松山工業高校)
2位野澤瑠(TEAM BG8)
3位瀬戸口瑛(南大隅高校)
クロスカントリー 女子ユース結果
1位渡部春雅(駒澤大学高等学校)
2位中島瞳(Limited Team 846/KURE/TRIGON)
3位西村志帆(TEAM BG8)
クロスカントリー 男子マスターズ30代
1位山本和弘(DREAM SEEKER MTB RACING TEAM JP)
2位品川真寛(MIYATA-MERIDA BIKING TEAM)
3位岡本紘幸(インパルス)
クロスカントリー 男子マスターズ40代
1位斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)
2位國井敏夫(MilePost BMC Racing)
3位吉元健太郎(チーム鳴木屋)
クロスカントリー 男子マスターズ50代
1位塩見学 (B・B・Q Masters)
2位澤田雄一(チームサイクルマインド)
3位澤田泰征(VOLCAオードビーBOMA)
クロスカントリー 男子マスターズ60代
1位榎本真(ペルジタ)
2位平野拡稔(MilePost BMC Racing)
クロスカントリー 女子マスターズ
1位綾野桂子(cycleclub3UP)
2位齋藤佳寿実(UltraSetaSelect)

text&photo:Satoshi.Oda/Kasukabe Vision FILMz
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) XTR BL-M9000 XCレース用 ハイドローリック ディスクブレーキレバー 左右セット
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 25,045
最安価格: ¥ 21,731
アマゾン価格: ¥ 21,731
の画像 AHL ディスクブレーキパッド シマノ Shimano XTR M985 M988 Deore XT M785 SLX M666 M675 Deore M615 Alfine S700( 2ペア)
カテゴリー: Sports
メーカー: AHL
最安価格: ¥ 1,220
アマゾン価格: ¥ 1,220
の画像 シマノ(SHIMANO) XTR PD-M9120 SPDペダル
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 17,875
最安価格: ¥ 13,100
アマゾン価格: ¥ 13,100