ツール・ド・フランス第13ステージに先立って行われた第6回ラ・コルスbyツール・ド・フランス。フィニッシュ前の急坂で加速したマリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)が優勝。アシスト役を担った與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)は14秒遅れの23位で終えている。



ジロ・ローザから連戦した與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)ジロ・ローザから連戦した與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) (c)CorVosロード世界王者アンナ・ファンデルブレッヘン(オランダ)擁するブールス・ドルマンスロード世界王者アンナ・ファンデルブレッヘン(オランダ)擁するブールス・ドルマンス (c)CorVos

午前9時半という早い時間にスタートした女子レース午前9時半という早い時間にスタートした女子レース photo:Kei Tsuji
ツール第13ステージのコースを使用して行われた第6回ラ・コルスbyツール・ド・フランス。1周20km超の周回コースを5周回する121kmのワンデーレースで、高低差100m程度のアップダウンが2つ登場するほか、フィニッシュ手前には最大勾配17%の急坂も組み込まれるのは男子TTコースと同様だ。

UCIウィメンズワールドツアー第15戦となる本レースには、ジロ・ローザを終えたばかりの強豪勢が多数参戦した。現ワールドツアーリーダー、現TT世界王者にしてジロ・ローザ2連覇を果たしたアネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)や、チームメイトでローザ総合3位のアマンダ・スプラット(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)、ローザ総合2位で現ロード世界王者アンナ・ファンデルブレッヘン(オランダ、ブールスドルマンスサイクリング)、ローザ総合4位アシュレー・ムールマン(南アフリカ、CCC・リブ)、そして與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)もエースのソラヤ・パラディン(イタリア)と共に連戦出場した。

この日逃げを決めたのはカロルアン・カヌエル(カナダ、ブールス・ドルマンス)など11名。複数チームがコントロールを担うメイン集団は1分ほどのリードを与え、レースは中盤戦へと移っていく。

エースのためにボトルを運ぶ與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)エースのためにボトルを運ぶ與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) photo:Kei Tsuji
逃げグループから独走に持ち込んだオードレー・コルドンラゴ(フランス、トレック・セガフレード)逃げグループから独走に持ち込んだオードレー・コルドンラゴ(フランス、トレック・セガフレード) (c)CorVos逃げグループとのタイム差を詰めるメイン集団逃げグループとのタイム差を詰めるメイン集団 photo:Kei Tsuji


先頭からは母国フランスレースのオードレー・コルドンラゴ(トレック・セガフレード)が独走に持ち込むも、メイン集団はミッチェルトン・スコットのペースアップによって活性化。ファンフルーテン自らの牽引ですぐに全ての逃げメンバーを捕まえ、レースは振り出しへと戻った。

モビスターの単独アタックから世界王者ファンデルブレッヘンがカウンターで飛び出すも、エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、トレック・セガフレード)の追走によって吸収。続いてスプラットが先行し、ムールマン、パラディン、ルシンダ・ブラント(オランダ、サンウェブ)、ウトラップ・ルドヴィクセシリー(デンマーク、ビグラプロサイクリング)が合流したが、抜きん出た登坂力を誇るスプラットが再び独走した。

最終周回突入前にアタックしたアマンダ・スプラット(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)最終周回突入前にアタックしたアマンダ・スプラット(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji
最大勾配17%の急坂をこなす與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)ら最大勾配17%の急坂をこなす與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)ら photo:Kei Tsuji登りで人数を減らしていく集団に残る與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)登りで人数を減らしていく集団に残る與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) photo:Kei Tsuji

登りで飛び出して圧勝したマリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)登りで飛び出して圧勝したマリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ) photo:Kei Tsuji
23位でフィニッシュする與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)23位でフィニッシュする與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) photo:Kei Tsuji與那嶺恵理とエースのソラヤ・パラディン(イタリア、アレ・チポッリーニ)與那嶺恵理とエースのソラヤ・パラディン(イタリア、アレ・チポッリーニ) photo:Kei Tsuji


20km以上を残して一人逃げるスプラットだったが、一呼吸ついたメイン集団が体勢を整えて追走。最大勾配17%を誇るフィニッシュ直前の急勾配でスプラットを視界に捉えると、弾かれたようにフォスが加速した。

登りスプリントでジロローザステージ4勝を収めたフォスは、追従したリア・キルヒマン(カナダ、サンウェブ)らに対し、独走と言うべき差を付けフィニッシュ。第1回大会(2014年)に続く2度目のラ・コルスbyツール・ド・フランス制覇を遂げた。

終盤のペースアップに生き残り、エースのパラディンをアシストした與那嶺はフォスから14秒遅れの23位。パラディンは最後に遅れたものの8位に食い込んだ。

短いフランス滞在を終えた與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)短いフランス滞在を終えた與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) photo:Kei Tsuji
與那嶺はフィニッシュ後に「さすがツール・ド・フランスという規模のレース。五輪出場を確実なものにしたので、来年の契約の心配もないので、今は楽しくレースを走っています。トップチームではないので、今日のように(人数が絞られた)集団に残って、そこからアタックしてレースを楽しくしようってエースのソラヤに言われてます。(全日本から渡欧直後の)ジロ・ローザは時差ボケもあって全然走れず、最終日になってようやく調子が良くなった」とコメント。今後は8月に入ってからスペインのドノスティア・サンセバスティアンとノルウェーのレディース・ツアー・オブ・ノルウェーを連戦。「世界選手権は自分向きのコースではない」と言うが、今日のような20〜30人の集団に残れれば、と語っている。
ラ・コルスbyツール・ド・フランス2019結果
1位マリアンヌ・フォス(オランダ、CCC・リブ)3:15:20
2位リア・キルヒマン(カナダ、サンウェブ)0:03
3位ウトラップ・ルドヴィクセシリー(デンマーク、ビグラプロサイクリング)
4位ルシンダ・ブラント(オランダ、サンウェブ)0:04
5位アシュレー・ムールマン(南アフリカ、CCC・リブ)0:06
6位エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、トレック・セガフレード)
7位アネミエク・ファンフルーテン(オランダ、ミッチェルトン・スコット)0:07
8位ソラヤ・パラディン(イタリア、アレ・チポッリーニ)
9位アン・サンテステバン(スペイン、WNT・ロータープロサイクリング)
10位アンナ・ファンデルブレッヘン(オランダ、ブールスドルマンスサイクリング)
23位與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)0:14
text:So.Isobe
photo:Kei.Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 【国内正規代理店商品】GARMIN ガーミン Edge エッジ 1030セット
カテゴリー: Sports
メーカー: ガーミン
参考価格: ¥ 94,600
最安価格: ¥ 83,592
アマゾン価格: ¥ 83,592
の画像 GARMIN(ガーミン) EDGE 530 日本語版 GPSサイクルコンピューター(単体) 004476
カテゴリー: Sports
メーカー: GARMIN(ガーミン)
参考価格: ¥ 41,580
最安価格: ¥ 37,422
アマゾン価格: ¥ 37,422
の画像 ガーミン エッジ(Edge) 130 日本版 スピード ケイデンス セット GPS ブルートゥース
カテゴリー: Sports
メーカー: ガーミン
参考価格: ¥ 32,780
最安価格: ¥ 29,288
アマゾン価格: ¥ 29,502