富士スピードウェイでの全日本選手権ロード2日目。男子U23は、最後のホームストレートで仕掛けた武山晃輔(チーム右京)が初優勝。僅差の2位に沢田桂太郎、3位に今村駿介(共にチームブリヂストンサイクリング)が入った。


スタート1時間遅れ、レース距離短縮になるほどの濃霧スタート1時間遅れ、レース距離短縮になるほどの濃霧 photo:Satoru Kato
U23ディフェンディングチャンピオンの石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)がスタート前に精神集中(U23ディフェンディングチャンピオンの石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)がスタート前に精神集中( photo:Makoto.AYANO管理道路の折り返しヘアピンコーナー管理道路の折り返しヘアピンコーナー photo:Satoru Kato

朝からコース上に濃霧が立ち込めた全日本ロード2日目。午前中に予定された男子U23はスタート時間を1時間遅らせて午前9時スタート、4周減の10.8km×11周の計119km、最初の1周はパレードとして2周目からリアルスタートに変更された。

石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)の動きに集団が反応する石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)の動きに集団が反応する photo:Satoru Kato
今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)が序盤から積極的に動く今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)が序盤から積極的に動く photo:Satoru Kato

リアルスタート直後からアタックが繰り返されるが、タイム差が広がる前に吸収されていく。2周目のダンロップコーナーで、メイン集団後方で落車が発生。これに昨年2位の松田祥位(EQADS)が巻き込まれる。松田は再スタートするが、集団に復帰できずタイムアウトとなってしまう。

危険なダンロップコーナーへの下りで集団後方で落車が発生する危険なダンロップコーナーへの下りで集団後方で落車が発生する photo:Makoto.AYANO
その後は昨年優勝の石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)、今村駿介、沢田桂太郎(共にチームブリヂストンサイクリング)らが集団前方で積極的に動くが、決定的な動きには繋がらない。集団は人数を減らしながら周回を重ねる。

武山晃輔(チーム右京)を含む6人の逃げグループ武山晃輔(チーム右京)を含む6人の逃げグループ photo:Makoto.AYANO6人の逃げグループを追い込む渡邉歩(Les Sables Vendée Cyclisme)6人の逃げグループを追い込む渡邉歩(Les Sables Vendée Cyclisme) photo:Makoto.AYANO


レース終盤、小野寛斗(早稲田大学)が単独で抜け出して8周目に入る。メイン集団との差は1分近くまで開いたところで、今村、武山晃輔(チーム右京)らを含む5人が追走。9周目に小野に追いつく。しかしメイン集団も差を詰め、先行する6人を吸収して勝負を振り出しに戻す。

徐々に人数が絞られるメイン集団だが30人ほどが残る徐々に人数が絞られるメイン集団だが30人ほどが残る photo:Makoto.AYANO
その後は散発的な飛び出しがあるものの決定的な動きにつながらないまま最終周回の11周目に入る。1人の飛び出しを残り1kmを前に集団が吸収し、そのままホームストレートへ。

最終コーナーでアタックして抜け出した武山晃輔(チーム右京)最終コーナーでアタックして抜け出した武山晃輔(チーム右京) photo:Makoto.AYANO
ロングスプリントで沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)を僅差で制した武山晃輔(チーム右京)ロングスプリントで沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)を僅差で制した武山晃輔(チーム右京)
ロングスパートを仕掛けた武山に対し、「動くと予想してマークしていた」と言う沢田が反応。急に降り出した大雨の中、フィニッシュライン上で2人がハンドルを投げ合う。勝ったのは武山。僅差で敗れた沢田が表情を歪めた。

日本大学4年の武山は、大学の自転車部での活動と平行して2018年からチーム右京に所属し、国内外のUCIレースに出場する。これまで2016年のいわて国体ロードレース、2017年の大学選手権ロードレースとインカレロードで優勝。大学4年間ずっと狙っていたという全日本ロードのタイトルを今年手にした。

U23全日本タイトル獲得を喜ぶ武山晃輔(チーム右京)U23全日本タイトル獲得を喜ぶ武山晃輔(チーム右京) photo:Satoru Kato
奇しくも、上位3名は大学と並行してUCIコンチネンタルチームに所属する選手となった。2位沢田は日本大学、3位今村は中央大学。ジャージは違うが、結果として日大のワン・ツーとなった。

男子U23優勝 武山晃輔(チーム右京)コメント

「毎回怪我をしたり体調悪かったりしたんですけど、今年は万全のいい流れで来ていて、獲れるぞと言う根拠のある自信を持って臨んで、しっかり勝つことが出来たので嬉しいです。

コースはイメージしていたよりは走ってるだけでも辛い、脚にくると言う印象でした。集団にいても前の10人20人くらいしかアドバンテージがない感じで、後ろは常にインターバルかかってる感じだったので、逃げられたらなと思っていました。そのタイミングで残り3周くらいに一瞬逃げて今村を含む5〜6人で回れたんですが、結局逃してもらえず、基本的にはずっと集団にいて展開していました。逃げたいと言う思いを持ちつつもうまく展開を作っていくことが出来ず、後半は無理なのかなと諦め半分な気持ちもありました。

男子U23 表彰式男子U23 表彰式 photo:Satoru Kato
ただ、勝ってる時は自分が攻めてる時なので、最後は自分の力を出し切るだけと飛び出しました。その時の今村選手の反応が最初良くなかったので、調子に乗って踏んだところまでは良かったんですけど、直線に入ったらもう脚がきつくて。スローパンクしてるんじゃないかなと思うくらいタイヤが回らない感覚もありつつ、差されるんじゃないかと言う不安もありながら、どうにか踏めるだけ踏み切って、1位でゴールラインを通過することが出来ました。今回はU23の中での優勝と言うことで、上を見れば長い道のりがこの先に待っているので、エリートでも活躍出来る選手になっていきたいと思います」

2位 沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)コメント

今村駿介を逃げに乗せた沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)がメイン集団を抑える今村駿介を逃げに乗せた沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)がメイン集団を抑える photo:Makoto.AYANO
「レース中はチームメイトの今村と協調しながら、渡邉歩選手や石上優大選手など、国内外の強い選手達の動きを見ながら動いていました。ただ、基本的には自分からは脚を使わないように、大きな逃げを作らないよう意識して走ってました。

最後はまとめてスプリントに持ち込もうと思ったんですけど、案の定武山が飛び出して。すぐ反応することはできたんですけど、一瞬差が開いてしまって、最後追い込みきれずに2位と言う結果に終わってしまいました。U23はあと1年残っているので、来年は全日本と、日大の方ではインカレのタイトルを狙いに行きたいと思っています」

3位 今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)コメント

3位の今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)3位の今村駿介(チームブリヂストンサイクリング) photo:Makoto.AYANO
「一昨日TTで勝って、力があることがわかって自信がついてきたので、今度はどれだけ自分の力がロードで出せて、また勝ちを狙っていけるのかと言うのを自分の中で確認しようと思って今日は走りました。

前日には珍しくロードレースの夢を見るくらいこのレースにいつの間にか賭けていたんですけど、最後は一発の出し切る力を残すことができず、3位と言う結果になってしまい、悔しい気持ちでいっぱいです。

チームブリヂストンサイクリングはチーム内の選手たちが強いので、まず先輩方に追いつけるように、いずれエリートの全日本タイトルを獲れるように、他のロードレースでもしっかり走れるように、頑張りたいと思います」
男子U23 結果(10.8kmx11周=119km)
1位武山晃輔(チーム右京)3時間7分33秒
2位沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)
3位今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)+8秒
4位花田聖誠(Team Uerasia - IRC TIRE)
5位石原悠希(インタープロサイクリングアカデミー)
6位織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)
7位小出樹(京都産業大学)
8位片桐東次郎(日本大学)+11秒
9位石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)+13秒
10位中村魁斗(那須ブラーゼン)+14秒
text&photo: Satoru KATO, Yuichiro HOSODA, Makoto AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ ST-R8000 左右レバーセット 2X11S
付属/シフト、ブレーキケーブル ISTR8000DPA
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 35,628
最安価格: ¥ 26,600
アマゾン価格: ¥ 26,600
の画像 シマノ RD-R8000 11S SS 対応CS ロー側最大25-30T ・トップ14Tギアに対応しています
付属/OT-RS900 ブラック IRDR8000SS
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 9,306
最安価格: ¥ 7,426
アマゾン価格: ¥ 7,460
の画像 シマノ FD-R8000 直付 2X11S
※バンドタイプとしてご使用の際には、SM-AD91をお使い下さい。 IFDR8000F
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 5,294
最安価格: ¥ 4,156
アマゾン価格: ¥ 4,760