富士スピードウェイで開幕した全日本ウィーク、各年代別の個人タイムトライアルが行われた初日の6月27日は、男子エリートを増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が初制覇、女子エリートは與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)が5連覇を達成した。詳細をレポートする。


富士スピードウェイの長いストレートを往復するコース富士スピードウェイの長いストレートを往復するコース photo:Satoru Kato
全日本選手権初日は日本最速を決める個人タイムトライアル。コースはモータースポーツに使用されるサーキットコースと、施設内の管理道路を組み合わせた1周13km(事前の発表では14kmとなっていたが変更となった)。富士スピードウェイの長いホームストレートを1往復半し、テクニカルなコーナーが連続する管理道路を走るパワーとテクニックを要求されるコースだ。

朝は青空が広がっていたものの、午前9時のスタート時間に合わせるように雲が広がる。それでも午前中は雨粒が落ちてくることは無かったが、午後の男子U23と男子エリートは断続的に降る雨の中を走ることに。最高気温は25℃を記録したものの、強めの風が吹き、寒さを感じるほどの1日となった。


男子エリート 増田成幸が初優勝

ウェーブ1のベストタイムを出した岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が2位ウェーブ1のベストタイムを出した岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が2位 photo:Satoru KatoTTをスタートしていく新城幸也(バーレーン・メリダ)TTをスタートしていく新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Makoto.AYANO

男子エリートはコースを3周する39km。2つのウェーブに分けて38人が出走。第1ウェーブは30秒間隔、第2ウェーブは1分間隔でスタートしていく。

第1ウェーブの最後、25番目にスタートした岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が、56分17秒53を出して暫定トップに立つ。これをターゲットタイムとして第2ウェーブの13名がスタートしていく。鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、佐野淳哉(マトリックスパワータグ)らが57分台をマークする中、第2ウェーブ8番目にスタートした増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が56分5秒53を出してトップタイムを塗り替える。

男子エリート優勝 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)男子エリート優勝 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) photo:Makoto.AYANO
男子エリート 3位 別府史之(トレック・セガフレード)男子エリート 3位 別府史之(トレック・セガフレード) photo:Makoto.AYANO昨年優勝の窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)は、落車で大きく遅れた昨年優勝の窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)は、落車で大きく遅れた photo:Satoru Kato

最終盤にスタートした新城幸也(バーレーン・メリダ)は57分10秒にとどまる一方、別府史之(トレック・セガフレード)は56分19秒をマークして暫定3位につける。最後にスタートした昨年覇者の窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)は1周目に落車し、5分近く遅れてフィニッシュ。この結果、増田の初タイトルが確定した。

男子エリート 表彰式男子エリート 表彰式 photo:Satoru Kato増田成幸コメント
「今だに信じられないです。ツアー・オブ・ジャパンで落車して、正直全日本はダメだなと思っていました。でも1ヶ月で復帰すると決めて、やれることを100%やりきって臨もうと考えて準備をしてきました。でもコンディションは良くはなかったので、正直勝てるとは思っていなかったです。今年のタイムトライアルはアップダウンがあって、自分は下りが苦手なんですけれどその分登りでしっかり踏めていたし、自分向きのコースだったことも味方してくれたと思っています。

ロードは220kmあって、どこまで耐えられるのかは今の状態では未知数ですが、行けるところまで行き、チームの中から勝者が出せるようにしたいです。ロードまで中2日あるので、しっかりリカバリーして体を休めて、チーム一丸となって戦いたいと思います」


女子エリート+U23 與那嶺恵理盤石の5連覇

2分前スタートの梶原悠未(筑波大学)を抜き去った與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)2分前スタートの梶原悠未(筑波大学)を抜き去った與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) photo:Satoru Kato
女子エリート+U23 2位 福田咲絵(慶應義塾大学)女子エリート+U23 2位 福田咲絵(慶應義塾大学) photo:Makoto.AYANO22名が出走した女子エリート+U23は、2周26km。男子同様に第1ウェーブの16名と第2ウェーブの6名に分け、1分間隔でスタートする。

第1ウェーブ終盤の15番目にスタートした福田咲絵(慶應義塾大学)が好走を見せ、41分46秒03をマークして暫定トップに立つ。第2ウェーブがスタートしても福田のペースを上回る者が出ない中、最後にスタートした與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)は、1分前にスタートした唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)を1周目に抜き、さらに2周目の残り1km付近で2分前にスタートした梶原悠未(筑波大学)を抜いてフィニッシュ。福田を1分以上上回る40分38秒のタイムを出して圧倒した。

女子エリート 表彰式女子エリート 表彰式 photo:Satoru Kato與那嶺恵理 コメント
「コンディション的には問題ありませんでしたが、今年はタイムトライアルが初めてで、TTバイクも初めてだったので、自分でもどれくらいパワーが出るか楽しみに走りました。ロードもあるので、安全マージンを持って、踏めるところは踏んで、コーナリングなどは安全に行きました。ロードも同じコースなので、簡単ではないですが、楽しく出来ると思います。距離はいつもより長めとは言ってもヨーロッパなどでは普通に走っている距離なので、体力的なものは自分の中では問題ありません」


その他カテゴリー

男子U23優勝 今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)37分9秒80男子U23優勝 今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)37分9秒80 photo:Satoru Kato男子ジュニア優勝 山田拓海(飯田風越高校)18分22秒58男子ジュニア優勝 山田拓海(飯田風越高校)18分22秒58 photo:Satoru Kato

女子ジュニア+U17 優勝 岩本杏奈(日本体育大学)21分26秒04女子ジュニア+U17 優勝 岩本杏奈(日本体育大学)21分26秒04 photo:Satoru Kato男子U17+15 優勝 篠原輝利(ボンシャンス)19分20秒76男子U17+15 優勝 篠原輝利(ボンシャンス)19分20秒76 photo:Satoru Kato

男子エリート 結果(13kmx3周=39km)
1位増田成幸(宇都宮ブリッツェン)56分5秒53
2位岡篤志(宇都宮ブリッツェン)+11秒64
3位別府史之(トレック・セガフレード)+13秒81
4位小石祐馬(チーム右京)+1分2秒13
5位鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+1分2秒16
6位佐野淳哉(マトリックスパワータグ)+1分2秒79
7位新城幸也(バーレーン・メリダ)+1分04秒99
8位小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)+1分51秒31
9位小林海(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)+2分07秒84
10位徳田優(チームブリヂストンサイクリング)+2分22秒12
女子エリート+U23 結果(13kmx2周=26km)
1位與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ)40分38秒97
2位福田咲絵(慶應義塾大学)+1分7秒06
3位上野みなみ(Ciel Bleu鹿屋)+1分26秒13
4位梶原悠未(筑波大学)+2分5秒05
5位牧瀬翼(IKEUCHI EXIT)+2分5秒86
6位唐見実世子(弱虫ペダルレーシングチーム)2分24秒28
7位石上夢乃(鹿屋体育大学)+3分49秒26
8位古山稀絵(日本体育大学)+4分36秒99
9位中井彩子(U.V.C.A. Troyes)+4分45秒41
10位伊藤杏奈(Live GARDEN Bici Stelle)+4分47秒49
男子U23 結果(13kmx2周=26km)
1位今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)37分09秒80
2位石原悠希(インタープロサイクリングアカデミー)+1分9秒47
3位大町健斗(Team Eurasia - IRC TIRE)+1分22秒39
4位大前翔(愛三工業レーシングチーム)+1分54秒40
5位沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)+2分1秒54
6位宮崎泰史(津末レーシング)+2分17秒60
7位山本哲央(中央大学)+2分21秒48
8位小野寛斗(早稲田大学)+2分24秒33
9位蠣崎優仁(EQADS)+2分27秒42
10位平井光介(EQADS)+2分39秒26
男子ジュニア(13kmx1周=13km)
1位山田拓海(飯田風越高校)18分22秒58
2位津田悠義(三好高校)+6秒70
3位留目夕陽(八王子桑志高校)+38秒88
4位川野碧己(慶應義塾高校)+45秒93
5位岡本勝哉(北桑田高校)+46秒60
女子ジュニア+U17(13kmx1周=13km)
1位岩元杏奈(日本体育大学)21分26秒04
2位渡部春雅(駒沢大学高等学校)+26秒73
3位石田唯(北桑田高校)+31秒75
男子U17+U15(13kmx1周=13km)
1位篠原輝利(ボンシャンス)19分20秒76
2位渡辺耶斗(Team FITTE)+3秒2
3位塩野淳平(VENTOS FRECCIA)+28秒78
4位安井悠真(北桑田高校)+41秒00
5位石田眞大(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)+47秒82
text: Satoru Kato, Yuichiro Hosoda
photo:Makoto AYANO, Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ クランクセット FC-R9100 50X34T 170mm 11S 33572
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 45,900
アマゾン価格: ¥ 47,715
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ フロントディレーラー FD-R9100 直付 2X11S 33599
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 9,300
アマゾン価格: ¥ 9,590
の画像 シマノ RD-R9150 11S 対応CS 34635 IRDR9150SS
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 68,342
最安価格: ¥ 49,000
アマゾン価格: ¥ 49,000