ツール・ド・スイス第8ステージの19.2km個人タイムトライアルでドゥクーニンク・クイックステップがワンツー勝利。イヴ・ランパールトがステージ優勝に輝き、ローハン・デニス(バーレーン・メリダ)に逆転を許さない走りを見せたエガン・ベルナル(チームイネオス)がイエロージャージを守った。


ステージ優勝を飾ったイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)ステージ優勝を飾ったイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
ツール・ド・スイス2019第8ステージツール・ド・スイス2019第8ステージ photo:Tour de Suisseスイス南部のヴァレー州、ゴムス地方のウルリヘンを発着する19.2kmで争われたツール・ド・スイス前日の個人タイムトライアル。ローヌ川が作り出したローヌ谷の谷底を走る獲得標高差90mほどのコースは、常に標高が1,340mを超えるものの平坦基調だ。

暫定トップタイムを記録したのは前半スタートのイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)。小道のテクニカルコーナーを含む19.2kmを含むコースを、タイム21分58秒、平均スピード52.443km/hで駆け抜けたランパールトが長時間ホットシートに座り続けた。

第2ステージでイエロージャージを着たチームメイトのカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)も好走したが5秒届かず、最後までトップタイムをキープしたランパールトがステージ優勝。2017年にベルギーのTTチャンピオンに輝き、2018年に同ロードチャンピオンに輝いている28歳のランパールトが、24歳のアスグリーンとともにドゥクーニンク・クイックステップにワンツー勝利をもたらした。

「絶好調とは言えない状態でスタートしたので、全開で走ったとは言え、この勝利は予想していなかった。世界チャンピオンを含めてこの種目のスペシャリストたちを打ち負かしたことは信じられない気持ちで、来週のベルギー選手権に向けた自信につながる。ワールドツアーレースでの個人TT初勝利。とても驚いているし、とてもハッピーだ」と、春のクラシックシーズンでドゥクーニンク・クイックステップの活躍の要を担ったランパールトは語る(パリ〜ルーベ3位)。1週間後のベルギー選手権ではチャンピオンジャージ防衛に挑む。

5秒差のステージ2位に入ったカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)5秒差のステージ2位に入ったカスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
10秒差のステージ3位に入ったアスビャアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)10秒差のステージ3位に入ったアスビャアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ) photo:CorVos
世界王者ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ)は19秒差のステージ6位世界王者ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ)は19秒差のステージ6位 photo:CorVos
最終走者のエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)は38秒差のステージ11位最終走者のエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)は38秒差のステージ11位 photo:CorVos
第7ステージを終えた時点で総合1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)と総合2位ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ)のタイム差は41秒。個人TTの世界チャンピオンであるデニスの力をもってすれば、19.2kmの距離で41秒差をひっくり返すことは可能だと予想された。

第1ステージの個人TTで優勝していただけに、ステージ優勝候補にも挙げられていたデニスは中間計測ポイントでランパールトから12秒遅れ。後半にかけてさらにタイムを失い、最終的に18秒遅れのステージ6位でレースを終える。

最終走者ベルナルは中間計測ポイントをデニスから19秒遅れで通過。しかしそこからベルナルは粘った。残り3km付近で後輪を滑らせてあわや落車というシーンもあったが持ちこたえ、後半区間をデニスと同じペースで走ったベルナルが38秒遅れのステージ11位でフィニッシュした。

「総合リードを失うんじゃないかと思っていただけに、正直言うとイエロージャージを守れたことに驚いている。世界チャンピオンを相手にジャージ争いを繰り広げることができたので、パフォーマンスには満足していいと思う」と、デニスに19秒挽回されながらも、22秒の猶予を持って総合首位を守ったベルナル。

「良いスピードで突っ込みすぎた左コーナーで落車しかけたのでヒヤッとした。かなりリスクを負ったものの、そこで数秒のリードは奪えたと思う。総合逆転を目指すバーレーン・メリダは何かを仕掛けないといけないけど、明日チームイネオスは『何かクレイジーなこと』をするのではなく、イエロージャージを守るために走りたい」と、ベルナルは3つの超級山岳が設定された難易度の高い最終ステージに目を向ける。

イエロージャージ奪回を逃したデニスは「もちろんステージ優勝したかったけど、いつでも勝てるわけじゃない。今週は様々なことがうまく進んで、総合2位につけている。これは素晴らしいこと。想像以上の成績であり、正しいトレーニングを詰めていることを確認できたよ」とコメント。総合争いはベルナルとデニスが頭一つ抜け出した状態。パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)とティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル)、ヤン・ヒルト(チェコ、アスタナ)の3名が僅差の総合3位争いを繰り広げている。

ワールドツアーレースの個人TTで初勝利を飾ったイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)ワールドツアーレースの個人TTで初勝利を飾ったイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
イエロージャージを守ったエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)イエロージャージを守ったエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス) photo:CorVos
ツール・ド・スイス2019第8ステージ
順位名前タイム平均スピード
1位イヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:21:5852.443
2位カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:0552.245
3位アスビャアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)0:00:1052.048
4位トーマス・スクーリー(ニュージーランド、EFエデュケーションファースト)0:00:1351.931
5位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)51.931
6位ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ)0:00:1951.698
7位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)0:00:2051.659
8位バンジャマン・トマ(フランス、グルパマFDJ)0:00:3251.200
9位ニキアス・アルント(ドイツ、サンウェブ)0:00:3451.124
10位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:3651.049
11位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)0:00:3850.973
20位カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、モビスター)0:00:5850.233
28位シモン・スピラク(スロベニア、カチューシャ・アルペシン)0:01:0549.978
30位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:01:1149.762
33位ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル)0:01:1349.691
34位エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:01:1449.655
35位ヤン・ヒルト(チェコ、アスタナ)49.655
56位ニコラス・ロッシュ(アイルランド、サンウェブ)0:01:3249.021
86位ファビオ・アル(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:02:0248.000
99位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:02:1747.505
個人総合成績
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)24:40:24
2位ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ)0:00:22
3位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:01:46
4位ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル)0:01:54
5位ヤン・ヒルト(チェコ、アスタナ)0:01:55
6位エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:02:43
7位シモン・スピラク(スロベニア、カチューシャ・アルペシン)0:02:53
8位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:02:56
9位カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、モビスター)0:03:17
10位ニコラス・ロッシュ(アイルランド、サンウェブ)
ポイント賞
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)37pts
2位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)32pts
3位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)22pts
山岳賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)30pts
2位クラウディオ・インホフ(スイス、スイスナショナルチーム)25pts
3位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)21pts
ヤングライダー賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)24:40:24
2位ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル)0:01:54
3位エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:02:43
チーム総合成績
1位モビスター74:16:11
2位サンウェブ0:01:49
3位アスタナ0:02:09
Amazon.co.jp 
の画像 ジロ・ディ・イタリア―峠と歴史
カテゴリー: Book
著者: 安家 達也
出版社: 未知谷
最安価格: ¥ 2,700
アマゾン価格: ¥ 2,700
の画像 峠(上) (新潮文庫)
カテゴリー: Book
著者: 司馬 遼太郎
出版社: 新潮社
最安価格: ¥ 810
アマゾン価格: ¥ 810
の画像 全国2954峠を歩く
カテゴリー: Book
著者: 中川健一
出版社: 株式会社内外出版社
最安価格: ¥ 1,728
アマゾン価格: ¥ 1,728