シマノより完全新作のグラベルコンポーネント「GRX」シリーズが発表された。待望のフロントシングル用パーツ、スタビライザー付きリアディレイラー、オフロード走行に最適化された新デザインのシフトレバーなどが大きな特徴。ULTEGRA、シマノ105、TIAGRAに相当する3グレードがラインアップする。



シマノ GRXグループセット(11速DI2)シマノ GRXグループセット(11速DI2) (c)シマノ
シマノ GRXグループセット(11速)シマノ GRXグループセット(11速) (c)シマノシマノ GRXグループセット(10速)シマノ GRXグループセット(10速) (c)シマノ

グラベルライドが大きな注目を集める昨今、シマノのロード&MTBコンポーネントのノウハウを掛け合わせ生み出された世界初、ブランド初のグラベルコンポーネント「GRX」が誕生した。ドロップハンドルでグラベルやアドベンチャーライドを楽しむために最適化されたデザインを持ち、オフロード走行での操作性や変速性能を突き詰めたものに。ロードタイプのバイクでシマノコンポーネントでもフロントシングルが公式に使用可能となった。

ロードコンポーネントでULTEGRAに相当する「RX800」、シマノ105に相当する「RX600」、TIAGRAに相当する「RX400」という3つのグレードで展開。RX800とRX600は11速で、RX400は10速だ。電動変速のDI2モデルもラインアップされている。フロントシングルの場合はMTB用のスプロケットを、フロントダブルの場合はロード用のスプロケットを合わせて使用するよう設計されている。

発売時期は機械式変速モデルが2019年7月、電動変速モデルと新規追加ホイールが8月の予定だ。それでは各パーツの詳細を見ていこう。



シマノ GRX STIレバー(ST-RX815、RX810、RX600、RX400)

ST-RX815ST-RX815 (c)シマノST-RX810ST-RX810 (c)シマノ

GRXの変速システムは機械式、電動式の2種類から選択できる。その中でもDI2タイプのST-RX815は、今までのロードコンポーネントに無い新しいブラケット形状を獲得している。路面のギャップが大きいグラベルライドでも安定してハンドル操作ができるよう、ブラケットヘッドが大きく上側に出っ張ったデザインとし、手が滑り落ちないよう指を引っ掛けて握り込むことができる。

またブレーキ性能を高めるために、レバーのピボットポイントを従来のロードSTIレバーから18mm上昇させているのも大きなアップデートポイント。レバー自体も、どのポジションからでも握り込みやすいよう前方の面を削ったデザインを採用している。ブラケットフードには太めのラインテクスチャー加工を施しグリップを高めている。

ST-RX600ST-RX600 (c)シマノST-RX400ST-RX400 (c)シマノ

ST-RX815にはMTBのブレーキテクノロジーであるサーボウェーブ機構を投入。レバー比を変化させることで、パッドがローターに当たるまでは素早く動き、パッドコンタクト後にはゆっくりと動くため、コントローラブルかつパワフルなブレーキフィーリングを生み出す。

機械式変速のSTIレバーは、従来の油圧ロードコンポーネントと同等のブラケット形状に。ブラケットフードのテクスチャー加工と、レバーの面取りデザインが加わっている。フロントシングル仕様ではドロッパーポストの操作を左STIレバーでも可能となった。またフロントシングル用にシフトボタンがない左ブレーキレバーも登場している。

シマノ GRX リアディレイラー(RD-RX815、RX817、RX810、RX812、RX400)

RD-RX817RD-RX817 (c)シマノRD-RX815RD-RX815 (c)シマノ

RD-RX810RD-RX810 (c)シマノRD-RX400RD-RX400 (c)シマノ

グラベルロード向けにスタビライザー機能を付加した、ULTEGRA RXリアディレイラーを昨年ラインアップしていたが、今作はよりMTBコンポーネント寄りのデザインに。外側への張り出しが少ないシャドーデザインはもちろん、クラッチレバーでケージの動きをロックできるスタビライザーも搭載されている。チェーン暴れを抑え、オフロードでもスムーズなライドを楽しめるだろう。

11速のRX800は機械式/電動式の両方がラインアップ。ノーマルケージのRX815とRX810はロードカセットの11-30Tまたは11-34Tに対応する。ロングケージタイプのRX817とRX812は、MTBカセットの11-40Tまたは11-42Tが使用可能だ。10速のRX400は11-30Tから11-36Tまでのカセットに対応するミドルケージ仕様だ。

シマノ GRX フロントディレイラー(FD-RX815、RX810、RX400)

FD-RX815FD-RX815 (c)シマノFD-RX810FD-RX810 (c)シマノ

ロードコンポーネントとほぼ同等のルックスに仕上がったフロントディレイラーは、チェーンラインをロードモデルと比較して2.5mm外側へ移動させており、リアタイヤとの広いクリアランスを確保。700Cで42mm幅のワイドタイヤでも干渉しないよう設計されている。専用のチェーンラインを実現するためGRXのクランクと合わせて使用するよう作られている。

DI2タイプのRX815、機械式タイプのRX810、10速機械式のRX400の3種類がラインアップ。RX800シリーズはフロント48/31Tのチェーンリングにも対応するが、RX400はアウター/インナーギアの歯数が16T以内と決められている。

シマノ GRX クランクセット(FC-RX810、RX600)

FC-RX810-1(40T)FC-RX810-1(40T) (c)シマノFC-RX810-2(48/31T)FC-RX810-2(48/31T) (c)シマノ

フロントシングル/ダブルの両方をラインアップしたクランクセットは、従来のロードコンポーネント同様に4アームデザインを採用。チェーンラインを2.5mm外側にオフセットさせており、広いリアタイヤクリアランスに寄与している。アクスル径は他モデルと同じく24mmだ。

フロントシングルモデルは40Tまたは42Tを用意。MTBコンポーネントのテクノロジーである「ダイナミックチェーンエンゲージメント」を投入しており、チェーンとの噛み合いを増す歯先の形状とすることでチェーン落ちも防止し、荒れた路面でもスムーズなペダリングを実現する。

FC-RX600-1(40T)FC-RX600-1(40T) (c)シマノFC-RX600-11(46/30T)FC-RX600-11(46/30T) (c)シマノ

フロントダブルモデルのRX810クランクは48/31Tの歯数構成。ロードクランクではアウター/インナーギアの歯数差が14Tに設定されていたが、今作ではそのギャップを広げ幅広いシチュエーションに対応できるギアレシオを獲得している。

価格を抑えたRX600クランクは、11速のフロントシングル/ダブルとともに10速の46/30Tもラインアップ。RX810が170/172.5/175mmのクランク長展開に対し、RX600は165mmも選択可能だ。

シマノ GRX ブレーキ&サブブレーキレバー(BR-RX810、RX400、BL-RX812)

BR-RX810BR-RX810 (c)シマノBL-RX812(サブブレーキレバー)BL-RX812(サブブレーキレバー) (c)シマノ

バートップにマウントする補助ブレーキとして活用できるバートップにマウントする補助ブレーキとして活用できる (c)シマノ
GRXは油圧ディスクブレーキのみの展開で、ブレーキキャリパーはロードモデルと同等品としている。フラットマウント、デュアルピストンで変更はなく、シマノのアイステクノロジーを採用したフィン付きのパッドが標準装備される。ブレーキローターはGRXシリーズとしてはラインアップせず、既存のロード/MTBモデルのものが使用できる。

対して油圧ディスクブレーキとしては新しいオプションとなるサブブレーキレバー「BL-RX812」が追加された。ハンドルのバートップにマウントして補助ブレーキとして活用できる製品だ。上ハンドルを握るリラックスポジションでもブレーキ操作が可能となる。

シマノ GRX グラベルホイール(WH-RX570)

WH-RX570WH-RX570 (c)シマノ
グラベルコンポーネントに合わせたアルミローハイトホイールも新登場。シマノ105レベルのグレードで、リム内幅21.6mmとかなりワイドなプロファイルを採用している。幅40mm以上のワイドタイヤにも対応した設計だ。リムハイトは22mmで、700Cと650Bの2種類のサイズで販売される。いずれもチューブレス対応だ。フロント100×12mm、リア142×12mmのスルーアクスルが使用可能。


シマノ GRX DI2
モデル名 対応スピード セット内容 価格(税抜)
デュアルコントロールレバー
ST-RX815 2 X 11 左右セット、ホース・オイル付属 ¥53,477
リア:11 右レバーのみ ¥24,262
フロント:2 左レバーのみ ¥24,262
フロントディレイラー
FD-RX815 2 X 11 直付 ¥22,394
リアディレイラー
RD-RX815 2 X 11 対応スプロケット:11T-30/34T ¥28,278
RD-RX817 1 X 11 対応スプロケット:11T-40/42T ¥31,427
シマノ GRX
モデル名 対応スピード セット内容 価格(税抜)
デュアルコントロールレバー
ST-RX810 2 X 11 左右セット、シフトケーブル・ホース・オイル付属 ¥53,627
リア:11 右レバーのみ ¥24,198
フロント:2 左レバーのみ ¥24,198
- 左レバーのみ ¥22,028
ST-RX600 2 X 11 左右セット、シフトケーブル・ホース・オイル付属 ¥41,893
リア:11 右レバーのみ ¥18,426
フロント:2 左レバーのみ ¥18,426
ST-RX400 2 X 10 左右セット、シフトケーブル・ホース・オイル付属 ¥32,387
リア:10 右レバーのみ ¥13,673
フロント:2 左レバーのみ ¥13,673
ブレーキレバー
BL-RX810 左レバーのみ ¥19,445
BL-RX600 左レバーのみ ¥16,526
BL-RX812 サブレバー 左右セット、ホース・オイル付属 ¥12,976
右レバーのみ ¥6,310
左レバーのみ ¥6,310
フロントディレイラー
FD-RX810 2 X 11 ¥5,107
FD-RX400 2 X 10 ¥3,353
リアディレイラー
RD-RX810 2 X 11 対応スプロケット:11T-30/34T ¥11,025
RD-RX812 1 X 11 対応スプロケット:11T-40/42T ¥11,191
RD-RX400 2 X 10 対応スプロケット:11T-32/36T ¥5,684
クランクセット
FC-RX810-1 1 X 11 歯数構成:40T、42T クランク長:170/172.5/175mm ¥22,103
FC-RX810-2 2 X 11 歯数構成:48-31T クランク長:170/172.5/175mm ¥22,103
FC-RX600-1 1 X 11 歯数構成:40T クランク長:165/170/172.5/175mm ¥11,676
FC-RX600-11 2 X 11 歯数構成:46-30T クランク長:165/170/172.5/175mm ¥11,676
FC-RX600-10 2 X 10 歯数構成:46-30T クランク長:165/170/172.5/175mm ¥10,195
ディスクブレーキ
BR-RX810 ハイドローリック、対向2ピストン、フロント用 ¥7,298
ハイドローリック、対向2ピストン、リア用 ¥6,824
BR-RX400 ハイドローリック、対向2ピストン、フロント用 ¥5,034
ハイドローリック、対向2ピストン、リア用 ¥4,557
WH-RX570ホイール
モデル名 セット内容 ホイールサイズ 価格(税抜)
WH-RX570 フロント/リア 700C ¥45,040
フロントのみ 700C ¥21,113
リアのみ 700C ¥23,927
フロント/リア 650B ¥45,040
フロントのみ 650B ¥21,113
リアのみ 650B ¥23,927

最新ニュース(全ジャンル)

ジョシュア・ラドマンが山本哲央を下してステージ優勝 寺田吉騎がポイント賞獲得 Satoru Kato 2024/05/22(水) - 18:38
ツアー・オブ・ジャパン2024 第4ステージ 美濃
キャノンデール Trail Neo 4 街乗りやトレイルでライダーを支えてくれる電動アシストMTB Gakuto Fujiwara 2024/05/22(水) - 15:14
新製品情報2024
ポガチャル「予想外の勝利」トーマス「這うように頂上を目指した」 Sotaro Arakawa 2024/05/22(水) - 13:36
ジロ・デ・イタリア2024第16ステージ選手コメント
スコットが山梨県のふじてんリゾートでMTB試乗会を6月1~2日まで開催 Michinari Takagi 2024/05/22(水) - 10:58
SPARK RC TEAMやGENIUS 930を試せる機会
雨でコース短縮の山頂フィニッシュ ポガチャルが逃げ捉え、圧巻の区間5勝目をマーク Sotaro Arakawa 2024/05/22(水) - 08:18
ジロ・デ・イタリア2024第16ステージ
ジョバンニ・カルボーニがステージ優勝でJCLチーム右京2勝目 中井唯晶が山岳賞維持 Satoru Kato 2024/05/21(火) - 20:14
ツアー・オブ・ジャパン2024 第2ステージ いなべ