トレックがE-MTBを2020年モデルとして国内発売することを正式決定した。詳細な仕様や製品名、価格などは未定だが、フルカーボンフルサスペンションモデル、及びアルミハードテールモデルが展開される予定だ。以下、プレスリリースより紹介しよう。



トレックがE-MTBの国内投入を決定

トレックがE-MTBを2020年モデルとして国内投入決定トレックがE-MTBを2020年モデルとして国内投入決定 (c)トレック・ジャパン
この度、 トレック・ジャパンは、電動アシスト付きマウンテンバイク(以下、E-MTB)を2020年モデルとして発売することを正式決定いたしました。

詳細な仕様や価格、製品名、発売時期は確定しておりませんが、軽量なフルカーボンフレームのフルサスペンションモデル、およびアルミフレームのハードテールモデルとなる予定です。欧米や豪州においては、E-BIKEは爆発的な勢いで普及しており、特にE-MTBでのトレイルライドは非常にポピュラーなアクティビティとして認知されています。

トレックは2018年2月よりクロスバイクタイプのE-BIKEの日本展開を開始し、通勤やサイクリングのパートナーとしてご好評を頂いておりますが、この度の本格的なマウンテンバイクタイプの発売により、E-BIKEの普及、マウンテンバイク文化の盛り上げに貢献したいと考えております。

登りを強力にアシストしてくれるE-MTB登りを強力にアシストしてくれるE-MTB (c)トレック・ジャパンよりアグレッシブなトレイルライドを楽しむ事が出来るよりアグレッシブなトレイルライドを楽しむ事が出来る (c)トレック・ジャパン

フルカーボンフルサスペンションモデルのE-MTB(画像はイメージです)フルカーボンフルサスペンションモデルのE-MTB(画像はイメージです) (c)トレック・ジャパンアルミハードテールフレームのE-MTB(画像はイメージです)アルミハードテールフレームのE-MTB(画像はイメージです) (c)トレック・ジャパン