国内ロードレースのシリーズ戦「Jプロツアー」の2019年シーズンが、16日に開催される「修善寺ロードレース」で開幕する。出場チーム、年間スケジュールをおさらいし、シーズンをプレビューする。


昨年の西日本ロードクラシック広島大会 今年は雨の開幕戦となりそう・・・昨年の西日本ロードクラシック広島大会 今年は雨の開幕戦となりそう・・・ photo:Satoru Kato
国内ロードレースの2019年シーズンがいよいよ本格開幕を迎える。

JBCF(一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟)が主催するロードレースシリーズ「Jプロツアー」の第1戦と第2戦「修善寺ロードレース」が、3月16日と17日の2日間、日本サイクルスポーツセンターで開催される。それを前に、まずは今年のJプロツアーの開催予定をおさらいしよう。


全23戦のJプロツアー 広島で5戦開催 E1との交流戦も
2019 Jプロツアー カレンダー
日付レース名開催地グレード
3月16日修善寺ロードレース日本CSCシルバー
3月17日修善寺ロードレース日本CSCゴールド
4月21日西日本ロードクラシック 広島大会広島中央森林公園プラチナ
4月28日東日本ロードクラシック 群馬大会群馬CSCプラチナ
5月11日宇都宮ロードレース栃木県宇都宮市ゴールド
5月12日宇都宮クリテリウム栃木県宇都宮市ブロンズ
6月8日那須塩原クリテリウム栃木県那須塩原市ブロンズ
6月9日やいた片岡ロードレース栃木県矢板市ゴールド
6月15日群馬CSC 交流戦6月大会群馬CSCブロンズ(任意)
7月6日東広島サイクルロードレース広島県東広島市シルバー
7月7日広島クリテリウム広島県広島市ブロンズ
7月14日石川サイクルロードレース福島県石川町ゴールド
7月27日チームタイムトライアルチャンピオンシップ栃木県渡良瀬遊水地シルバー
7月28日タイムトライアルチャンピオンシップシルバー
9月7日群馬CSC 交流戦9月大会群馬CSCブロンズ(任意)
9月8日群馬CSC 交流戦9月大会群馬CSCブロンズ(任意)
9月15日南魚沼ロードレース新潟県南魚沼市ゴールド
9月22日経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ広島中央森林公園プラチナ
9月28日まえばしクリテリウム群馬県前橋市ブロンズ
9月29日まえばし赤城山ヒルクライム群馬県前橋市ブロンズ(任意)
10月5日やまぐちTT or クリテリウム(予定)群馬県山口市ブロンズ
10月6日秋吉台カルストロードレース山口県美祢市プラチナ
10月14日東京クリテリウム 神宮ステージ調整中シルバー
広島空港に隣接する中央森林公園では4月と9月の2回開催。広島空港に隣接する中央森林公園では4月と9月の2回開催。 photo:Satoru Kato
開幕早々の4月、第3戦「西日本ロードクラシック」、第4戦「東日本ロードクラシック」と、最高ランクのレースグレード「プラチナ」のレースが続く。5月の宇都宮ラウンド、6月の栃木ラウンドを経て、全日本選手権直後の7月には初開催となる「東広島サイクルロードレース」が開催される。そして8月末ないし9月初頭に開催されていた渡良瀬遊水地でのタイムトライアルチャンピオンシップが、今年は7月末の開催となる。

約1ヶ月の休止期間の後9月に再開し、南魚沼ロードレース、広島中央森林公園で行われる経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップと、ハードなレースが続く。10月の秋吉台カルストロードレースが今年のロードレース最終戦となり、10月半ばに東京クリテリウムが予定されている。広島では計5戦が開催され、栃木と並ぶ開催数となる。

10月の「秋吉台カルストロード」は、レースグレード最上位の「プラチナ」に指定される10月の「秋吉台カルストロード」は、レースグレード最上位の「プラチナ」に指定される photo:Satoru Kato昨年の南魚沼で行われたプレーオフレース 今年は交流戦として開催される昨年の南魚沼で行われたプレーオフレース 今年は交流戦として開催される photo:Satoru Kato

また、「交流戦」として、Jプロツアーの下位カテゴリー「Jエリートツアー」の選手も出場できるレースが設定される。6月と9月の群馬CSC交流戦、9月末の赤城山ヒルクライムの計4戦が交流戦となる(Jプロツアーチームは任意出場のレースとなる)。


東西18チームが揃う2019年Jプロツアーチーム
2019 Jプロツアーチーム
宇都宮ブリッツェンマトリックスパワータグ
シマノレーシング チームブリヂストンサイクリング
那須ブラーゼンLEOMOベルマーレ・レーシングチーム
イナーメ信濃山形ヴィクトワール広島
KINAN Cycling Team弱虫ペダルサイクリングチーム
東京ヴェントスFIETS GROEN 日本ロボティクス
VC福岡Honda栃木
なるしまフレンドレーシングチーム群馬グリフィン
eNShare-エルドラードチーム右京
昨年5勝を挙げて個人総合優勝した窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )昨年5勝を挙げて個人総合優勝した窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング ) photo:Satoru Katoチーム総合力の高さを見せた宇都宮ブリッツェンチーム総合力の高さを見せた宇都宮ブリッツェン photo:Satoru Kato
マトリックスパワータグに加入したオールイス・アルベルトマトリックスパワータグに加入したオールイス・アルベルト photo:MATRIX POWERTAG昨年シーズン個人総合優勝したチームブリヂストンサイクリングの窪木一茂、チーム総合優勝の宇都宮ブリッツェンが今年も強さを見せるのかは興味のあるところだが、やはり大幅に選手補強を行なったマトリックスパワータグは今年一番の注目だろう。

昨年最終戦に圧倒的な力を見せたフランシスコ・マンセボが正式加入し、開幕戦2連戦に出場する。さらにベネズエラのU23スプリンター、オールイス・アルベルトも要注目だ。来年の東京オリンピックでは、ベネズエラ代表としての出場が期待される若手選手。その実力は早いうちに見られるかもしれない。


そして3年ぶりのJプロツアー復帰となるチーム右京は、日本人選手だけでなく、ベンジャミ・プラデス、ロビー・ハッカーら外国人選手も出場する。近年で一番ハードなシーズンだったと言われる2016年の再来となるか?。

ジャパンカップ・オープンレースで優勝した米谷隆志(LEOMOベルマーレ:中央)ジャパンカップ・オープンレースで優勝した米谷隆志(LEOMOベルマーレ:中央) photo:Satoru.Katoツール・ド・おきなわ市民210km優勝の今野元汰がイナーメ信濃山形から参戦ツール・ド・おきなわ市民210km優勝の今野元汰がイナーメ信濃山形から参戦 photo:Satoru Kato

さらには昨年初優勝を挙げた木村圭佑キャプテン率いるシマノレーシング 、ベテラン飯野智行の加入が注目される那須ブラーゼン、才田直人と米谷隆志の実力が開花したLEOMOベルマーレ・レーシングチーム、ツール・ド・おきなわ市民210km優勝の紺野元汰が加入したイナーメ信濃山形、地元レースが増えたヴィクトワール広島、Jプロツアー2年目となる弱虫ペダルサイクリングチームなどの活躍にも注目したい。


会場の内外で新しい試みがスタート

今年から観戦者向けの新しい試みがいくつかスタートする。

まず有料の観覧席「VIP TICKET」が設定され、レース当日に先着20名から40名分が販売される。2,000円でチケットを購入すると、専用のテントスペースで観戦出来るほか、優勝選手との記念撮影や記念品などの特典が用意される。修善寺ロードレースでの販売数は先着20名。2日間ともVIP TICKETテントで観戦するには、1日ごと購入が必要だ。

YouTubeのJプロツアーチャンネルでは、各レースの生中継が行われる。これまでも動画による生中継は行われたが、全レース行われるのは今年が初めてだ。動画はJBCF公式サイトからリンクされる。

注目の開幕戦は16日午前11時30分スタート。



text:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 伊豆の踊子 (新潮文庫)
カテゴリー: Book
著者: 川端 康成
出版社: 新潮社
最安価格: ¥ 389
アマゾン価格: ¥ 389
の画像 伊豆の踊子 [Blu-ray]
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: 株式会社ホリプロ
参考価格: ¥ 5,940
最安価格: ¥ 5,400
アマゾン価格: ¥ 5,940
の画像 天城越え
カテゴリー: Digital Music Track
メーカー: テイチクレコード
最安価格: ¥ 250
アマゾン価格: ¥ 250