レザインがUCIワールドチームのアージェードゥーゼールと2年間のスポンサー契約を締結。今後同社のGPSコンピュータMega XLとMega C GPSをレースやトレーニングで活用していくと言う。またLEDライトやフロアポンプなどもチームに供給していく。以下、プレスリリースより紹介しよう。



LEZYNE GPS GOES WORLDTOUR WITH AG2R LA MONDIALE
LEZYNE GPS、AG2Rラモンディアールと共にワールドツアーへ

レザインがアージェードゥーゼールとスポンサー契約レザインがアージェードゥーゼールとスポンサー契約 (c)ダイアテック
Lezyne GPSコンピュータは、AG2Rラモンディアール・プロサイクリングチームと共に、今年のワールドツアーでデビューします。Lezyneは2015年にGPSカテゴリーに参入して以来、GPSプラットフォームを急速で拡大。現在は、Mega GPSモデルが主力製品です。

フランスを拠点とするAG2Rラモンディアールは、ツール・ド・フランスといったグランドツアーや、パリ~ルーべなどの主要クラシックレースに参戦しています。Lezyneはこのチームと、Lezyne GPS コンピュータを独占的に使用することを含む2年間の契約を結びました。チームには、LezyneのLEDライトやタイヤ修理ツールも提供されます。

Lezyneの電子製品カテゴリーは、2011年にLEDライトを発売して以来、大きく成長してきました。カリフォルニアに本社を構えるLezyneは現在、すべてが揃ったナビゲーションや、Strava、TrainingPeaks、Today’s Planなどのオンラインサイト向け機能を盛り込んだ、総合的なGPSプラットフォームを展開しています。

ワールドツアーで戦うAG2Rラモンディアールとスポンサー契約を結んだことで、LezyneのGPSユニットの性能は、最高レベルのレースで認められたことになります。

AG2Rラモンディアールは、1992年から輝かしい業績を手にしてきました。 ツール・ド・フランスで表彰台とステージ優勝を経験したロマン・バルデは、2019年のグランドツアーでのチームリーダーに任命。また、元ベルギーナショナルチャンピオンのオリバー・ナーセンなど、いつでも表彰台を狙える選手たちを揃え、クラシックレースで他のチームをおびやかします。 28名の選手たちは、今年のワールドツアーの全レースで、優勝を賭けて争います。

レザインのプロダクトでワールドツアーを戦うアージェードゥーゼールレザインのプロダクトでワールドツアーを戦うアージェードゥーゼール (c)ダイアテック
「AG2Rラモンディアール・プロサイクリングチームは、Lezyneとのコラボレーションに、大きな期待を抱いている」と、チーム監督のジャン-バティスト・キスレ氏はコメント。「高品質な製品は、ハイレベルな走りへのニーズを満たしてくれる。僕たちのトレーニングプラットフォームと連動したマップ表示や直接のコミュニケーションが可能なことで、選手と連携して細かく動けるんだ」。

Lezyneのワールドワイドマーケティングマネージャー、 ディロン・クラップは、「ツール・ド・フランスで優勝経験のあるロマン・バルデらが属するワールドツアーのチームと協力しあうことで、これまでの当社のGPSプラットフォーム開発が正しかったと認められるでしょう。また、当社製品についての認知度も、格段に上がるはずです。チームからのフィードバックは、厳格な研究開発を行う当社にとって大変貴重なものとなります。」

AG2Rラモンディアールは、Mega XLとMega C GPSコンピュータを使用する予定です。他のLezyne製品と同様、これらのコンピュータは自社でデザイン、開発、生産が行われています。Mega GPSシリーズは、クラス最長の作動時間を誇り、あらゆるデータを表示して、ライダーから最高のパフォーマンスを引き出します。データの表示以外にも、Mega GPSのナビゲーション機能がレース中のライダーを案内し、レースの正念場となる区間を教えるなど、予め設定したアラートを表示します。

チームから得た貴重なフィードバックから、今後はGPS Ally スマートフォンアプリやGPS Rootウェブサイトを含む全体的なGPSプラットフォームの改善と刷新が期待できます。