JBCF(一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟)の2019年カンファレンスが東京都内で開催され、年間スケジュールとJプロツアー19チームが発表された。併せて、新リーグ構想などの中・長期ビジョンが発表された。



2019年のJプロツアーは3月開幕の全25戦
2019年 Jプロツアー開催予定(2018.12.1時点)
日付レース名開催地備考
3月30日・31日修善寺ロードレース日本CSCJPTは2日開催
4月20日・21日西日本ロードクラシック広島中央森林公園JPTは1日開催
4月27日・28日東日本ロードクラシック群馬CSCJPTは1日開催
5月11日宇都宮クリテリウム清原工業団地コース
5月12日宇都宮ロードレース鶴カントリー倶楽部周辺
6月8日那須塩原クリテリウム那須塩原駅前特設コース
6月9日やいた片岡ロードレース矢板市石関周辺特設コース
6月15日・16日強化ロードレース検討中JPT混走クラス予定
6月29日・30日群馬CSC6月大会(仮称)群馬CSCJPT混走クラス予定
7月6日東広島ロードレース(仮称)広島大学外周特設コース
7月7日広島クリテリウム西区商工センター特設コース
7月14日石川サイクルロードレース石川町・浅川町周回コース
8月31日チームタイムトライアル検討中
9月1日タイムトライアル検討中
9月7日・8日群馬CSC9月大会(仮称)群馬CSCJPT混走クラス予定
9月14日・15日南魚沼ロードレース三国川ダム周回コースJPTは14日のみ
9月28日まえばしクリテリウム前橋市内特設コース
9月29日まえばし赤城山ヒルクライム※赤城山南面道路任意参加
10月5日山口クリテリウム山口市内
10月6日秋吉台カルストロードレース秋吉台道路周回コース
10月12日・13日経済産業大臣旗ロードレース検討中JPTは12日のみ
10月13日・14日東京クリテリウム(調整中)神宮外苑特設コースJPTは13日のみ
2018年から引き続き開催のレースが多いものの、開催時期が変わるレースが多くなる。これまで7月に広島で開催されていた「西日本ロードクラシック」は4月開催となる一方、7月は新たに「東広島ロードレース」が開催される。10月開催だった「南魚沼ロードレース」は9月に移動。6月と7月に栃木県北部で開催されていた4レースは、「那須塩原クリテリウム」と「やいた片岡ロードレース」のふたつに集約される。最終戦は神宮外苑でのクリテリウムが初開催される。

神宮外苑でJプロツアーのレースが初開催される(写真は明治神宮外苑大学クリテリウム)神宮外苑でJプロツアーのレースが初開催される(写真は明治神宮外苑大学クリテリウム) Photo:Satoru Kato
今年7月に初開催された広島クリテリウムは2019年も開催される今年7月に初開催された広島クリテリウムは2019年も開催される photo:Satoru Kato10月の南魚沼ロードレースで行われたJPTとE1のプレーオフ戦10月の南魚沼ロードレースで行われたJPTとE1のプレーオフ戦 photo:Satoru Kato

また、Jプロツアーとの混走クラスタを開催するレースが予定されている。これは、昨年の南魚沼で開催されたプレーオフに出場したE1の選手から、上のクラスと走れる機会がもっと欲しいという要望が出たことを受け、新たに開催されることが決まった。現時点では6月と9月に開催される群馬CSCでのレースで予定されている。

さらに、2日連続開催のレースを「2 in 1(ツー・イン・ワン)」としていた制度は原則廃止とし、2日連続出走で与えられていたポイントも廃止される。また、同一会場での2日間開催の際は、Jプロツアーは1日のみ開催とし、レース距離を長くする。200km超のレースが検討されている。

E1、E2、女子のFクラスタも同様だ(E3クラスタは2日ともレースが行われる)。一部女子選手は実力差を考慮して男子との混走になる予定だ。



Jプロツアーチームは19チーム チーム右京が復帰

チーム右京が3年ぶりにJプロツアーに復帰するチーム右京が3年ぶりにJプロツアーに復帰する photo:Satoru Kato
昨年から継続する18チームに加え、チーム右京が2016年以来3年ぶりにJプロツアーに復帰する。チームリストは以下の通り。
2019年 Jプロツアーチーム
チーム名運営法人所在地
宇都宮ブリッツェン宇都宮市(栃木) 
マトリックスパワータグ高石市(大阪)
シマノレーシング堺市(大阪)
チームブリヂストンサイクリングさいたま市(埼玉)
那須ブラーゼン那須郡(栃木)
リオモ・ベルマーレ・レーシングチーム平塚市(神奈川)
イナーメ信濃山形松本市(長野県)
ヴィクトワール広島広島市(広島)
弱虫ペダルサイクリングチームつくば市(茨城)
キナンサイクリングチーム新宮市(和歌山)
東京ヴェントス立川市(東京)
FIETS GROEN 日本ロボティクス横浜市(神奈川)
VC福岡福岡市(福岡)
Honda栃木芳賀郡(栃木)
なるしまフレンドレーシングチーム八王子市(東京)
群馬グリフィン前橋市(群馬)
eNShare-エルドラード仙台市(宮城)
シエルヴォ奈良レーシングチーム生駒市(奈良)
チーム右京渋谷区(東京)


ディスクブレーキは全クラスタで解禁

JBCFのレースでディスクブレーキが解禁される(写真は今年のツール・ド・フランス)JBCFのレースでディスクブレーキが解禁される(写真は今年のツール・ド・フランス) photo:Makoto.AYANOリーダージャージの呼称は「プロリーダー」「ネクストリーダー」となるリーダージャージの呼称は「プロリーダー」「ネクストリーダー」となる photo:Satoru Kato

今年7月に解禁となったディスクブレーキロードが、全クラスタで2019年シーズンから使用可能となる。マビック、シマノのニュートラルサービスも対応する。E1以下のニュートラルサービスのディスクブレーキ対応は検討中だ。

また、リーダージャージの呼称が変わる。Jプロツアーは「プロリーダー」と、U23対象の「ネクストリーダー」。Jエリートツアーは「エリートリーダー」、女子のJフェミニンリーダーは「フェミニンリーダー」、18歳以下対象の「ユースリーダー」と改められる。

さらに、Jエリートツアーには、クリテリウムシリーズのリーダーに「スプリントリーダー」、ヒルクライムシリーズの「クライムリーダー」が新たに設定される。

自転車新リーグ構想を検討開始

自転車新リーグ構想を説明する栗村修JBCF理事自転車新リーグ構想を説明する栗村修JBCF理事 photo:Satoru KatoJBCFの今後の理念を説明する片山右京理事長JBCFの今後の理念を説明する片山右京理事長 photo:Satoru Kato

中・長期構想として、自転車新リーグ構想の検討を開始することも発表された。これはレースや競技力のレベルアップだけでなく、ビジネス面やエンターテイメント面、地域との関わりなどをこれまで以上に進化させ、全てのサイクリストのための自転車新リーグを創設しようというもの。それに向けてプロ・アマを問わず選手やチーム、観戦者や大会運営関係者、さらには自転車に関わりのない外部の第3者からの意見を取り入れ、開催に向けての検討を進めていく。

その他にも、eバイクを使ったレースや、市民レースとの併催など、新しい自転車文化の可能性も今後検討される。JBCF理事で連盟戦略室長の栗村修氏は、「他のスポーツが持っていない新しい概念を作り上げたい」としている。

なお、レーススケジュールについては暫定案であり、今後変更される可能性がある。来年3月に改めて説明会が開催される予定だが、詳細はJBCF公式サイトを参照されたい。

text:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 B-PING ウォールステッカー クリスマスツリー
カテゴリー: Home
メーカー: B-PING 
参考価格: ¥ 1,200
最安価格: ¥ 347
アマゾン価格: ¥ 347
の画像 チロルチョコ クリスマスカップ 40個
カテゴリー: Grocery
メーカー: チロルチョコ
参考価格: ¥ 540
最安価格: ¥ 486
アマゾン価格: ¥ 1,050