Jプロツアー第18戦「秋吉台カルストロード」が開催され、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が優勝。LEOMO Bellmare Racing Teamの才田直人と米谷隆志が2位と3位に入った。女子は唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が優勝。シスターローズジャージを獲得した。



カルストロードを行く集団カルストロードを行く集団 photo:Satoru Kato
残り1kmから続く激坂「カルストベルク」残り1kmから続く激坂「カルストベルク」 photo:Satoru Kato終盤戦に入ったJプロツアー。第18戦は山口県美祢市での「秋吉台カルストロード」だ。2011年の山口国体のロードレースコースを使用して昨年初開催。秋吉台国定公園を貫く「カルストロード」と、その両端に設定された周回路を組み合わせた1周29.5kmのコースは、カルスト地形の広大な風景が広がる中を走る国内有数のロケーションを誇る。また、「カルストベルク」と名付けられた、残り1km付近から始まる急坂が集団を引き伸ばして粉砕し、完走さえ難しいレースとしている。

朝方には雨が降っていた秋吉台周辺。午前中は強く降る時間もあったものの、午後にかけてやむ時間が長くなり、Jプロツアーがスタートする正午には青空が見えるほどになった。

増田成幸が2度目の復活勝利

スタート直後からアタック合戦スタート直後からアタック合戦 photo:Satoru Katoレース序盤、中田拓也(シマノレーシング)が抜け出すレース序盤、中田拓也(シマノレーシング)が抜け出す photo:Satoru Kato

Jプロツアーはコースを5周する147.5km。約3kmのパレードののちリアルスタートが切られると、アタック合戦の中から中田拓也(シマノレーシング)が抜け出して先行する。集団との差は2分以上まで開いたが、2周目に吸収される。

3周目 先行する3人3周目 先行する3人 photo:Satoru Kato
3周目、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)が単独先行。それを追ってホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ )、米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)、窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)、増田成幸、岡篤志(宇都宮ブリッツェン)ら10人ほどが追走集団を形成。雨澤を吸収すると、カウンターで米谷、増田、岡の3名が飛び出し、後続集団に30秒ほどの差をつけて先行する。

3周目 岡篤志と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)を置き去って先行する米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)3周目 岡篤志と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)を置き去って先行する米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team) photo:Satoru Kato
協調して逃げ続けていた3人だったが、足を痙攣させた岡が遅れる。それを気遣い「一緒に行けばまた米谷選手に追いつくと思った」と言う増田も一緒に遅れる。対して「行けるところまで行こうと腹をくくった」と言う米谷が単独で先行し、4周目に入っていく。

増田成幸(宇都宮ブリッツェン)と米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)に才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team)が迫る増田成幸(宇都宮ブリッツェン)と米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)に才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team)が迫る photo:Satoru Kato
後続集団は、土井雪広(マトリックスパワータグ )がペースアップ。そこから才田直人( LEOMO Bellmare Racing Team)が単独で追走を始める。岡と共に遅れていた増田は、才田の追走を知ると岡を置いて米谷を追走。最終周回の5周目までに、増田、才田が相次いで米谷に追いつく。勝負は3人に絞られた。

増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が優勝増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が優勝 photo:Satoru Kato
残り1kmからの「カルストベルク」で、米谷が遅れて才田と増田の2人の勝負に。残り300mでアタックした増田に才田はついて行けず、勝負は決まった。

増田は5月の宇都宮ロードレースで優勝して以来、今季2勝目。前回は病気療養から復活の勝利。今回は落車負傷からの復活勝利だ。

「2対1で不利だけどリオモの2人も自分以上にキツイだろうとわかっていたので、途中で行かれないように集中して最後の登り勝負に持ち込めたのが良かったと思います。

米谷選手1人なら2人で協力して行けば追いつけるし、ワン・ツーフィニッシュも取れると欲張りな気持ちがありました。でも(岡)篤志を待っていたら米谷選手との差が1分以上まで開いてしまって、後ろから才田選手が猛追してるのが見えたので、篤志を泣く泣く置いていくことにしました。

最後は才田選手との勝負になりましたが、彼が学生の時に宮城県で一緒に練習していたので、お互いの手の内とか脚質とか知っている仲でした。才田選手は最後まで待ったら負けると思っていたのか、上り口から全開で行きました。僕も苦しかったのですがついて行き、チャンスが見えたところで一気に決めました」と、レースを振り返る増田。

「落車とか事故とか怪我をしないように無事にいることも強い選手の秘訣だなと身をもって感じています。気をつけて集中しながら走りれば、また勝てると思っています」と、語った。

才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team)が2位才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team)が2位 photo:Satoru Katoたくさんの地元の特産品などが副賞として贈られたたくさんの地元の特産品などが副賞として贈られた photo:Satoru Kato

一方、数的優位をつくりながらも、勝利にあと一歩及ばなかったLEOMO Bellmare Racing Teamの才田と米谷。

「残り10kmくらいから足がきつくなっていて、増田選手に追いつかれたときは勝負できる足が残っていませんでした。そしたら才田さんがすぐ後ろに迫っていたので、才田さんを待って勝負しようと思いました」と話す米谷に対し、「今日は米谷が強かった」と言う才田。

「マトリックスがホセで勝負するために土井選手が集団をペースアップさせたのですが、ホセがきつそうだったので、1人で前を追うことにしました。米谷が遅れてくると思っていたのですが岡と増田さんが見えたのでまさかと思っていたのですが、増田さんが岡を置いて行くのが見えたのでついて行きました。でも5秒くらいの差が詰めきれず、米谷に追いつくまで個人タイムトライアルになってしまったのは失敗でした。

数的優位を活かしたかったのですが、米谷も足が残っていなかったので、3位以内に2人入ることに集中しました。増田さんと2人になって、足が残っていないのに心意気でアウターに入れたので加速せず、そのタイミングでアタックされてしまいました(笑)。後半戦は得意なコースが多いので、結果を出したいと思っていました。こういう形で終われたのは良かったと思うのですが、やはり勝ちたかったですね」と、苦笑い混じりに話した。
JBCF秋吉台カルストロード 結果(147.5km)
1位増田成幸(宇都宮ブリッツェン)3時間51分34秒
2位才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team)+8秒
3位米谷隆志(LEOMOベルマーレ・レーシングチーム)+19秒
4位窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)+4分21秒
5位ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ ) +4分37秒
6位岡 泰誠(イナーメ信濃山形)+4分46秒
周回賞 中田拓也(シマノレーシング)、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
チーム賞 宇都宮ブリッツェン

Jプロツアーリーダー 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )
U23リーダー 織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)



唐見実世子が総合首位に浮上

F伊藤優以(チーム ゼロ ウノ フロンティア)と唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が先行F伊藤優以(チーム ゼロ ウノ フロンティア)と唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が先行 photo:Satoru KatoF レース終盤、独走する唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)F レース終盤、独走する唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoru Kato

F シスターローズジャージは唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)に移るF シスターローズジャージは唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)に移る photo:Satoru Kato
女子のFクラスタは29.5km。序盤にアタックした唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)に、伊藤優以(チーム ゼロ ウノ レーシング)が追従する。レース後半に入ったところで、唐見が伊藤を切り離して独走。そのまま逃げ切って優勝を決めた。唐見は総合首位に浮上し、シスターローズジャージを獲得した。
Fクラスタ 結果(29.5km)
1位唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)52分2秒
2位伊藤優以(チーム ゼロ ウノ フロンティア)+3分6秒
3位久木野衣美(TEAM YOU CAN)+5分56秒
Jフェミニンリーダー 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
E(59km)
1位齋藤俊輔(Team UKYO Rave(B)1時間32分25秒
2位石井祥平(アーティファクトレーシングチーム)+1秒
3位岩切弘輝(津末レーシング)+6秒
4位藤田耕志(VC VELOCE)+18秒
5位岡本康太郎(TEAM SANREMO)+21秒
6位雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)
Jエリートツアーリーダー  石井祥平(アーティファクトレーシングチーム)

text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 FUJIFILM 防水カメラ XP130 スカイブルー FX-XP130SB
カテゴリー: Photography
メーカー: 富士フイルム
最安価格: ¥ 19,529
アマゾン価格: ¥ 19,529
の画像 FUJIFILM デジタルカメラ XP120 ライム 防水 FX-XP120LM
カテゴリー: Photography
メーカー: 富士フイルム
最安価格: ¥ 21,500
アマゾン価格: ¥ 21,500
の画像 FUJIFILM 防水カメラ XP130 ホワイト FX-XP130WH
カテゴリー: Photography
メーカー: 富士フイルム
最安価格: ¥ 19,529
アマゾン価格: ¥ 19,529