3度目の正直でアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)がスプリント勝利。2日連続ステージ2位を経験した21歳の新鋭コロンビアンスプリンターがステージ優勝とイエロージャージを手にした。


ホジュフのシレジア競技場トラックをスタートホジュフのシレジア競技場トラックをスタート photo:Tour de Pologne
ツール・ド・ポローニュ2018第3ステージツール・ド・ポローニュ2018第3ステージ photo:Tour de Pologneツール・ド・ポローニュ2018第3ステージツール・ド・ポローニュ2018第3ステージ photo:Tour de Pologne

ツール・ド・ポローニュの序盤3日間はスプリンター向き。パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)による開幕2連勝から一夜明け、第3ステージも獲得標高差1,000m前後の平坦コースが用意された。

ホジュフのシレジア競技場トラックをスタートし、郊外をぐるっと回ってザブジェの市街地周回コースへ。終盤に登場するのは合計4周するザブジェの6.2km周回コース。この日もUCIプロコンチネンタルチーム所属選手を中心にした逃げグループが形成されたものの、スプリンターチームがレースを支配した。

スタート後すぐの5km地点に設定されたスプリントポイントをアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)が先頭通過。ここを3番手通過したミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)がボーナスタイム1秒獲得に成功する。その後、山岳賞ジャージを着るミカル・パルタ(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)とマティアス・ルトゥルニエ(フランス、コフィディス)、アレクサンドル・フォリフォロフ(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ)の3名が飛び出し、遅れてメイン集団を抜け出した総合3位&総合敢闘賞イエンセ・ビエルマンス(ベルギー、カチューシャ・アルペシン)が長い単独追走の末に逃げグループに追いついた。

最大4分まで広がったタイム差をこの日もチェザーレ・ベネデッティ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)らがメイン集団を牽引して詰めていく。2つのスプリントポイントを先頭通過して合計6秒のボーナスタイムを獲得したビエルマンスはステージ上位に絡むことなく総合3位をキープしている。

フィニッシュまで25kmを残して、ザブジェの市街地周回コースに入った時点でタイム差は1分。ペースを落とさず逃げ続けた4名だったが、最終周回突入前の残り10km地点でスプリンターチーム率いるメイン集団に吸収されてしまう。周回コースを1周目47.1km/h、2周目48.3km/h、3周目50.7km/hとスピードを上げてこなしたメイン集団は、最終周回を平均スピード57.1km/hで駆け抜けている。

スタート前に顔を合わすアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)とパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)スタート前に顔を合わすアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)とパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Tour de Pologne
シレジア競技場の400mトラックで思わず走り出すアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)シレジア競技場の400mトラックで思わず走り出すアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル) photo:Tour de Pologne
逃げるミカル・パルタ(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)ら4名逃げるミカル・パルタ(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)ら4名 photo:Tour de Pologne
ボーラ・ハンスグローエが長時間にわたってメイン集団を牽引ボーラ・ハンスグローエが長時間にわたってメイン集団を牽引 photo:Tour de Pologne
ハットトリックを狙うボーラ・ハンスグローエにスピード勝負を挑んだのはミッチェルトン・スコットやクイックステップフロアーズ、ロットNLユンボ。各チームのリードアウトトレインが交じり合いながら残り1kmアーチを切り、ロットNLユンボとグルパマFDJが先頭でリードアウトを開始した。

先頭でトム・レーゼル(オランダ、ロットNLユンボ)にリードアウトされたダニー・ファンポッペル(オランダ、ロットNLユンボ)が、イエロージャージのアッカーマンを従えながらスプリント開始を待つ中、8〜9番手につけていたクイックステップフロアーズの2人がフィニッシュまで400mほどを残して別ラインで加速する。

デンマークチャンピオンのミケル・モルコフ(デンマーク、クイックステップフロアーズ)がロットNLユンボの2人とアッカーマンを完全に置き去りにするリードアウトを見せ、ライバルたちに4〜5mの差をつけた状態からホッジが加速。ダニエル・マクレー(イギリス、EFエデュケーションファースト・ドラパック)とアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)の追撃は届かず、ホッジが完璧なリードアウトを勝利につなげた。

先頭を譲らずにフィニッシュするアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)先頭を譲らずにフィニッシュするアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:Tour de Pologne
モルコフのリードアウトを受けたアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)が勝利モルコフのリードアウトを受けたアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)が勝利 photo:Tour de Pologne
連日スプリンターのニッツォーロのために働く別府史之(トレック・セガフレード)連日スプリンターのニッツォーロのために働く別府史之(トレック・セガフレード) photo:Tour de Pologne
「ステージ優勝を狙ったレースでその目標を達成できたのでとても満足している。クイックステップフロアーズのジャージを着て掴んだキャリア最大の勝利。開幕2ステージでは惜しいところで勝利を逃していたので、今日は朝からモチベーションが高かった。最高の走りをしてくれたチームメイトたちに感謝。特にミケル・モルコフのリードアウトは素晴らしかった」と、チームにシーズン53勝目をもたらしたネオプロは語る。

フェルナンド・ガビリアに続く次世代コロンビアンスプリンターとして注目を集めるホッジは2018年にクイックステップフロアーズでプロ入りしたばかり。3月のハンザーメクラシックでプロ初勝利を飾り、直後のボルタ・ア・カタルーニャの開幕ステージで優勝を飾っている。なお、UCI登録名はHodeg(オデグ)だが本来の名前はHodge(ホッジ)。これは曾祖父がスコットランドから移住する際にコロンビアの移民局が書き間違えたためで、パスポート表記もオデグだが、本人は自分の名前をホッジと発音している。

「ライン選びを間違い、前を塞がれてスプリントに持ち込めなかった」と語る総合首位アッカーマンがステージ12位に沈んだため、ホッジがボーナスタイムによってイエロージャージを獲得。しかし翌日から山岳の戦いが始まるため、ホッジは「これからはチームメイトのために働きたい」とコメント。第4ステージは後半にかけて4つの1級山岳をこなし、残り1kmを切ってから15%オーバーの登りが登場するクライマー向きのレイアウトが設定されている。

イエロージャージを手にしたアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)イエロージャージを手にしたアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:Tour de Pologne
ツール・ド・ポローニュ2018第3ステージ結果
1位アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)3:09:59
2位ダニエル・マクレー(イギリス、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
3位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)
4位サーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
5位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)
6位ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード)
7位ミケル・モルコフ(デンマーク、クイックステップフロアーズ)
8位マルク・サロー(フランス、グルパマFDJ)
9位ユルゲン・ルーランズ(ベルギー、BMCレーシング)
10位マイク・テウニッセン(オランダ、サンウェブ)
71位別府史之(日本、トレック・セガフレード)
個人総合成績
1位アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)9:25:27
2位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:02
3位イエンセ・ビエルマンス(ベルギー、カチューシャ・アルペシン)0:00:05
4位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)0:00:15
5位ミカル・パルタ(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)0:00:16
6位ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード)0:00:18
7位マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)
8位ヤン・バークランツ(ベルギー、アージェードゥーゼール)
9位アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシング)0:00:19
10位マティアス・ルトゥルニエ(フランス、コフィディス)0:00:20
ポイント賞
1位アルバロホセ・ホッジ(コロンビア、クイックステップフロアーズ)58pts
2位ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード)50pts
3位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)49pts
山岳賞
1位ミカル・パルタ(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)3pts
2位アダム・スタホヴィアク(ポーランド、ポーランドナショナル)1pt
3位カミル・グラデク(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)1pt
チーム総合成績
1位トレック・セガフレード28:17:27
2位クイックステップフロアーズ
3位ミッチェルトン・スコット
text:Kei Tsuji
photo:Tour de Pologne
Amazon.co.jp 
の画像 デザインファクトリー 計測機器 黒球付熱中症計 熱中症指標/WBGT/温度/湿度表示 CR2032電池使用 115158
カテゴリー: Photography
メーカー: ケンコー(Kenko)
最安価格: ¥ 4,560
アマゾン価格: ¥ 4,606
の画像 ミドリ安全 塩熱サプリ 30g(24粒入り)
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: ミドリ安全
参考価格: ¥ 598
最安価格: ¥ 510
アマゾン価格: ¥ 598
の画像 シチズン コードレス温湿度計(簡易熱中症指標表示付き) THD501
カテゴリー: Home
メーカー: シチズンシステムズ
最安価格: ¥ 4,343
アマゾン価格: ¥ 4,343