イタリア御三家の一角を担う、老舗ブランド・コルナゴや、アウトウェット、LASなどを取り扱うエヌビーエス。五反田にて開催された2019年モデル展示会の様子をレポートします。



都下では40度を越える気温が観測されるほど猛暑に襲われた7月下旬、五反田でコルナゴやアウトウェット、LASといったブランドを取り扱う輸入代理店、エヌビーエスの展示会が開催された。スポーツサイクルの本場であるイタリアの空気を日本に伝える魅力的なブランドたちが一堂に会するとあり、多くの来場者が訪れた。

コルナゴ C64 UAEエミレーツカラーコルナゴ C64 UAEエミレーツカラー
トップチューブにはエミレーツのロゴがトップチューブにはエミレーツのロゴが シートチューブ裏側にイタリアントリコロールが入るシートチューブ裏側にイタリアントリコロールが入る


最も多くの面積を占めていたのは、もちろんコルナゴだ。このイタリアの老舗は、今年からブランドロゴをよりモダンな書体へとアップデートし、歴史と伝統だけでなく、最新のトレンドへとキャッチアップしていく姿勢を見せてくれた。

会場正面には、昨年デビューした新型フラッグシップバイク「C64」が。発表から1年が経過した今も、C64が放つオーラは健在。2019年モデルでも特にスペックに変更は加えられないが、UAEエミレーツ仕様のカラーリングが新たに加わった。

また、今年の10月より、アップライトなポジションを可能にするヘッドチューブを延長した”HIGH”ジオメトリーを採用したフレームも生産されるようになる。オーセンティックなC64の魅力に心惹かれつつも、そこまでレーシーなポジションを必要としないオトナなライダーたちにとって、朗報といえるはず。

新色のマットレッドをまとうCONCEPT新色のマットレッドをまとうCONCEPT
C64とともに、コルナゴロードバイクの頂点を守る2台が、エアロロードのCONCEPTとヒルクライムモデルのV2-r。これらも継続モデルとなるが、新たなカラーが加わりさらに魅力的なラインアップへとアップデートを果たした。

そして、2019モデルの最注目モデルとなるのが、新モデルとなる「CLX」だ。モデル名としては、以前からコルナゴのミドルグレードバイクとして長い間存在してきたが、昨年モデルではラインアップされず。コルナゴファンから惜しまれていたバイクが、1年のブランクを経ての復活となる。

2019の注目モデルのCLX2019の注目モデルのCLX
シートポストもラウンド形状にシートポストもラウンド形状に ケーブルはインターナル仕様だケーブルはインターナル仕様だ

ブレーキはノーマルモデルへと変更されたブレーキはノーマルモデルへと変更された スレッドフィット82.5を採用するスレッドフィット82.5を採用する


5代目として復活したCLXは、いうなればV2-rの弟分。フレアしたシートステイ端部や、インテグレートデザインのヘッド周り、スレッドフィット82.5といった基本的なフレーム設計はV2-rからしっかりと受け継ぎつつ、より扱いやすいスペックを与えられている。

大きな違いは、シートポストとブレーキキャリパーの2箇所だろう。カムテール形状の専用シートポストを採用していたV2-rに対し、CLXは汎用的なラウンドタイプとされる。また、ブレーキもV2-rのダイレクトマウントから、ノーマルタイプへ。これらのスペック変更により価格を抑え、手の届きやすいコルナゴレーシングバイクとしてデビューした。

細身のシルエットが魅力的なEPOCA細身のシルエットが魅力的なEPOCA ロードレーサーに近いジオメトリのVORREIロードレーサーに近いジオメトリのVORREI


今年で30周年を迎えるMASTER今年で30周年を迎えるMASTER 美麗で複雑な意匠のラグが特徴のアラベスク美麗で複雑な意匠のラグが特徴のアラベスク


他にも、エントリーカーボンロードのC-RSがイタリア本国のカラーリングを採用したことや、コルナゴ30周年を記念したArabesqueの復刻生産モデル、日本限定モデルとなったアルミバイクA2-r、更にはコルナゴファンのセカンドバイクとしても人気があるというクロスバイクシリーズ、VORREIとEPOCAなど、魅力的なラインアップが勢ぞろいした。

さて、コルナゴ以外にも様々なブランドを擁するエヌビーエス。イタリアのハイテクアンダーウエアブランドのアウトウェットからは、ついにアウターウエアが登場。レッドフッククリテで総合優勝した女子チーム、「WHY BE NORMAL?」へ供給するアパレルがお披露目された。

アウトウェットからはアウターウエアが登場アウトウェットからはアウターウエアが登場
アヴァンギャルドなグラフィックのジャージも用意されるアヴァンギャルドなグラフィックのジャージも用意される
もともと、ファブリックメーカーを母体とするアウトウェットの強みを生かし、他社のハイエンドモデルに匹敵する高機能な生地を使用しつつも、1万円台という手に取りやすい価格に抑えていることが特長。そして普段使いしやすいシンプルなグラフィックと、レッドフック出身らしいアバンギャルドなカラーの双方をラインアップすることも大きな特徴だ。

さらに、メインプロダクトとなるアンダーウエアもモデルチェンジを果たす。優れた吸汗速乾性を持つ粗目のメッシュが特徴的だったアウトウェットの夏用アンダー LP-1が、「ALTER EGO」へとアップデート。乳首周りの擦れや透けが気になる、という意見を受けて、その部位をノンメッシュ仕様にするとともに、更に軽量化を推し進めた。アルターエゴというモデル名の示す通り、もう一つの人格のようにぴったりとフィットするアンダーへと進化した。

LASの新型モデル VIRTUSLASの新型モデル VIRTUS
ヘルメットのLASからは、新たなハイエンドモデル、VIRTUSシリーズが登場。長い間同社の代名詞と言われたVICTORYの後継モデルとなるレーシングヘルメットとなる。軽く、コンパクト、そしてエアロダイナミクスとクーリング性能という最新のヘルメットに求められる要素を満たすため、2年の開発期間を経てデビューした。カーボン製のフレームを使用し、安全性を追求したVIRTUS CARBONと、ノーマルモデルの2種がラインアップされる。

また、新たに取り扱いが始まる新ブランドもお目見え。一つはイタリアのシューズブランド・CRONO(クロノ)。有名ブランドのOEMを手掛けてきたメーカーで、その高い技術を駆使したシューズをラインアップする。フラッグシップとなるCR-1はBoaクロージャ―やタン一体式のアッパーなど、最先端のスペックに加え、ソールスターのインソールを標準で装備するラグジュアリーな一足だ。

イタリアからやってきたシューズブランド クロノイタリアからやってきたシューズブランド クロノ
インソールにはソールスターが付属するインソールにはソールスターが付属する 独創的なクロージャ―パターンが採用される独創的なクロージャ―パターンが採用される


様々なBB規格に対応するコゲル様々なBB規格に対応するコゲル フルセラミックで優れた回転性能を持つプーリーもラインアップするフルセラミックで優れた回転性能を持つプーリーもラインアップする


アメリカからやってきたのは、ベアリングを得意とするKOGEL(コゲル)。テキサス生まれのこのブランドが武器とするのは、オンロード・オフロード用にチューニングを施したベアリングシールのテクノロジー。回転抵抗を追求したオンロードモデル、耐久性を狙ったオフロードモデルが用意されるのだ。

メインとなるプロダクトは、アルミ削り出しボディにセラミックベアリングを組み合わせた高品質なボトムブラケット。現在流通するほぼすべてのBBとスピンドル規格の組み合わせを網羅するラインアップで、悩めるサイクリストの救世主となるかもしれない。また、ディレイラープーリーもラインアップし、中でもフルセラミックベアリングを使用したスペシャルモデルの回転の軽さは特筆モノ。これから注目が集まりそうなブランドだ。

text&photo:Naoki.YASUOKA
Amazon.co.jp 
の画像 映画『リズと青い鳥』オリジナルサウンドトラック「girls,dance,staircase」
カテゴリー: Music
メーカー: ランティス
参考価格: ¥ 3,780
最安価格: ¥ 3,420
アマゾン価格: ¥ 3,780
の画像 映画『リズと青い鳥』ED主題歌「Songbirds」
カテゴリー: Music
メーカー: ランティス
参考価格: ¥ 1,296
最安価格: ¥ 1,296
アマゾン価格: ¥ 1,296
の画像 BEATLESS “Arm for the Outsourcers”
カテゴリー: Hobby
メーカー: アンクロン(Uncron)
参考価格: ¥ 3,240
最安価格: ¥ 3,780
アマゾン価格: ¥ 4,480