UCIグランフォンドの「ニセコクラシック」が7月7日から8日に開催され、男子140km総合は岡泰誠(イナーメ信濃山形)が総合優勝した。強豪市民レーサーが揃った140kmクラスを中心にレポートする。



尻別川沿いを行く140kmクラスの集団尻別川沿いを行く140kmクラスの集団 photo:Satoru Kato
UCIグランフォンド・ワールドシリーズとして今年3回目の開催となるニセコクラシック。グランフォンド・ワールド・チャンピオンシップの出場権を得られる大会として国内外に認知され、昨年を上回る1000人の参加者が集まった。参加者の内訳は、65%が北海道外、20%は海外からの参加者になるという。

カメラを向けると「morimori!」とポーズを決めてくれたカメラを向けると「morimori!」とポーズを決めてくれた photo:Satoru Katoニセコクラシック限定のラファTシャツニセコクラシック限定のラファTシャツ photo:Satoru Kato

クラスは140kmと70kmに分けられ、さらに5歳刻みの年齢別に分けられる。140kmの男子19歳以上49歳以下のクラスと、70kmの女子と男子の50歳以上のクラスがUCIグランフォンドとして行われる。各クラスの上位25%に、イタリアのヴァレーゼで開催されるグラウンフォンド・ワールド・チャンピオンシップへの出場権が与えられる。140kmの男子50歳以上、70kmの男子49歳以下、高校生のクラスは非UCIのクラスだ。

本格的なスタート台から発走するタイムトライアル本格的なスタート台から発走するタイムトライアル photo:Satoru Katoニセコの入り口・サンモリッツ大橋を往復するタイムトライアルのコースニセコの入り口・サンモリッツ大橋を往復するタイムトライアルのコース photo:Satoru Kato

今年はUCIグランフォンドとは別に、北海道車連主催のタイムトライアルレースが7日に行われた。コースは、ニセコの玄関口となるサンモリッツ大橋を往復する3km。短距離ながらもアップダウンに富み、思いのほかハードなコースだ。



男子140km 5人のスプリント勝負を制した岡泰誠が総合優勝

早朝の霧がかったニセコを行く集団早朝の霧がかったニセコを行く集団 photo:Satoru Kato
羊蹄山は雲の中羊蹄山は雲の中 photo:Satoru Katoスタート後、青空が広がる瞬間もあったスタート後、青空が広がる瞬間もあった photo:Satoru Kato

前日までの予報では雨の中のレースとなりそうだったが、8日朝には晴れ間も出るほどの天気になったニセコ周辺。スタート直後には青空が広がる時もあった一方、ニセコパノラマラインでは気温14℃の濃霧の中を走るなど、北海道の大自然を感じながらのレースとなった140kmクラス。今年も3つのグループに分けて1分間隔でスタート。最終的に第1グループと第2グループが合流した。

登りでは森本誠(GOKISO)と岡泰誠(イナーメ信濃山形)がペースを作る登りでは森本誠(GOKISO)と岡泰誠(イナーメ信濃山形)がペースを作る photo:Satoru Kato
山岳賞は斉藤侑生(ハヤサカサイクルレーシングチーム)が先頭通過山岳賞は斉藤侑生(ハヤサカサイクルレーシングチーム)が先頭通過 photo:Satoru Kato濃霧の中ダウンヒルへ濃霧の中ダウンヒルへ photo:Satoru Kato

散発的なアタックが繰り返されたのち、30km過ぎから始まるKOMに向けての登りで、森本誠(GOKISO)と岡泰誠(イナーメ信濃山形)がペースアップし、集団が長く引き伸ばされる。最初のKOMまでに約20人ほどの先頭集団が形成され、その後のニセコパノラマラインの長い下りへ。

70km付近から単独で飛び出した林裕也(チーム輪駄)70km付近から単独で飛び出した林裕也(チーム輪駄) photo:Satoru Kato90km付近から飛び出した雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド)90km付近から飛び出した雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド) photo:Satoru Kato

コース中間点の70kmを過ぎたあたりから林裕也(チーム輪駄)、90km過ぎからは雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド)が単独で先行。1分ほどの差をつけるものの、集団が吸収する。ペースダウンした集団は後方から30人ほどの集団が合流。一時50人ほどの集団になったものの、残り40kmからのアップダウンで再び分裂。残り10kmまでに5人が先行する。メンバーは、森本、岡、昨年総合優勝の田崎友康(F(t)麒麟山Racing)、岩島敬太(MIVRO)、紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)。

岡泰誠(イナーメ信濃山形)が140km総合優勝岡泰誠(イナーメ信濃山形)が140km総合優勝 photo:Satoru Kato
140km総合2位 紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)140km総合2位 紺野元汰(SBC Vertex Racing Team) photo:Satoru Kato昨年優勝の田崎友康(F(t)麒麟山Racing)は総合3位昨年優勝の田崎友康(F(t)麒麟山Racing)は総合3位 photo:Satoru Kato

終盤のアップダウンで森本が揺さぶるが、優勝候補が揃った中では誰も遅れず、最後のスプリント勝負へ。残り100m、フィニッシュまでの登りストレートを先頭で登ってきたのは岡。追いすがる紺野と田崎を振り切ってフィニッシュゲートに飛び込んだ。

140km総合1位の岡泰誠(イナーメ信濃山形・左)と2位の紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)140km総合1位の岡泰誠(イナーメ信濃山形・左)と2位の紺野元汰(SBC Vertex Racing Team) photo:Satoru Kato140km総合優勝 岡泰誠コメント
「レース序盤の登りから森本さんを焚きつけて一緒にペースを上げていき、人数を絞っていきました。最後に残ったのはある程度予想していたメンバーではありましたが、紺野選手はスプリントが強いので残したくなかったですね。その時点で『やってしまった』と思いましたが、残り1kmでペースが緩んだので、早駆けして前待ちし、後ろから来たら合わせるようにしていきました」

140km総合2位 紺野元汰コメント
「あまり得意とは言えないコースで最後まで残れたので絶対勝てると思っていたのですが、スプリントになった時にマークしてなかったのが岡選手でした。途中の登りで一番力があると思っていたのは岡選手でしたが、スプリントで負けるとは思っていませんでした。最後はけっこうな差をつけられてしまったのが悔しいですね。次はツール・ド・おきなわ市民200kmで、打倒高岡さんが目標です」

男子140km 19歳-34歳 表彰式男子140km 19歳-34歳 表彰式 photo:Satoru Kato男子140km 35歳-39歳 表彰式男子140km 35歳-39歳 表彰式 photo:Satoru Kato



男子70kmクラスは、昨年総合優勝した西谷雅史(チームオーベスト)を破って荒瀧隆公(Innocent)が総合優勝。女子は手塚悦子(IMEレーシング)が総合優勝した。

男子70km 50歳-54歳 表彰式男子70km 50歳-54歳 表彰式 photo:Satoru Kato女子70km 19歳-34歳 表彰式女子70km 19歳-34歳 表彰式 photo:Satoru Kato
ニセコクラシック2018 結果
男子140km 総合
1位岡 泰誠(イナーメ信濃山形)3時間35分54秒(36.96km/h)
2位紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)+3秒
3位田崎友康(F(t)麒麟山Racing)+4秒
4位森本 誠(GOKISO)+11秒
5位岩島啓太(MIVRO) +20秒
6位松木健治(VC Fukuoka)+2分9秒
男子70km 総合
1位荒瀧隆公(Innocent) 1時間56分24秒(34.53km/h)
2位西谷雅史(チームオーベスト)+1分46秒
3位苗村 徹(VC Veloce)+2分47秒
4位吉澤祐介(Team SHIDO)+2分49秒
5位藤原龍治(チームParadiso)+2分50秒
6位木村公一+2分52秒
女子70km 総合
1位手塚悦子(IMEレーシング)2時間2分44秒(32.75km/h)
2位米田和美(MOPS)+2分39秒
3位榎本美帆(MIVRO)+3分32秒
4位盛永母映(F(t)麒麟山Racing)+4分8秒
5位廣瀬博子(Pedalist)+5分39秒
6位藤村祥子(MOPS)+5分59秒
text&photo:Satoru Kato
フォトギャラリー 
Amazon.co.jp 
の画像 ニセコパウダーヒストリー―ひらふスキー場リフト開業50年
カテゴリー: Book
出版社: ひらふスキー場発達史刊行委員会
の画像 スロウな旅北海道別冊7 ニセコ山麓
カテゴリー: Book
出版社: クナウマガジン
最安価格: ¥ 1,296
アマゾン価格: ¥ 1,296
の画像 YOUは何しに日本へ? マーティン&ニセコYOU編 [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: アニプレックス
参考価格: ¥ 3,024
最安価格: ¥ 2,436
アマゾン価格: ¥ 2,436