7月15日(日)、群馬サイクルスポーツセンターにて今年で3回目となるロードレースイベント「CycleClub.jp Race&Ride」が開催される。手軽なエントリーフィー、ビギナーにうれしい試走時間帯のライド、1日を無駄なく使える早朝スケジュールなど、気軽に参加できるイベントだ。


3回目の開催を迎えるCycleClub.jp Race&Ride3回目の開催を迎えるCycleClub.jp Race&Ride (c)CycleClub.jp
群馬県みなかみ町にある群馬サイクルスポーツセンター。実業団レースをはじめとして様々なサイクルイベントが開催され、多くのサイクリストになじみのあるサーキットを舞台として「誰でも気軽に参加できる」をテーマに開催されるロードレースが「CycleClub.jp Race&Ride」だ。

このレースを主催するのは、地元群馬を中心に活動するサイクリングコミュニティ「CycleClub.jp」。月1回のペースで開催され県内外から多くの参加者を集めるクラブライドをはじめ、「前橋シクロクロス」の運営も行っている。ロードレースにもっと気軽に、より多くの人が関心を持って参加してほしいとの想いでこの大会を運営している。昨年は127名が参加し大盛況だったようだ。

群馬CSCで開催される「CycleClub.jp Race&Ride」。昨年大会では127名のライダーが参加し、トップグループではハイレベルなレースが行われた群馬CSCで開催される「CycleClub.jp Race&Ride」。昨年大会では127名のライダーが参加し、トップグループではハイレベルなレースが行われた (c)CycleClub.jp
主催は地元群馬を中心に活動するサイクリングコミュニティ「CycleClub.jp」主催は地元群馬を中心に活動するサイクリングコミュニティ「CycleClub.jp」 (c)CycleClub.jpレース前の試走時間帯には、ビギナー向けに試走を兼ねた集団走行が行われる。コース攻略のポイントも聞くことができるかも?レース前の試走時間帯には、ビギナー向けに試走を兼ねた集団走行が行われる。コース攻略のポイントも聞くことができるかも? (c)CycleClub.jp


コースは群馬サイクルスポーツセンターをフルに使う6kmコース。スタンダードクラスは5周(30km)。小学生以上ならだれでも参加できる、初心者にもお勧めのショートクラスは3周(18km)と、比較的短めのレースとなる。

レース終了時間が早いのも特徴で、午前6時に受付・試走が始まり、7時30分にはロードレースがスタートする。距離の長いスタンダードクラスでも8時過ぎには終わるため、朝はレースに参加してその後はツーリング、というように休日の楽しみ方が広がるのも魅力だ。例えば都内からの参加でも、午前中に帰宅して午後は家族サービス、なんてことも可能だ。

そして、レースだけがこの大会の全てではない。試走時間中の6時30分からビギナー向けにコース全体を使った”ライド”が行われ、他の参加者やスタッフとコミュニケーションを取りつつ試走することができる。ロードレース初心者にとっては集団走行に慣れるいい機会であるし、上級者からコース攻略のポイントを聞くのも良いだろう。

参加申込方法は、事前エントリー(2,000円)の他、当日エントリー(3,000円)にも対応しており、非常にリーズナブルだ。高校生以下は当日エントリー(1,000円)のみ受け付けている。

詳細はCycleClub.jpのサイトで確認することができる。


CycleClub.jp Race&Ride
開催日:2018年 7月15日(日) ※雨天決行
開催地:群馬サイクルスポーツセンター
種目:スタンダード(30km)、ショート(18km)
参加費:一般2,000円、学生1,000円(当日受付のみ)
参加方法:エントリーサイト(7月10日締切)または当日現金にて受付
主催:CycleClub.jp