アメリカのBMCレーシングが7月7日に開幕するツール・ド・フランスの出場予定メンバーを発表した。エースを担うのはツール・ド・スイスで総合優勝を飾ったリッチー・ポート(オーストラリア)。平均年齢が高めの経験豊かなライダーがタスマニア人を支える。


イエロージャージのリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)はステージ14位イエロージャージのリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)はステージ14位 photo:CorVos

初出場した6月のツール・ド・スイスで総合優勝を飾った33歳のポートが3年連続でBMCレーシングのエースを担う。山岳ステージで重要なアシスト役を担うのは、2012年と2014年にツール総合5位に入っているティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ)と2017年ツール・ド・スイス総合2位のダミアーノ・カルーゾ(イタリア)だ。

ルーベにフィニッシュする石畳ステージをはじめ、平坦コースではシュテファン・キュング(スイス)やミヒャエル・シェアー(スイス)、パトリック・ベヴィン(ニュージーランド)といった大柄な選手がポートのボディーガードを務める。丘陵ステージ〜中級山岳ステージではグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー)やサイモン・ゲランス(オーストラリア)がアシスト役を担うとともに、チャンスがあればステージ優勝を狙ってくるだろう。

最速タイムを叩き出したBMCレーシング最速タイムを叩き出したBMCレーシング photo:CorVos
「ツール・ド・フランスへの準備が整った。まだ完調とは言えない状態だったものの、ツール・ド・スイスでの総合優勝が自分にもチームにも自信を与えてくれた。高地トレーニングを経て、できることは全部やったと言える状態でツールの開幕を迎えたい」。ポートは自身7回目のツールに向けて準備ができている様子だ。

ポートはグランツール初出場となった2010年のジロ・デ・イタリアでマリアローザを着用するとともに、総合7位に入ってヤングライダー賞に輝いた。以降、11回グランツールに出場しており、総合最高位は2016年ツールで残した総合5位。2017年ツールではマイヨジョーヌ候補に挙げられながら第9ステージで落車し、右鎖骨と骨盤の骨折を負ってリタイアした。

BMCレーシングのスポンサー撤退に伴い、ポートのチーム移籍が有力視されている中で迎えるツール。「パリの表彰台に上りたい。もちろん何が起こるか分からないけど、毎日毎日、毎週毎週、着実にレースをこなしていきたい。強力なチームもいるし、コースも全体的に自分向き。開幕を迎えることを楽しみにしている」と、活躍を誓った。

今回のメンバー選出にあたり、ファビオ・バルダート監督は「ツール・ド・スイスでは、リッチーと他の5名のメンバーが毎日素晴らしい走りでジャージを守り抜いた。クリテリウム・デュ・ドーフィネで強力な走りを見せたダミアーノ・カルーゾと、チームTTで重要な役割を果たすパトリック・ベヴィンがそこに加わる。今回選んだ8名は3週間にわたってオールラウンドな走りを見せるだろう」と語っている。

イエロージャージを着て最後のロードステージを走るリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)イエロージャージを着て最後のロードステージを走るリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:CorVos
BMCレーシング出場メンバー
名前年齢出場回数総合最高位
リッチー・ポート(オーストラリア)33歳7回5位
ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ)29歳6回5位
ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)30歳3回11位
グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー)33歳5回38位
ミヒャエル・シェアー(スイス)31歳7回43位
サイモン・ゲランス(オーストラリア)38歳11回76位
シュテファン・キュング(スイス)24歳1回79位
パトリック・ベヴィン(ニュージーランド)27歳1回114位
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 僕のジロ・デ・イタリア
カテゴリー:
メーカー: 東京書籍
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥5,236
アマゾン価格: ¥1,760
の画像 最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング
カテゴリー:
メーカー: 日東書院本社
参考価格: ¥1,870
最安価格: ¥832
アマゾン価格: ¥1,870
の画像 世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニング:ツール・ド・フランスの科学
カテゴリー:
メーカー: 東京書籍
参考価格: ¥3,080
最安価格: ¥3,080
アマゾン価格: ¥3,080