ツール・ド・スイス最後の山岳ステージで27kmにおよぶロングアタックを成功させたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)が独走勝利。リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)がタイム差を失いながらもイエロージャージを守った。


美しいスイスの山岳風景の中を走る美しいスイスの山岳風景の中を走る photo:CorVos

ツール・ド・スイス2018第7ステージツール・ド・スイス2018第7ステージ photo:Tour de Suisseツール・ド・スイスの山岳3連戦最後を飾るのは超級山岳アローザ(全長27km/平均4.2%)の山頂フィニッシュ。残り30kmを切ったところから延々と登りが続き、平坦路に近い緩斜面もこなしながら標高を上げていく。残り4kmそこからフィニッシュまでの平均勾配は8.3%。獲得標高差2,800mの山岳ステージは、27名もの大きな逃げ集団が先行する展開で始まった。

ポートから総合で1分59秒差のタネル・カンゲルト(エストニア、アスタナ)やグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)、ゴルカ・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)、イゴール・アントン(スペイン、ディメンションデータ)といったトップ選手を含む逃げ集団。山岳賞ジャージを着るマーク・クリスティアン(イギリス、アクアブルースポート)は前半の3級山岳でポイントを重ねることに成功している。

逃げ集団はBMCレーシングが率いるメイン集団から3分30秒程度のリードで平坦区間を駆け抜けた。逃げに乗ったセバスティアン・エナオ(コロンビア)のためにイアン・スタナード(イギリス、チームスカイ)が力強い引きを見せたが、ステージ後半にモビスターが集団牽引に合流するとタイム差は縮小していく。2つのスプリントポイントを先頭で通過したマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)は合計12ポイントを獲得し、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)からポイント賞ジャージを奪うことに成功している。

逃げ集団の中からアタックするジョセフロイド・ドンブロウスキー(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)逃げ集団の中からアタックするジョセフロイド・ドンブロウスキー(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック) photo:CorVos
残り27km地点でメイン集団から抜け出したナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)残り27km地点でメイン集団から抜け出したナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター) photo:CorVos
逃げていたグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)がポートのために集団を牽引逃げていたグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)がポートのために集団を牽引 photo:CorVos
フィニッシュまで残り30kmを切り、逃げ集団は2分のリードで超級山岳アローザの登坂を開始する。今大会最後の難所が始まるとすぐ逃げ集団は崩壊し、先頭はグレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)やジョセフロイド・ドンブロウスキー(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)らが積極的な走りを見せる。

2分後方のメイン集団から最初に動いたのは総合6位/45秒差のナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)だった。超級山岳アローザの登りが始まってすぐ腰を上げて加速し、ダンシングを多用しながら2分41秒間にわたって460Wを出力したキンタナがライバルたちを引き離す。追いすがるポートやヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)との距離が広がっていった。

逃げていたチームメイトのビクトル・デラパルテ(スペイン、モビスター)に追いついたキンタナは、残り16km地点でそれまで逃げていたドンブロウスキーらを抜いて先頭に立つ。一時的にキンタナに40秒差をつけられたポートは、それまで逃げていたヴァンアーヴェルマートの力を借りて追走。登り中盤の緩斜面でヴァンアーヴェルマートの強力な牽引を得たポートはタイム差を25秒程度まで戻すことに成功する。

残り5kmを切って勾配が増したところでキンタナは独走に持ち込み、ポートも自らペースを上げて追走する。先頭キンタナと追走ポートのタイム差は残り3km地点で15秒程度。着実にタイム差を詰めたポートだったが、徐々にタイム差の縮小は鈍り、後方から追いついたフルサングと協力して前を追う形となる。

急勾配区間も難なくこなしたキンタナは、追いすがるフルサングとポートに22秒差をつけたまま独走でフィニッシュ。キンタナはラスト3km(平均9.8%)を所要時間9分32秒、平均18.6km/h、平均360Wで走行。対してポートのラスト3kmは所要時間9分30秒、平均18.7km/h、平均380Wだった。

残り5kmを切って自ら追走するリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)残り5kmを切って自ら追走するリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:CorVos
今シーズン初勝利を飾ったナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)今シーズン初勝利を飾ったナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター) photo:CorVos
22秒差でフィニッシュするヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)とリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)22秒差でフィニッシュするヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)とリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:CorVos
互いの健闘を称えるリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)とナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)互いの健闘を称えるリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)とナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター) photo:CorVos
今シーズン初勝利を飾るとともに、ボーナスタイムを加算して総合首位ポートと17秒差の総合2位までジャンプアップしたキンタナ。「自分の本当の状態を確かめたくてアタックした。幸いとても状態が良く、チームメイトたちの献身のおかげで素晴らしい結果を残すことができた。ツール・ド・フランス前に好調ぶりを見せ付けることができて良かったし、チームカーに乗るホセルイス・アリエッタ監督への良い誕生日プレゼントになったよ」と、"エル・コンドル"の異名をもつキンタナは語る。

「日曜日は大きな試練になる」とキンタナが語る通り、総合争いの行方は最終日の34.1km個人タイムトライアルに委ねられた。17秒差で総合首位を守ったポートは「今日のナイロ(キンタナ)の早いタイミングでのアタックは予想外だったけど、ティージェイ(ヴァンガーデレン)の力を借りて追走して、そこからグレッグ・ヴァンアーヴェルマートのスーパーアシストが始まった。長い距離を逃げ切ったナイロには脱帽。総合リードを失ったものの、脚の状態は良く、自分は決して悪いタイムトライアリストではないので、総合優勝に向けた準備はできている。日曜日のタイムトライアルが楽しみだ」と語る。

ステージ5位でフィニッシュしたウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)が52秒差の総合3位。ステージ6位のエンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)は総合4位に浮上するとともにヤングライダー賞ジャージを手にしている。

クマをゲットしたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)クマをゲットしたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター) photo:CorVos
17秒差でイエロージャージを守ったリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)17秒差でイエロージャージを守ったリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:CorVos
ポイント賞トップに立ったマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)ポイント賞トップに立ったマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ) photo:CorVos
ツール・ド・スイス2018第7ステージ結果
1位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)4:01:39
2位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)0:00:22
3位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)
4位グレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:38
5位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)
6位エンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)
7位イゴール・アントン(スペイン、ディメンションデータ)
8位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNLユンボ)0:00:50
9位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)
10位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:00:59
個人総合成績
1位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)26:06:10
2位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:00:17
3位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)0:00:52
4位エンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)0:00:53
5位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:01:13
6位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)0:01:28
7位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)0:01:31
8位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNLユンボ)0:01:37
9位シモン・スピラク(スロベニア、カチューシャ・アルペシン)0:01:48
10位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)0:02:26
ポイント賞
1位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)24pts
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)22pts
3位カルヴィン・ワトソン(オーストラリア、アクアブルースポート)19pts
山岳賞
1位マーク・クリスティアン(イギリス、アクアブルースポート)36pts
2位ネイサン・ハース(オーストラリア、カチューシャ・アルペシン)32pts
3位ロメン・シカール(フランス、ディレクトエネルジー)24pts
ヤングライダー賞
1位エンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)26:07:03
2位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:00:20
3位ビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル)0:02:22
チーム総合成績
1位アスタナ77:45:41
2位アージェードゥーゼール0:01:42
3位モビスター0:03:50
text:Kei Tsuji
photo:CorVos