35kmコースを平均スピード57.456km/hで駆け抜け、ライバルたちに37秒以上の大差をつけたチームスカイがクリテリウム・デュ・ドーフィネ第3ステージで勝利。ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)が総合首位に返り咲いた。


36分33秒のトップタイムで優勝したチームスカイ36分33秒のトップタイムで優勝したチームスカイ photo:CorVos
開催場所は違えど、ツール・ド・フランス第3ステージと同じ35kmという距離で行われたチームタイムトライアル。7月の本戦に向けての重要なリハーサルで、チームスカイが前半から飛ばした。

2つの中間計測ポイントをトップ通過したチームスカイは、後半にかけてさらにリードを広げる走りを披露する。3人のナショナルTTチャンピオン(クウィアトコウスキー、モスコン、カストロビエホ)にトーマスとゲオゲガンハートを加えた5人でフィニッシュラインに飛び込み、BMCレーシングに37秒、ロット・スーダルに52秒、そしてマイヨジョーヌのダリル・インピー(南アフリカ)擁するミッチェルトン・スコットに56秒の差をつけるタイムで優勝した。

「とても上手く走ることができた。滑らかで速く、完璧な走りだった。チームスカイ史上最高の走りだったと思う」。優勝メンバーの一人ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)はステージ優勝の走りをそう評した。

36分33秒のトップタイムで優勝したチームスカイ36分33秒のトップタイムで優勝したチームスカイ photo:CorVos
ステージ2位/37秒差 BMCレーシングステージ2位/37秒差 BMCレーシング photo:CorVos
ステージ3位/52秒差 ロット・スーダルステージ3位/52秒差 ロット・スーダル photo:CorVos
ステージ4位/56秒差 ミッチェルトン・スコットステージ4位/56秒差 ミッチェルトン・スコット photo:CorVos
第2ステージのフィニッシュ手前で落車して総合首位を失ったミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)は、インピーからマイヨジョーヌを奪い返すことに成功。今大会ステージ2勝目を飾ったクウィアトコウスキーは「昨日の落車の影響が少なくてホッとしている。チームとして勝利するのは最高の気持ち。35kmコースは一見単純に見えてリズムやスピードが常に変化する難しいものだった。でも、テクニックの面でも戦略の面でも今日は完璧な走りだった」と語った。

第3ステージを終えて総合トップ4をチームスカイが固める形となり、総合系の選手としてはダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)が52秒差、ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)が1分08秒差、アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)が1分17秒差で続く。トーマスは「明日からの厳しい山岳4連戦では毎日様子を見ながらの走りになる。いずれにしてもマイヨジョーヌを最後まで守りたい。確かに(戦略の上で)カードは何枚も持っているけど、厳しい戦いになるのは間違いない」と語っている。

ステージ16位のヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)はライバルチームから2分04秒のタイムロス。新城幸也は「35km追い風基調で、休める区間も無く常にペダルを回し続けなければならなかった。楽なチームタイムトライアルなんて無いことを改めて思い知らされた。さぁ、明日からの4日間は本格的な山岳ステージ、レースの始まりだ!(TEAMユキヤ通信より)」と語り、山岳での巻き返しを図る。

ステージ16位/2分04秒差 バーレーン・メリダステージ16位/2分04秒差 バーレーン・メリダ photo:CorVos
チームタイムトライアルを制したチームスカイチームタイムトライアルを制したチームスカイ photo:CorVos
マイヨジョーヌに返り咲いたミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)マイヨジョーヌに返り咲いたミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ) photo:CorVos
クリテリウム・デュ・ドーフィネ2018第3ステージ結果
順位チームタイム平均スピード
1位チームスカイ0:36:3357.456
2位BMCレーシング0:00:3756.477
3位ロット・スーダル0:00:5256.100
4位ミッチェルトン・スコット0:00:5656.025
5位クイックステップフロアーズ0:01:0155.876
6位トレック・セガフレード0:01:2655.263
7位アージェードゥーゼール0:01:2955.191
8位モビスター0:01:3155.166
9位ロットNLユンボ0:01:3255.118
10位グルパマFDJ0:01:3355.094
11位ディメンションデータ0:01:4154.926
12位EFエデュケーションファースト・ドラパック0:01:4454.854
13位ボーラ・ハンスグローエ0:01:4554.806
14位アスタナ0:01:4854.735
15位カチューシャ・アルペシン0:01:4954.735
16位バーレーン・メリダ0:02:0454.357
17位ヴィタルコンセプト0:02:2054.008
18位フォルトゥネオ・サムシック0:02:2553.892
19位コフィディス0:02:2753.823
20位UAEチームエミレーツ0:02:2853.823
21位ワンティ・グループゴベール0:03:1052.852
22位サンウェブ0:03:1952.654
個人総合成績
1位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)9:28:21
2位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)0:00:03
3位ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)0:00:09
4位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:00:21
5位ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)0:00:48
6位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)0:00:52
7位ジョセフ・ロスコフ(アメリカ、BMCレーシング)0:00:53
8位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)0:00:54
9位イェンス・クークレール(ベルギー、ロット・スーダル)0:01:01
10位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)0:01:08
ポイント賞
1位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)45pts
2位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)45pts
3位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)31pts
山岳賞
1位ブリース・フェイユ(フランス、フォルトゥネオ・サムシック)9pts
2位ピエールリュック・ペリション(フランス、フォルトゥネオ・サムシック)9pts
3位ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)8pts
ヤングライダー賞
1位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)9:28:24
2位ローレンス・デプルス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)0:01:13
3位ティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)
チーム総合成績
1位チームスカイ27:12:09
2位BMCレーシング0:00:56
3位ロット・スーダル0:01:09
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2018年8月号
カテゴリー: Book
著者: CYCLE SPORTS編集部
出版社: 八重洲出版
最安価格: ¥ 820
アマゾン価格: ¥ 820
の画像 BiCYCLE CLUB(バイシクルクラブ) 2018年 8月号(特別付録:創刊400号記念 特製シューズバッグ)
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 1,000
アマゾン価格: ¥ 1,000
の画像 サイクルパーツオールカタログ 2018-2019 (ヤエスメディアムック560)
カテゴリー: Book
出版社: 八重洲出版
最安価格: ¥ 2,268
アマゾン価格: ¥ 2,268