6月3日、第70回クリテリウム・デュ・ドーフィネが開幕。初日の6.6kmプロローグ(個人TT)でミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)がトップタイムをマークし、大会初日にマイヨジョーヌを獲得した。


ツアー・オブ・ジャパンでの落車負傷から復帰した新城幸也(バーレーン・メリダ)ツアー・オブ・ジャパンでの落車負傷から復帰した新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:CorVos
ローヌ川沿いの町バランスで開幕したツール・ド・フランス前哨戦ドーフィネ。初日は顔見せ要素の強い6.6kmの平坦コースを走るプロローグ(定義は8km以下の個人タイムトライアル)。天候悪化の予報が出ていたが雨は降らず、153名の選手たちが1分間隔でドライなコースに飛び出した。

ツアー・オブ・ジャパンで落車負傷した新城幸也(バーレーン・メリダ)はトップと38秒差のステージ113位で復帰戦を終えている。「今日は最下位にならなくて、ホットしました(笑)レースは明日からが本番。落車の後、強制的に休んだ結果、身体はフレッシュになったので毎日全力で走るだけです(TEAMユキヤ通信より)」と、7月のツールに向けての重要なセレクションレースに気合いを入れる。

新城のチームメイトで、5月にかけて数週間の高地トレーニングを行っていたヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)や、ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)といったマイヨジョーヌ候補たちはトップから23〜24秒差というまずまずのタイムで初日を終えている。

マイヨジョーヌ候補の中で好タイムをマークしたボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)はトップから7秒差。イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)やマルク・ソレル(スペイン、モビスター)、アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)も概ね20秒前後の遅れに抑えている。2017年大会総合3位のダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)は29秒差、2017年ツール山岳王ワレン・バルギル(フランス、フォルトゥネオ・サムシック)は49秒差だった。

ステージ73位/29秒差 ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)ステージ73位/29秒差 ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
ステージ3位/4秒差 ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)ステージ3位/4秒差 ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ) photo:CorVos
ステージ2位/1秒差 ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)ステージ2位/1秒差 ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:CorVos

ステージ優勝を飾ったミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)ステージ優勝を飾ったミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ) photo:CorVos
ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)やヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)といった平坦系TTスペシャリストたちが上位に入る中、中間計測ポイント(3.5km地点)を最速タイムを更新したのはミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)。前半区間を平均54.1km/hで駆け抜けたポーランドのTTナショナルチャンピオンは、フィニッシュに向かう高低差30m弱の登りを含む後半区間にかけてもハイペースを維持。平均53.4km/hで6.6kmコースを駆け抜け、ファンエムデンに1秒差をつけたクウィアトコウスキーが7分25秒のトップタイムで優勝した。

「このドーフィネとツールに向けて2週間にわたる良い高地トレーニングをこなせていた。勝つことを考えて走らない限り良い結果はついてこない。とは言え40日間レースを離れていたので結果には驚いている。昨日が自分の誕生日で、しかもナショナルチャンピオンジャージを着て走る最後の個人TTだったので、この勝利にはとても満足している」と、TTスペシャリストたちを打破したティレーノ〜アドリアティコ総合優勝者は語る。

一方、クウィアトコウスキーとダブルエースとしてチームスカイを率いる予定だったゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)は前半からハイペースで走りながらも中盤の右コーナーで前輪を滑らせて落車した。背中や腰を打ちつけながらもすぐに再スタートしたトーマスは中間計測ポイント(3.5km地点)でクウィアトコウスキーから18秒差。落車後にもかかわらず後半区間3.1kmをクウィアトコウスキーから3秒差というハイペースを刻んでフィニッシュし、21秒差のタイムにまとめている。

「攻めないでおこうと思ったコーナーで前輪を滑らせた。試走よりもゆっくりコーナーに進入したと思ったけど、そうではなかったみたいだ。落車で20秒前後のタイムを失って不本意ではあるけど、総合のライバルたちからタイムを失わずに済んだと前向きに捉えたい」とトーマスは語る。チームスカイは他にもジャンニ・モスコン(イタリア)を3秒差のステージ3位、ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)を9秒差のステージ9位に送り込み、第3ステージのチームTTに向けて調子の良さをうかがわせた。

落車しながらも21秒差にまとめたゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)落車しながらも21秒差にまとめたゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:CorVos
大会初日にマイヨジョーヌを獲得したミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)大会初日にマイヨジョーヌを獲得したミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ) photo:CorVos
クリテリウム・デュ・ドーフィネ2018プロローグ結果
順位名前タイム平均スピード
1位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)0:07:2553.393
2位ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)0:00:0153.274
3位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)0:00:0353.036
4位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:0552.800
5位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、EFエデュケーションファースト)52.800
6位マティアス・ブランドル(オーストリア、トレック・セガフレード)0:00:0652.683
7位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)0:00:0752.566
8位イェンス・クークレール(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:0952.335
9位ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)52.335
10位ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)0:00:1152.105
17位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)0:00:1451.765
29位イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)0:00:1851.317
39位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)0:00:2051.097
41位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)0:00:2150.987
42位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)50.987
43位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)50.987
48位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:00:2350.769
58位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:2450.661
73位ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)0:00:2950.127
82位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:3249.811
113位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)0:00:3849.193
139位ワレン・バルギル(フランス、フォルトゥネオ・サムシック)0:00:4948.097
個人総合成績
1位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)0:07:25
2位ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)0:00:01
3位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)0:00:03
4位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:05
5位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
6位マティアス・ブランドル(オーストリア、トレック・セガフレード)0:00:06
7位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)0:00:07
8位イェンス・クークレール(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:09
9位ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チームスカイ)
10位ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)0:00:11
ポイント賞
1位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)15pts
2位ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)12pts
3位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)10pts
ヤングライダー賞
1位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)0:07:28
2位アレクサンダー・エドモンソン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:08
3位バンジャマン・トマ(フランス、グルパマFDJ)0:00:11
チーム総合成績
1位チームスカイ0:22:27
2位ロット・スーダル0:00:17
3位ロットNLユンボ
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 ロードバイク パワー&スキルアップ教本
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 1,620
アマゾン価格: ¥ 1,620
の画像 How the Race Was Won: Cycling's Top Minds Reveal the Road to Victory
カテゴリー: Book
著者: Cossins Peter
出版社: Velopress
参考価格: ¥ 2,203
最安価格: ¥ 2,101
アマゾン価格: ¥ 2,101
の画像 フランス人ママン 「強く生きる子」を育てる75の言葉
カテゴリー: Book
著者: 荒井好子
出版社: 河出書房新社
最安価格: ¥ 1,512
アマゾン価格: ¥ 1,512