国内最高峰のステージレース、ツアー・オブ・ジャパンに出場した海外チームのバイクを紹介する記事後編。NIPPOヴィーニファンファンティーニ・エウロパオヴィーニ、チーム右京、ベネロング・スイスウェルネス、HKSIそしてチームイルミネイトという5チームを取り上げる。



NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ
デローザ PROTOS


マルコ・カノラ(イタリア)のデローザ PROTOS(スペアバイク)マルコ・カノラ(イタリア)のデローザ PROTOS(スペアバイク) photo:So.Isobe
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)のシルバーカラーダミアーノ・クネゴ(イタリア)のシルバーカラー photo:Satoru Kato
引退を予定しているダミアーノ・クネゴや、昨年大会ステージ3勝、ジャパンカップで優勝したマルコ・カノラ(イタリアン)という2人のキャプテンが出場したことでも注目を集めたNIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ。長年チームとの協力体制を敷くデローザのPROTOSがメインバイクだ。大多数の選手はオレンジカラーを使用するが、クネゴにはシルバーの、カノラにはブルーとブラックのスペシャルカラーが供給されている。

クネゴのバイクには市販品とは異なるロゴのついたタイヤがセットされていたクネゴのバイクには市販品とは異なるロゴのついたタイヤがセットされていた photo:So.IsobeチューブレスのFORMULA PRO RBCCをセット。28cと非常にワイドだチューブレスのFORMULA PRO RBCCをセット。28cと非常にワイドだ photo:Satoru Kato

カンパニョーロのSUPER RECORD EPSをセットするカンパニョーロのSUPER RECORD EPSをセットする photo:Satoru Katoロングケージタイプのリアディレイラーを使用しているロングケージタイプのリアディレイラーを使用している photo:Satoru Kato


コンポーネントはカンパニョーロのスーパーレコードEPS、ホイールは同BORA ULTRA、ハンドル周りはFSA/ヴィジョン、サドルはセライタリアと極めてイタリア色濃いアッセンブリーが特徴。イタリア以外のブランドと言えばパワーメーター(POWER2MAX、ドイツ)とタイヤ(IRC、日本)、ペダル(ルック、フランス)程度。コンポーネントではワイドレシオのカセットに対応するため、ロングケージタイプのリアディレイラーを使うことが昨年との差異だという。

タイヤは昨年までチューブラーモデルがメインだったが、今年はチューブレスとクリンチャーへと変更になった事が特筆される。IRCのFORMULA PROシリーズやASPITE PROをはじめ、市販品とはロゴが異なるテスト品と思われるタイヤが取付けられたスペアバイクも存在した。

なお、クネゴはBORA ULTRAではなく、アルミホイールのSHAMAL ULTRAを使用することが多かった。



チーム右京
フジ SL1.1、TRANSONIC 1.1


畑中勇介(チーム右京)の、全日本チャンピオンカラーに塗られたフジ SL1.1畑中勇介(チーム右京)の、全日本チャンピオンカラーに塗られたフジ SL1.1 photo:So.Isobe
畑中勇介自身がREMIXでデザインしたというチャンピオンカラー畑中勇介自身がREMIXでデザインしたというチャンピオンカラー photo:So.IsobeフジのカラーオーダーシステムREMIX(リミックス)を使った煌びやかなペイントフジのカラーオーダーシステムREMIX(リミックス)を使った煌びやかなペイント photo:So.Isobe


ディフェンディングチームとしてツアー・オブ・ジャパンに参戦したチーム右京。シーズンの切り替わりを境にガノーからフジにスイッチしており、メンバーの好みによって軽量オールラウンダーのSL1.1、もしくはエアロロードのTRANSONICが供給されている。全日本王者の畑中勇介のみ両モデルを乗り分けているという。また、レースでは使用されなかったものの、ディスクブレーキ仕様のSLがチームカーのルーフ上に載せられアピールされていた。

光の当たり具合で色が変わるペイントは、フジのカラーオーダーシステムREMIX(リミックス)でオーダーしたもの。ホワイトベースで赤の差し色が入る畑中の全日本チャンピオンカラーは、シーズン前に畑中自身がREMIXでデザインを行なったという。

サドルはアスチュート各種を使い分けるサドルはアスチュート各種を使い分ける photo:So.Isobe選手によってSL1.1とTRANSONIC 1.1を乗り分ける選手によってSL1.1とTRANSONIC 1.1を乗り分ける photo:So.Isobe

ハンドル類はPRO。ブライトンのコンピュータを使用するハンドル類はPRO。ブライトンのコンピュータを使用する photo:So.Isobeチームカーのルーフ上にはディスクブレーキ仕様のSLが搭載されていたチームカーのルーフ上にはディスクブレーキ仕様のSLが搭載されていた photo:So.Isobe


コンポーネントはR9150系デュラエースDi2で、ホイールも同C40とC60。フラットな東京ステージではロドリゴ・アラケ(スペイン)はよりリムハイトの高い9000世代のC75を使用していた。ハンドルやステム、シートポスト、ボトルケージはPRO製品で統一される。

また、タイヤはヴィットリアのCORSA、サドルはアスチュート。サイクルコンピュータにブライトンを使用することも特徴だ。



ベネロング・スイスウェルネス
サーヴェロ R5、S5


ベネロング・スイスウェルネスのサーヴェロ R5、S5ベネロング・スイスウェルネスのサーヴェロ R5、S5 photo:So.Isobe
タイヤはシュワルベのPRO ONE HT。27mm幅を使用していたタイヤはシュワルベのPRO ONE HT。27mm幅を使用していた photo:So.Isobeシマノのスポンサードを受けているため、ローターのクランク(POWER2MAXのパワーメーター)を使う選手はロゴの目隠しをしていたシマノのスポンサードを受けているため、ローターのクランク(POWER2MAXのパワーメーター)を使う選手はロゴの目隠しをしていた photo:So.Isobe


ジェネシス・ウェルスアドバイザーとして活動した2011年にネイサン・ハース(オーストラリア、現カチューシャ・アルペシン)がジャパンカップで優勝するなど、日本のレースでもお馴染みのベネロング・スイスウェルネス。アイソウェイスポーツ・スイスウェルネスとして活動した2017年からサーヴェロの機材供給を受けており、そのトップモデルであるS5とR5を乗り分けている。

今回はスプリンターのアンソニー・ジャコッポ(オーストラリア)がS5を駆り、ヤングライダージャージを獲得したクリス・ハーパー(オーストラリア)ら他メンバーがR5。シマノのサポートチームであり、コンポーネントはR9150系デュラエースDi2で統一されていたが、パワーメーターはパイオニアやPOWER2MAX(+ローター製クランク)、ステージズなど各ブランドが混在していた。

デュラエースのC40またはC60ホイールに組み合わせるタイヤはシュワルベのPRO ONE HT。27mm幅とかなりワイドなモデルを選んでいることが特徴だ。その他ハンドルとステムはPROで、サドルはプロロゴ。



HKSIプロサイクリング
ジャイアント TCR ADVANCED SL、PROPEL ADVANCED SL


HKSIプロサイクリングのPROPEL ADVANCED SLHKSIプロサイクリングのPROPEL ADVANCED SL photo:So.Isobe
実質上香港のナショナルチームであるHKSIプロサイクリングチームは、ジャイアントのバイクを使用する。旧型のバイクを使い続けており、かなり使い込まれた感のある先代PROPELやTCRが主力機だ。

2016年のアジア選手権優勝をきっかけに2年間オリカ(現ミッチェルトン・スコット)に所属したチェン・キンロ(香港)は、2014年モデルのPROPEL ADVANCED SLにR9150系デュラエースDi2と旧世代のSRM+7900世代のデュラエースチェーンリングという現在と過去が混在するバイクに乗っていた。ホイールは9000世代のデュラエースで統一されており、リムに刻まれた大小の傷、窪んだブレーキ面など歴戦の印が刻み込まれていた。

現行型のTCR ADVANCED SLを使用する選手も現行型のTCR ADVANCED SLを使用する選手も photo:So.Isobe歴戦の痕が刻み込まれたホイール。ブレーキトラックは大きく窪んでいた歴戦の痕が刻み込まれたホイール。ブレーキトラックは大きく窪んでいた photo:So.Isobe

コンチネンタル COMPETITIONタイヤの幅は22mmコンチネンタル COMPETITIONタイヤの幅は22mm photo:So.Isobe旧世代のSRMクランクと7800系デュラエースのチェーンリング、R9150系デュラエースのフロントディレイラー旧世代のSRMクランクと7800系デュラエースのチェーンリング、R9150系デュラエースのフロントディレイラー photo:So.Isobe


タイヤはコンチネンタルのCONPETITONで、なぜかライトウェイトのロゴ入り製品も。ラウ・ウェンヤゥ(香港)のタイヤは今ではめっきり見なくなった22mm幅だった。チェーンはX11EL TI-GOLDでそれぞれ統一。また、女性用のエアロモデルENVIEがスペアバイクとしてチームカーのルーフ上に乗っており、バイクチョイスの真意は不明。



チームイルミネイト
スペシャライズド S-WORKS Tarmac他


スポンサー企業名を一切廃したチームジャージを着用し、女子チームには樫木祥子も所属しているアメリカ籍のチームイルミネイト。スペシャライズド本社のロード関連プロダクトマネージャーと選手活動を兼業し、ツアー・オブ・ジャパンでは総合10位に入った「業界最速の男」キャメロン・パイパー(アメリカ)の存在が面白い。

スペシャライズド本社開発スタッフとしての顔を持つキャメロン・パイパー(アメリカ、チームイルミネイト)と、S-WORKS Tarmacスペシャライズド本社開発スタッフとしての顔を持つキャメロン・パイパー(アメリカ、チームイルミネイト)と、S-WORKS Tarmac photo:So.Isobe
先代のTarmacを使う選手が多いが、パイパーは開発スタッフらしく最新モデルに乗る。ディスクブレーキモデルも所有しているそうだが、チーム内での機材共有やニュートラルサポート面を踏まえて実戦投入はしていないという。スペアとして旧型のVengeもチームカーのルーフ上に載せられていた。

ホイールはロヴァール各種を使い分け、パイパーは前CLX32、後CLX50という組み合わせが基本。前身のエアガス・セーフウェイ時代からIRCがタイヤを供給しており、チームは数年前からチューブレス運用に積極的な姿勢を見せてきた。

サドルはスペシャライズドの各製品を使い分けるが、ハンドル類はPRO。パイパーのバイクにはスペシャライズド と関係の深い4iiii(フォーアイ)製パワーメーターや、セラミックスピードのディレイラープーリーが取り付けられていた。

text&photo:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 IRC tire IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC 190130 HP-92 700X25c ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 8,208
最安価格: ¥ 5,498
アマゾン価格: ¥ 5,790
の画像 iRC(アイアールシー) チューブレスレディータイヤ用シーラント 60ml CAABDJ_FFVLFN
カテゴリー: Sports
メーカー: iRC(アイアールシー)
最安価格: ¥ 750
アマゾン価格: ¥ 750