第101回ジロ・デ・イタリア最後のアルプス山岳ステージで、ミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)が自身の34歳の誕生日を祝う逃げ切り勝利。ライバルたちのアタックを封じ込めたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)がグランツール3連勝を事実上確定させた。

3つの1級山岳をこなす選手たち3つの1級山岳をこなす選手たち photo:LaPresse
5月26日(土)第20ステージ スーザ〜チェルヴィニア 214km ☆☆☆☆☆5月26日(土)第20ステージ スーザ〜チェルヴィニア 214km ☆☆☆☆☆ photo:RCS Sport5月26日(土)第20ステージ スーザ〜チェルヴィニア 214km ☆☆☆☆☆5月26日(土)第20ステージ スーザ〜チェルヴィニア 214km ☆☆☆☆☆ photo:RCS Sport

フランスへの交通の要所であるスーザから、トリノ近郊を通ってジロは最終決戦地のヴァッレ・ダオスタ州に歩み入る。全長214kmのロングステージのうち前半は平坦基調だが、残り84kmの中間スプリントから先は登りと下りしかない。1級山岳ツェコレ峠と1級山岳サンパンタレオン峠を立て続けにクリアし、最後はイタリア語でマッターホルンを表す1級山岳チェルヴィニアを駆け上がる。ほぼ後半の80kmだけで獲得標高差4,000mという登りをこなす過酷なコースで最後のマリアローザ争いが繰り広げられた。

逃げ形成のためのアタックが活発に繰り返されたため、レース最初の1時間の平均スピードは48.8km/hをマーク。アタック合戦に加わったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)のVelonデータによると、レース先頭はスタートから25km地点まで平均スピード54.6km/hという凄まじいスピードで駆け抜けている。

高速アタック合戦の末にメイン集団から抜け出すことに成功したのは27名。その中で総合成績が最もいいのは総合21位/57分18秒遅れのマイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)。マリアチクラミーノのヴィヴィアーニの他に、山岳賞5位のジュリオ・チッコーネ(イタリア、バルディアーニCSF)が逃げに乗った。

逃げを吸収する意思のないチームスカイに代わってメイン集団をコントロールしたのは、マリアビアンカを着る総合4位のミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア)擁するアスタナだった。タイム差は5分差を推移したままピエモンテ州からヴァッレ・ダオスタ特別自治州に入り、ステージ後半の山岳地帯へと駒を進める。2つの中間スプリントを連続で先頭通過したヴィヴィアーニは合計16ポイント獲得に成功している。
クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)を祝福するサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)を祝福するサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji
ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ミッチェルトン・スコット)を先頭に1級山岳ツェコレ峠を登る逃げグループロマン・クロイツィゲル(チェコ、ミッチェルトン・スコット)を先頭に1級山岳ツェコレ峠を登る逃げグループ photo:Kei Tsuji
ヴァッレ・ダオスタ州の田舎町を通過するヴァッレ・ダオスタ州の田舎町を通過する photo:LaPresse
マリアローザを着て走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)マリアローザを着て走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:LaPresse
この日最初のカテゴリー山岳である1級山岳ツェコレ峠(全長16km/標高差1,234m/平均勾配7.7%/最大勾配15%)の登りが始まると、ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ミッチェルトン・スコット)のペースメイクによって逃げグループは10名まで人数を減らした。5分後方のメイン集団からはマリアアッズーラを着るサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)が脱落している。

山岳賞狙いのチッコーネとともに、先頭グループ内で1級山岳ツェコレ峠をクリアしたのはウッズ、クーン・ボウマン(オランダ、ロットNLユンボ)、ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)、ミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)、フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)、ヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAEチームエミレーツ)、ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、トレック・セガフレード)、マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)。すっかり下りのスペシャリストとしてのキャラクターが定着したモホリッチが下り区間で単独で飛び出したが、続く1級山岳サンパンタレオン峠(全長16.5km/標高差1,184m/平均勾配7.2%/最大勾配12%)の登りが始まると逃げグループは一つに戻っている。

この2つ目の1級山岳サンパンタレオン峠で先頭はニエベ、ブランビッラ、グロスチャートナーの3名に絞られ、6分後方のメイン集団からは総合3位のティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)が脱落する。アスタナが刻む集団のペースに対応できず、ブレーキがかかったピノはその後もぐんぐんとタイムを失っていく。結局この日だけで45分もの遅れを被ったピノは、総合表彰台はおろか総合トップ10からも脱落した。
マリアローザ初日を迎えたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)マリアローザ初日を迎えたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:LaPresse
アスタナを先頭に1級山岳ツェコレ峠を登るメイン集団アスタナを先頭に1級山岳ツェコレ峠を登るメイン集団 photo:LaPresse
ヴァッレ・ダオスタ州の山岳地帯を走るヴァッレ・ダオスタ州の山岳地帯を走る photo:LaPresse
ヴァッレ・ダオスタ州の山岳地帯を走るヴァッレ・ダオスタ州の山岳地帯を走る photo:LaPresse
1級山岳サンパンタレオン峠で独走に持ち込んだのはニエベ。グロスチャートナーから30秒、チッコーネとブランビッラ、ヘーシンクから1分27秒、そしてメイン集団から8分12秒のリードを得たニエベが1級山岳サンパンタレオン峠を単独で登りきり、さらに下りでリードを広げて今大会最後のカテゴリー山岳である1級山岳チェルヴィニア(全長18.2km/標高差959m/平均勾配5.3%/最大勾配12%)に差し掛かる。

それぞれ懸命に追走したグロスチャートナーやヘーシンクだったが、先頭ニエベはその登坂力を生かして快調に独走。後続を寄せ付けない走りを見せたニエベが独走のまま標高2,001mのフィニッシュ地点に飛び込んだ。

イェーツの山岳アシストとして3週間走ったニエベが自身の34歳の誕生日を祝うバースデーウィン。ニエベは2011年と2016年の山岳ステージでも勝利しており、これが自身ステージ3勝目となる。「2011年の初勝利は想像を絶する厳しさだったけど、やはり誕生日に果たした今回の勝利は特別。昨日は残念な結果に終わった(イェーツがマリアローザを失った)ので、今日は何としても勝利を飾って埋め合わせたかった。一緒に逃げに乗ったロマン・クロイツィゲルがステージ優勝をお膳立てしてくれた。ステージ優勝を狙うチャンスは珍しいので、その貴重なチャンスを生かすことができて本当に嬉しい」と、ミッチェルトン・スコットにステージ5勝目をもたらしたニエベは語っている。
独走でフィニッシュするミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)独走でフィニッシュするミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji
山岳コースを進むごとにメイン集団は人数を減らす山岳コースを進むごとにメイン集団は人数を減らす photo:LaPresse
アタックを繰り返したトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)アタックを繰り返したトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ) photo:LaPresse
ライバルたちの動きを警戒するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)ライバルたちの動きを警戒するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:LaPresse
1級山岳サンパンタレオン峠で脱落した総合3位のピノを除いて、総合上位陣は一塊となって最後の1級山岳チェルヴィニア登坂をスタートさせる。集団コントロールはマリアビアンカを狙うモビスターにスイッチ。比較的勾配の緩い登りの中で、勾配が12%に達する残り9km地点でトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)がアタックした。

フルームと40秒差の総合2位につけるデュムランが大会連覇を果たすためには、この1級山岳チェルヴィニアでアタックを仕掛けてフルームを40秒以上引き離す以外に方法がない。当然フルームはデュムランのアタックに即座に反応する。デュムランはその後も間隔を置いてアタックを仕掛けたが、合計4回のアタックにもフルームが遅れることはなかった。

逆にフルームらの加速によってデュムランは一旦脱落したが、ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)やリチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)がアタックを仕掛けるメイン集団のペースは安定せず、一定ペースを刻んだデュムランは集団復帰を果たす。結局総合上位陣のアタックはどれも決まらず、ステージ優勝者ニエベから6分3秒遅れでマリアローザグループがスプリント体制へ。ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)と笑顔で競り合いながら、フルームがライバルたちよりも前でフィニッシュラインを切った。
トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)の様子を伺うクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)の様子を伺うクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:LaPresse
並んでフィニッシュするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)並んでフィニッシュするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とワウト・プールス(オランダ、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
最終日ローマの平坦ステージを残し、フルームが自身初のジロ総合優勝をほぼ確定させた。2017年のツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャに続いて、グランツールで負けなしの3連勝に王手をかけたフルームは「トム・デュムランは最後の最後まで諦めずにアタックした。幸い自分には反応する力があったけど、見る側からすればエキサイティングなレースだったと思う。まだローマが残っているものの、3連続グランツール総合優勝はグランツールレーサーにとってこれ以上ないほどの功績だ」と語る。

山岳賞ランキングでチッコーネは17ポイント届かず、フルームがマリアローザとマリアアッズーラをキープ。カラパスのアタックを封じ込めたロペスがマリアビアンカを守っている。この日逃げに乗ったヴィヴィアーニはポイント賞2位のサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)に逆転不可能なポイント差をつけることに成功している。
ステージ通算3勝目を飾ったミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)ステージ通算3勝目を飾ったミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji
総合優勝に王手をかけたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)総合優勝に王手をかけたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
ジロ・デ・イタリア2018第20ステージ結果
1位ミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)5:43:48
2位ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)0:02:17
3位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:02:42
4位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、バルディアーニCSF)0:03:45
5位ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、トレック・セガフレード)0:05:23
6位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)0:06:03
7位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)
8位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)
9位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)
10位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)
11位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)
12位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)
13位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:06:09
14位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)0:06:45
15位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
16位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)
88位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)0:45:32
マリアローザ 個人総合成績
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)86:11:50
2位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)0:00:46
3位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:04:57
4位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)0:05:44
5位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:08:03
6位ペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)0:11:50
7位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:13:01
8位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)0:13:17
9位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:14:18
10位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:15:16
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)306pts
2位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)232pts
3位ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)127pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)125pts
2位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、バルディアーニCSF)108pts
3位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)91pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)86:16:47
2位リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター)0:00:47
3位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:09:21
チーム総合成績
1位チームスカイ259:16:20
2位アスタナ0:24:58
3位ボーラ・ハンスグローエ0:43:32
text:Kei Tsuji in Cervinia, Italy
Amazon.co.jp 
の画像 The Climb: The Autobiography (English Edition)
カテゴリー: eBooks
メーカー: Penguin
の画像 Froome: Cycling for the Yellow Jersey (Ultimate Sports Heroes)
カテゴリー: Book
著者: John Murray
出版社: John Blake
参考価格: ¥ 948
最安価格: ¥ 728
アマゾン価格: ¥ 762
の画像 Va Va Froome: The Remarkable Rise of Chris Froome (English Edition)
カテゴリー: eBooks
メーカー: Arena Sport