東京2020オリンピック・パラリンピックの関連イベントとして、青森から東京までの約1,300km区間をリレー形式で繋ぐ縦断リレーが7月24日(火)から8月7日(火)まで開催される。一般のランナー、サイクリストの参加者を募集しており、申込みは5月31日(木)まで。以下、プレスリリースより紹介しよう。


青森から東京まで、スポーツの力で復興を支援し、被災地をつなぐリレー
未来(あした)への道 1000km縦断リレー2018 参加者募集中


震災からの復興が進む東北の地をはしる1000km縦断リレー震災からの復興が進む東北の地をはしる1000km縦断リレー
東京都及び東京都スポーツ文化事業団では、今年で6回目となる「未来(あした)への道1000km縦断リレー2018」を、「復興の地を、走ろう。復興とともに走ろう。未来に向かって走ろう。」をスローガンに、東京2020オリンピック開会式2年前に当たる平成30年7月24日(火)から8月7日(火)までの15日間、開催します。

「未来(あした)への道1000km縦断リレー2018」は、青森から東京まで、東日本大震災の被災地域(全長約1,300km、約150区間)をリレー形式でランニングと自転車でつなぎ、復興へ向けた取組などを発信することで、東日本大震災の記憶の風化を防ぐとともに、全国から集まる参加者と被災地の方々の絆を深めることを目指します。

震災の記憶を心に留めながら、新たな平和の祭典、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて走る震災の記憶を心に留めながら、新たな平和の祭典、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて走る
今年の「1000km縦断リレー・アンバサダー」に就任された朝原宣治さん、高橋尚子さん、山本篤さん、山本博さんには、リレーへの参加や広報PR活動にご協力いただきます。また、今年も多くのトップアスリートや著名人の方々をゲストランナーとしてお迎えし、各地でのリレーに参加いただきます。

平成30年4月26日(木)から5月31日(木)までの期間、公式ホームページ(http://www.1000km.jp/)で参加者を募集します。公式ホームページでは、アンバサダー、ゲストランナー及びスタート・ゴール会場でのイベント情報などを順次公開していきます。

未来(あした)への道 1000km縦断リレー2018
概要:青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県、東京都の全長約1,300kmをランニングと自転車により、リレー形式でつなぐ。
開催日程:2018年7月24日(火)~8月7日(火)全15日間
募集期間:2018年4月26日(木)~5月31日(木)
募集人数:約1,300名(ランニング約1,200名、自転車約100名)

イベント詳細、申込みはこちらから