登坂距離12km、平均勾配8%を誇る超級山岳ジブラルタルロードで総合争いが勃発。アタック一発でライバルたちを蹴散らした新鋭エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)がステージ優勝を挙げ、早くも総合リーダーに浮上した。



太平洋沿いの街ベンチュラをスタートしていく太平洋沿いの街ベンチュラをスタートしていく (c)Amgen Tour of California
カリフォルニア州を北上するツアー・オブ・カリフォルニア(UCIワールドツアー)は、大会2日目にして早くも頂上フィニッシュを迎えた。ヴェンチュラ市街地を出発してからトランスバース山脈の裾野を横移動し、3級山岳を4箇所越えてから最後に超級山岳ジブラルタルロードへと挑む。157km、獲得標高2346mの行程が総合成績を大きくふるいに掛けた。

この日も集団はすぐさま逃げを容認し、自国最大のステージレースでアピールしたいアメリカ籍のプロコンチネンタルチームに所属する3名(国籍は全員アメリカ以外)がエスケープする。ルーベン・コンパニオーニ(キューバ、ホロウェスコ・シタデル)、ジョナサン・クラーク(ニュージーランド、ユナイテッドヘルスケア)、アダム・デヴォス(カナダ、ラリーサイクリング)という面々が先を急いだ。

トランスバース山脈の麓にある3級山岳を越えていくトランスバース山脈の麓にある3級山岳を越えていく (c)Amgen Tour of California
沿道に現れた、クッキーモンスターこと元プロ選手のフィル・ガイモン(左)沿道に現れた、クッキーモンスターこと元プロ選手のフィル・ガイモン(左) (c)Amgen Tour of California上機嫌なペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)上機嫌なペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) (c)Amgen Tour of California


メイン集団ではフェルナンド・ガビリア(コロンビア)が山岳を得意としないにも関わらず、クイックステップフロアーズはリーダーチームの責務として先頭牽きを続ける。

先頭3名の間では中間ポイントごとに勝負が掛かり、2つのスプリントポイントは両方デヴォスが、4つの山岳ポイントはいずれもコンパニオーニが先着する。合計12点を荒稼ぎしたコンパニオーニはこの日終了時点で山岳ランキング3位に浮上し、ステージ敢闘賞も獲得している。

後半に入るとメイン集団先頭ではクイックステップフロアーズに代わってティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ)をエースに据えるBMCレーシングがペースアップを行い、残り12km地点から始まるジブラルタルロードの手前で逃げグループをキャッチ。登りに入るとすぐにガビリアはマイペースに切り替え、メイン集団から遅れていった。

ジブラルタルロードでハイペースを刻むチームスカイジブラルタルロードでハイペースを刻むチームスカイ (c)Amgen Tour of California
エガン・ベルナル(コロンビア)を従えたチームスカイがハイペースを刻み始めると集団は一気に縮小。ベルナルの最終アシストを担うタオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームスカイ)のテンポに、2016年大会総合3位のブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシング)や、同年のジブラルタルロードフィニッシュで2位に入ったピーター・ステティーナ(アメリカ、トレック・セガフレード)らが相次いで遅れを取ってしまう。すると残り2km地点、ゲオゲガンハートが牽き終わると同時にベルナルがアタックした。

急勾配区間を狙ってパワフルに加速したベルナルにはティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)やアントワン・トルホーク(オランダ、ロットNLユンボ)が追従したが、逆にその差は開いていくばかり。一呼吸置いてから追撃したラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)やアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)も届かず、そのまま失速することなく踏み続けたチームスカイの若き総合エースが20秒以上のリードを保ったまま先着した。

ジブラルタルロードを制したエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)ジブラルタルロードを制したエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) (c)Amgen Tour of California
「総合争いの上で今日を重要視していたので、できるだけ厳しいレース展開に持ち込みたかった」とベルナルは言う。「クイックステップフロアーズが集団コントロールを担ってくれたおかげで戦力を温存し、スタナードが麓まで牽引。ルーカサス先頭で登りに入った後はルークが好ポジションまで導き、BMCのハイペースは僕の助けになった。その後はパヴェルとセバスティアン、そしてタオが作戦通りにレースを絞り込み、残り2kmで僕がアタック。今回は100%チームの勝利だ。全ての歯車が噛み合ったよ」。

飛ぶ鳥を落とす勢いのベルナルは、この日の走りで総合成績と共に、ポイント賞、山岳賞、ヤングライダー賞と3つの特別賞を全て独占することに。ラグナセカにフィニッシュするパンチャー向けの第3ステージを挟んで開催される34.7kmの個人TTに対しては「当日になってみないと分からないけれど、多分僕にとっては厳しい一日となる」と語っている。現在ベルナルのリードは2位マイカと25秒、3位イェーツとは31秒差、TTを得意とする8位ヴァンガーデレンとは1分差だ。

早くも総合首位に立ったエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)早くも総合首位に立ったエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) (c)Amgen Tour of California
ステージ結果
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)4h14’00”
2位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)+21”
3位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)+25”
4位アントワン・トルホーク(オランダ、ロットNLユンボ)+30”
5位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
6位クリスティアン・デュラセク(クロアチア、UAEチームエミレーツ)
7位マティアス・フランク(スイス、アージェードゥーゼル)+40”
8位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)+50”
9位エドワルド・ラヴァージ(イタリア、UAEチームエミレーツ)+59”
10位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、トレック・セガフレード)+1’01”
個人総合成績
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)7h16’13”
2位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)+25”
3位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)+31”
4位アントワン・トルホーク(オランダ、ロットNLユンボ)+40”
5位クリスティアン・デュラセク(クロアチア、UAEチームエミレーツ)
6位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
7位マティアス・フランク(スイス、アージェードゥーゼル)+50”
8位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)+1’00”
9位エドワルド・ラヴァージ(イタリア、UAEチームエミレーツ)+1’09”
10位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、トレック・セガフレード)+1’11”
ポイント賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)15pts
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、チームスカイ)15pts
3位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)12pts
山岳賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)15pts
2位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)13pts
3位ルーベン・コンパニオーニ(キューバ、ホロウェスコ・シタデル)12pts
ヤングライダー賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)7h16’13”
2位アントワン・トルホーク(オランダ、ロットNLユンボ)+40”
3位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
チーム総合成績
1位トレック・セガフレード21h54’18”
2位BMCレーシング+1’45”
3位チームスカイ+2’13”
Text:So.Isobe
Photo:Amgen Tour of California
Amazon.co.jp 
の画像 ELITE(エリート) FLY チームボトル 2018 550ml TEAM SKY
カテゴリー: Sports
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥ 788
最安価格: ¥ 670
アマゾン価格: ¥ 670
の画像 The Team Sky Way
カテゴリー: Book
著者: Team Sky
出版社: Harpercollins Publishers
参考価格: ¥ 4,058
最安価格: ¥ 3,836
アマゾン価格: ¥ 3,836
の画像 Inside Team Sky
カテゴリー: Book
著者: David Walsh
出版社: Simon & Schuster Ltd
参考価格: ¥ 1,459
最安価格: ¥ 1,321
アマゾン価格: ¥ 1,433