今年で30回目を迎えるツール・ド・おきなわの大会ポスターデザインコンテストが開催される。「市民参加型サイクルスポーツ大会」「沖縄の独自性」「斬新さ」をキーワードに作品を募集。最優秀賞には賞金10万が用意される。応募受付は4月2日(月)より開始される。以下、プレスリリースより紹介しよう。


第30回記念ツール・ド・おきなわ2018大会ポスターデザインコンテスト
応募受付を4月2日(月)から開始 ~最優秀賞には賞金10万円を進呈 ~


第30回記念となるツール・ド・おきなわ2018のポスターデザインコンテストを開催第30回記念となるツール・ド・おきなわ2018のポスターデザインコンテストを開催 (c)ツール・ド・おきなわ
今年で第30回記念を迎える「ツール・ド・おきなわ」は、4月2日(月)からポスターデザインコンテストの作品応募受付を開始致します。当コンテストは、「熱帯の花となれ、風となれ」をテーマに、国際ロードレース大会、市民サイクルスポーツ大会(レース部門・サイクリング部門)、一輪車・三輪車大会を合わせ、沖縄県北部地域(通称:やんばる)でサイクルスポーツの祭典として開催する「ツール・ド・おきなわ」の魅力を伝えるポスターデザインを決定するコンテストとして開催致します。

「ツール・ド・おきなわ」の魅力である迫力あるレースのイメージをはじめ、やんばるの美しい大自然を舞台に楽しみながら誰でも気軽に参加できる「市民参加型サイクルスポーツ大会」であることや「沖縄の独自性」や「斬新さ」といった切り口での作品を募集します。

5年前のツール・ド・おきなわ2013大会のポスターデザインは沖縄の華やかなカラーをイメージしたもの5年前のツール・ド・おきなわ2013大会のポスターデザインは沖縄の華やかなカラーをイメージしたもの (c)ツール・ド・おきなわポスターコンテスト概要
応募資格:中学生以上
応募規定:本人の作品で未発表のものに限ります。
サイズは、「A3」の縦(タテ420mm×ヨコ297mm)に限ります。
デザインの手法は問いませんが図柄だけとし「ツール・ド・おきなわ」というタイトルは入れないで下さい。
自転車の図に関しては、ロードバイクをモデルとします。
応募作品は1人1点とします。
データの場合は、プリントアウトした作品に限り審査の対象になります。
データで作成した作品が当選した際は、Illustrator CC 2018(22.0.1)まで(アウトライン有り・無し2種類)、Photoshop CC2018(19.1.1)、PDF(Xla)での提供になります。

賞:最優秀賞1点 賞金10万円
著作権:採用作品の著作権は、NPO法人ツール・ド・おきなわ協会に帰属します。
発表:平成30年6月下旬までに入選者本人に直接連絡及び大会オフィシャルWEBサイトで発表。
申込方法:所定の用紙に必要事項を記入して作品と一緒に郵送もしくはNPO法人ツール・ド・おきなわ協
会まで直接持参してください。(申込用紙はWebから入手可。又は電話・FAX、メールにて事務局まで請求して下さい。申込用紙の郵送希望の場合、150円切手同封の上、応募先までご郵送下さい。)

大会概要
大会名称:第30回記念「ツール・ド・おきなわ2018」
大会説明:1989年から開催されているサイクルイベントで、UCI(国際自転車競技連合)公認の男子チャンピオンレースをはじめとする国際ロードレース大会、一般の方が出場できる市民レースや沖縄の風光明媚な景色を楽しめるサイクリング等の「市民サイクルスポーツ大会」、一輪車・三輪車の「関連イベント」を同時開催する日本最大級のサイクルイベント。