ピナレロのフラッグシップロード「DOGMA F10」と「DOGMA F10 DISK」に新色となるシェードブラックカラーが追加。マットブラックをベースに、カーボン地が見えるシャイニークリアからシャイニーブラックへと変化するグラデーションカラーがあしらわれる。



ピナレロ DOGMA F10の新カラー「Shades BOB」ピナレロ DOGMA F10の新カラー「Shades BOB」 (c)カワシマサイクルサプライ
ピナレロが誇るフラッグシップレーシングロード「DOGMA F10」。今季もチームスカイの走りを支え、既にヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝やブエルタ・ア・アンダルシアでのステージ優勝といった成績を挙げており、クリストファー・フルーム(イギリス)やゲラント・トーマス(イギリス)、ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド)などのエースライダーらによるグランツールでの活躍も期待できそうだ。

平坦のスプリントから超級山岳コースまでこなせるオールラウンドなセミエアロフォルムを与えられたDOGMA F10。前作F8から細部のデザインやカーボンレイアップを煮詰めることでフレーム重量6.5%軽減、剛性7.1%アップと、全方位にその性能を向上させている。

加えてダウンチューブを窪ませてボトルとのクリアランスを狭める「Concave Down Tube」や、Di2ジャンクションを埋め込む「eLink」システム、フロントフォーク先端に設けられた「フォークフラップ」など、F10独自のエアロテクノロジーを奢ることで空力性能強化も図られている。

全面をマットブラックでペイントした漆黒の装いに仕上がる全面をマットブラックでペイントした漆黒の装いに仕上がる (c)カワシマサイクルサプライクリアブラックからシャイニーブラックへと変化するグラデーションカラーがあしらわれるクリアブラックからシャイニーブラックへと変化するグラデーションカラーがあしらわれる (c)カワシマサイクルサプライ

そんなDOGMA F10には、先日フレームにグラデーションカラーをあしらった”SHADES(シェード)”カラーが2018モデルの新色として登場しており、今回は同シリーズの新色として「Shades BOB」カラーが追加された。マットブラックをベースとし、ダウンチューブ上方はカーボン地が見えるシャイニークリアから後方にかけてグロス仕上げのシャイニーブラックに変化するグラデーションがあしらわれている。ブランドやモデルのロゴおよび、シートチューブ上端からシートポスト後方にかけても同じくシャイニーブラックが配される。

同カラーはDOGMA F10とDOGMA F10 DISKにて展開され、いずれもフレームセットで販売される。DOGMA F10は680,000円(税抜)、DOGMA F10 DISKは700,000円(税抜)だ。なお今回のShades BOBカラー登場により、従来のブラックカラーモデルであるDOGMA F10 170 BOBとDOGMA F10 DISK 917 BOBは生産終了となり、在庫限りの販売となる。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

今シーズンも引き続きDOGMA F10を駆るチームスカイ今シーズンも引き続きDOGMA F10を駆るチームスカイ (c)CorVos


ピナレロ DOGMA F10
追加カラー:200 / BOB
価格:680,000円(税抜、フレームセット)

ピナレロ DOGMA F10 DISK
追加カラー:948 / BOB
価格:700,000円(税抜、フレームセット+スルーアクスルシャフト)

※今回の新しいBOBカラー発売に伴い、従来のDOGMA F10 170 BOBとDOGMA F10 DISK 917 BOBは生産終了となり、在庫限りの販売となります。