18.4kmのアップダウンコースで行われたパリ〜ニース第4ステージの個人タイムトライアル。ワウト・プールス(チームスカイ)がトップタイムを叩き出し、ルイスレオン・サンチェス(アスタナ)が28秒遅れながらも総合首位を守った。


サンテティエンヌ郊外を走る18.4kmの個人タイムトライアルサンテティエンヌ郊外を走る18.4kmの個人タイムトライアル photo:A.S.O.

ロワール県のサンテティエンヌ郊外で行われた18.4kmの「時間との戦い」。前半8kmで高低差476mを駆け上がり、短い登りを含みながらも後半10kmは概ね下り基調。150名の選手たちが総合下位から順にスタートしていった。

勾配4%の登り頂上に設定された中間計測(8km地点)で12分58秒のトップタイムを叩き出したのは総合17位のワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)だった。後半も安定した速さを見せたプールスは、それまで前年度覇者のセルジオルイス・エナオ(コロンビア、チームスカイ)がキープしていたトップタイムを33秒も更新してみせる。

次に好走した総合15位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)はプールスから11秒遅れのステージ2位に。イサギレ兄弟(スペイン、バーレーン・メリダ)が同じ27秒遅れのステージ5位とステージ6位で終える中、総合4位のジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)が気を吐いた。

トップタイムで優勝したワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)トップタイムで優勝したワウト・プールス(オランダ、チームスカイ) photo:A.S.O.
ステージ3位・16秒差に入ったジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)ステージ3位・16秒差に入ったジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) photo:A.S.O.
マイヨジョーヌを着て走るルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)マイヨジョーヌを着て走るルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ) photo:A.S.O.

アラフィリップは中間計測(8km地点)でプールスから24秒遅れたものの、後半の下り区間でペースアップ。身長173cm/体重62kgと比較的小柄ながら、下りコーナーを目一杯攻め続けたアラフィリップがタイムを挽回し、遅れを16秒まで縮めて3番手タイムでフィニッシュした。

前走者のアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)を早々にパスした最終走者ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)は中間計測(8km地点)で15秒遅れ。最終的にプールスから28秒のタイムを失ったが、総合首位を守るには十分な走りだった。

「前半に登りが組み込まれたコースは自分向きだった。昨日は重要な局面でパンクしてしまう不運に見舞われていただけにここで奮起したかったんだ」というプールスが、ブエルタ・ア・アンダルシアの山頂フィニッシュに続く今シーズン2勝目。2016年にリエージュ〜バストーニュ〜リエージュで勝利している30歳がサンチェスと15秒差の総合2位に浮上した。

「15秒というタイム差がが大きいのか小さいのか分からないけど、良い走りをしたセルジオ・エナオも総合上位(総合9位)に残っているので、引き続きダブルエース体制で戦いたい。1チームの出場メンバーが8名から7名に減ったので、戦略的に動きづらくなったものの、それが面白いレースを演出すると思う」とプールスは語る。残る4ステージでチームスカイは猛攻をかけてくるだろう。

29秒差のステージ9位に入ったティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)29秒差のステージ9位に入ったティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル) photo:A.S.O.
ヤングライダー賞ジャージのフェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)はステージ4位・20秒遅れヤングライダー賞ジャージのフェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)はステージ4位・20秒遅れ photo:A.S.O.
1分09秒差のステージ27位 イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)1分09秒差のステージ27位 イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン) photo:A.S.O.ルクセンブルクTTチャンピオンのジャンピエール・ドリュケール(BMCレーシング)ルクセンブルクTTチャンピオンのジャンピエール・ドリュケール(BMCレーシング) photo:A.S.O.

タイムを失いながらも総合首位を守ったサンチェスは「昨日の疲労が今日の走りに影響した。確かにタイムを失ったものの、このパリ〜ニースでマイヨジョーヌを着るとは思っていなかったので、これはボーナスのようなもの。初日に落車でタイムを失ったヤコブ・フルサングもまだ大きく遅れていないので、アスタナには2つの可能性があると言っていい」とコメント。2009年大会の覇者はもちろん9年ぶりの総合優勝を目指す。

「昨日はアタックを連発しながらも結果につながらなかったので、今日は良いタイムトライアルをしようと思っていた」と語るのは、2017年大会の個人タイムトライアルで勝利しているアラフィリップ。連日積極的な走りを見せているアラフィリップは「新しいバイクでの初レースだったのでモチベーションも高かった。前半はペースが上がらなかったけど後半にかけて全開走行。今日のようなハードなタイムトライアルでステージ3位は良い成績であり、総合でも3位。ニースに着くまで闘い続けるよ」と語っている。

トップタイムで優勝したワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)トップタイムで優勝したワウト・プールス(オランダ、チームスカイ) photo:A.S.O.マイヨジョーヌを守ったルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)マイヨジョーヌを守ったルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ) photo:A.S.O.

パリ〜ニース2018第4ステージ結果
1位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)0:25:33
2位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)0:00:11
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)0:00:16
4位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:20
5位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)0:00:27
6位ゴルカ・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)
7位ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)0:00:28
8位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:29
9位セルジオルイス・エナオ(コロンビア、チームスカイ)0:00:33
10位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)
個人総合成績
1位ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)13:47:57
2位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)0:00:15
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)0:00:26
4位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)
5位ゴルカ・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)0:00:34
6位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:35
7位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)0:00:42
8位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
9位セルジオルイス・エナオ(コロンビア、チームスカイ)0:00:48
10位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)
ポイント賞
1位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)31pts
2位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)19pts
3位ゴルカ・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)17pts
山岳賞
1位ピエールリュック・ペリション(フランス、フォルトゥネオ・サムシック)8pts
2位ファビアン・グレリエ(フランス、ディレクトエネルジー)8pts
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)4pts
ヤングライダー賞
1位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)13:48:23
2位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:09
3位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:01:07
チーム総合成績
1位チームスカイ41:26:09
2位ミッチェルトン・スコット0:00:42
3位バーレーン・メリダ0:01:13
Amazon.co.jp 
の画像 ニッポンのじてんしゃ旅 Vol.04 滋賀・びわ湖サイクリングガイド (ヤエスメディアムック558)
カテゴリー: Book
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥1,320
最安価格: ¥1,320
アマゾン価格: ¥1,320
の画像 自転車日和 Vol.46 (タツミムック)
カテゴリー: Book
メーカー: 辰巳出版
参考価格: ¥1,210
最安価格: ¥1,210
アマゾン価格: ¥1,210
の画像 増補新版 50歳を過ぎたら「輪行」しよう!: 実践!自転車旅行達人へのステップアップ
カテゴリー: Book
メーカー: 彩流社
参考価格: ¥1,650
最安価格: ¥1,650
アマゾン価格: ¥1,650