クリストファー・フルームのシーズン初戦として注目を集め、NIPPOヴィーニファンティーニから日本人選手3名も出場したブエルタ・ア・アンダルシア「ルタ・デル・ソル」が開幕。初日は写真判定にもつれこむ接戦スプリントが繰り広げられた。


シーズン初戦を迎えたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)シーズン初戦を迎えたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Vuelta a Andalucia

ブエルタ・ア・アンダルシア2018第1ステージブエルタ・ア・アンダルシア2018第1ステージ photo:Vuelta a Andalucia2月14日、スペイン南部のアンダルシア地方でブエルタ・ア・アンダルシアが開幕した。温暖な地域を走ることから「ルタ・デル・ソル(太陽のレース)」として認知されている5日間のステージレース。2017年からUCIのHC(超級)レースとして開催されており、2018年の第64回大会にもモビスター、EFエデュケーションファースト・ドラパック、アージェードゥーゼール、チームスカイ、アスタナ、ロット・スーダル、ロットNLユンボという7つのUCIワールドチームに加え、国内外のUCIプロコンチネンタルチームが出場した。NIPPOヴィーニファンティーニからは初山翔、内間康平、小林海の3名も顔を揃えている。

ディフェンディングチャンピオンのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)は欠場したが、代わりに新加入ミケル・ランダ(スペイン)がモビスターのエースとして出場。そして世界中から注目が集まるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)がこのアンダルシアでシーズンインを迎えた。ブエルタ・ア・エスパーニャ期間中のサルブタモール基準値オーバーが発覚した2017年12月以来、初めてメディアの前に姿を見せたフルーム。サルブタモールはWADA(世界アンチドーピング機構)が定める「特定物質」に含まれるため、自主的な出場停止を求める声が上がる一方でフルームのレース出場は可能。フルームは異常値についての説明を済ませており、UCI(国際自転車競技連盟)の判断が待たれる状態でのシーズンインとなった。

初日の第1ステージは大西洋に面したミハスから、内陸のグラナダを目指す197.6km。1級山岳ザファラヤ峠(全長11.1km/平均勾配6%)を含む6つのカテゴリー山岳が詰め込まれており、獲得標高差が3,100mに達する本格的な山岳コースだ。

BMCレーシングから移籍したシルヴァン・ディリエ(スイス、アージェードゥーゼール)とロメン・シカール(フランス、ディレクトエネルジー)、ルイス・マス(スペイン、カハルーラル)、ガリコイツ・ブラーボ(スペイン、エウスカディ・バスクカントリー)、チョミン・フアリスティ(スペイン、ファンデーションエウスカディ)という5名で構成された逃げが最大5分差で逃げる展開。メイン集団のコントロール役を担ったのは、ヤコブ・フルサング(デンマーク)とルイスレオン・サンチェス(スペイン)をエースに立てるアスタナだった。

ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)と握手するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)と握手するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Vuelta a Andalucia逃げるマス・ボネ(スペイン、カハルーラル)ら逃げるマス・ボネ(スペイン、カハルーラル)ら photo:Vuelta a Andalucia
アスタナが積極的にリードするメイン集団アスタナが積極的にリードするメイン集団 photo:Vuelta a Andalucia

2014年のブエルタ・ア・エスパーニャで11日間山岳賞ジャージを着た経験のあるカハルーラルのマスが順調に山岳ポイントを加算する中、タイム差は残り30km地点で2分に。フィニッシュ20km手前に位置する最後の3級山岳ラ・マラハ峠(全長2.4km/平均勾配5%)に差し掛かる頃には1分を割り込んだ。

連続山岳で人数を約2/3に減らしたメイン集団は、アスタナによる一貫したコントロールによって先頭で独走していたディリエを残り12km地点で飲み込む。元バーレーン・メリダのヨンアンデル・インサウスティ(スペイン、ファンデーションエウスカディ)やパブロ・トレス(スペイン、ブルゴスBH)らのカウンターアタックもリードを築けない。

EFエデュケーションファースト・ドラパックも集団コントロールに参加EFエデュケーションファースト・ドラパックも集団コントロールに参加 photo:Vuelta a Andalucia
先頭でスプリントするサーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)ら先頭でスプリントするサーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)ら photo:Vuelta a Andalucia

残り1kmサインを通過し、トレインを形成して集団先頭で競り合うモビスターとEFエデュケーションファースト・ドラパック。グラナダ市内のテクニカルコーナーを抜けて、セップ・ヴァンマルク(ベルギー)のリードアウトを受けたサーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)が発進する。別ラインから加速したクレマン・ヴァントゥリーニ(フランス、アージェードゥーゼール)とトマ・ボダ(フランス、ディレクトエネルジー)と横一線でスプリントしたモードロがフィニッシュライン上で手を挙げた。

しかし写真判定の結果、ハンドルを投げ込んでフィニッシュしたボダの先着が確定。2014年にトラック世界選手権オムニアムで優勝し、2015年からユーロップカー(現ディレクトエネルジー)で走る23歳がロードキャリア最高の勝利を飾った。フルームやランダの他、総合優勝有力候補たちは同タイム集団内でフィニッシュ。初山、内間、小林は13分遅れの集団内で初日を終えている。

ステージ優勝を飾った23歳のトマ・ボダ(フランス、ディレクトエネルジー)ステージ優勝を飾った23歳のトマ・ボダ(フランス、ディレクトエネルジー) photo:Vuelta a Andalucia
ブエルタ・ア・アンダルシア2018第1ステージ結果
1位トマ・ボダ(フランス、ディレクトエネルジー)5:21:39
2位サーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
3位クレマン・ヴァントゥリーニ(フランス、アージェードゥーゼール)
4位アンドレア・パスクアロン(イタリア、ワンティ・グループゴベール)
5位トッシュ・ヴァンデルサンド(ベルギー、ロット・スーダル)
6位カルロス・バルベロ(スペイン、モビスター)
7位ジョナス・コッホ(ドイツ、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
8位モレノ・ホフラント(オランダ、ロット・スーダル)
9位エンリコ・バッタリーン(イタリア、ロットNLユンボ)
10位ヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
149位初山翔(日本、NIPPOヴィーニファンティーニ)0:13:38
150位小林海(日本、NIPPOヴィーニファンティーニ)
152位内間康平(日本、NIPPOヴィーニファンティーニ)
個人総合成績
1位トマ・ボダ(フランス、ディレクトエネルジー)5:21:39
2位サーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
3位クレマン・ヴァントゥリーニ(フランス、アージェードゥーゼール)
4位アンドレア・パスクアロン(イタリア、ワンティ・グループゴベール)
5位トッシュ・ヴァンデルサンド(ベルギー、ロット・スーダル)
6位カルロス・バルベロ(スペイン、モビスター)
7位ジョナス・コッホ(ドイツ、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
8位モレノ・ホフラント(オランダ、ロット・スーダル)
9位エンリコ・バッタリーン(イタリア、ロットNLユンボ)
10位ヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
ポイント賞
1位トマ・ボダ(フランス、ディレクトエネルジー)25pts
2位サーシャ・モードロ(イタリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)20pts
3位クレマン・ヴァントゥリーニ(フランス、アージェードゥーゼール)16pts
山岳賞
1位ルイス・マス(スペイン、カハルーラル)29pts
2位シルヴァン・ディリエ(スイス、アージェードゥーゼール)15pts
3位ガリコイツ・ブラーボ(スペイン、エウスカディ・バスクカントリー)12pts
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 ポータブルスピーカー ZENBRE M4 Bluetoothスピーカー、低音共振器、ミニスピーカー【USBポート、マイク搭載】(ブラック)
カテゴリー: Speakers
メーカー: ZENBRE Electronics
参考価格: ¥ 10,800
最安価格: ¥ 2,099
アマゾン価格: ¥ 10,800
の画像 JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー IPX5防水機能 ポータブル/ワイヤレス対応 ブラック JBLFLIP3BLK 【国内正規品】
カテゴリー: CE
メーカー: JBL
参考価格: ¥ 11,750
最安価格: ¥ 9,980
アマゾン価格: ¥ 9,980
の画像 Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー トリプルブラック【国内正規品】
カテゴリー: CE
メーカー: BOSE
参考価格: ¥ 27,000
最安価格: ¥ 27,000
アマゾン価格: ¥ 27,000