1月3月から7日までの5日間の日程で開催されたオーストラリア選手権。アレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット)とローハン・デニス(BMCレーシング)がそれぞれロードと個人TTのナショナルチャンピオンに輝いた。


独走でフィニッシュに飛び込むアレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット)独走でフィニッシュに飛び込むアレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット) photo:Mitchelton-Scott

例年同様、オーストラリア南部ヴィクトリア州のバララットで開催されたオーストラリア選手権。ロードレースの舞台となるのはマウントブニンヨンの登りを含む11.6kmの周回コースで、男子エリートロードレースはここを16周する全長185.6kmで行われた。

レースを支配したのはミッチェルトン・スコットとBMCレーシングの二大勢力。ロブ・パワー(ミッチェルトン・スコット)を含む8名逃げが最大6分差をつけたが、BMCレーシングを中心とした集団追撃によって吸収される。すると、フィニッシュまで3周回を残して、アレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット)とクリス・ハーパー(ベネロング・スイスウェルネス)がカウンターアタック。同じアデレード出身で、普段からトレーニングをともにしているエドモンソンとハーパーがそのまま逃げ切る展開となる。最終周回の登りでリッチー・ポート(BMCレーシング)らが集団からアタックしたが届かず、エドモンソンが迫り来る集団を1秒差で振り切った。

「言葉が出てこない。この勝利の意味はとてつもなく大きい。魔法にかかったような1日だ。ナショナルチャンピオンジャージに袖を通すのは夢のよう」。緑色と金色(黄色ではない)のストライプが入ったジャージを手にしたエドモンソンは語る。「自宅から500mの距離に住んで、毎日のようにトレーニングパートナーとして走っているハーパーが飛び出した時、躊躇せずに反応した。チームメイトを後ろに残していたので積極的に先頭交代できなかったのが辛かったけど、チーム戦だから仕方なかった」。エドモンソンはトラックレース出身の24歳。2014年にトラック世界選手権の個人追い抜きと団体追い抜きで金メダル、2016年リオ五輪トラック団体追い抜きで銀メダルを獲得している。

初のエリートタイトルを獲得したアレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット)初のエリートタイトルを獲得したアレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット) photo:Cycling Australia

男子エリートの個人タイムトライアルではローハン・デニス(BMCレーシング)が大会3連覇を達成。ルーク・ダーブリッジ(ミッチェルトン・スコット)やポートに1分以上の差をつける圧勝だった。40.9kmコースを平均47.9km/h、51分14秒で駆け抜けたデニスは「今年もチャンピオンジャージを着る栄誉を得た。毎年力を伸ばしているライバルたちに勝つのは簡単なことじゃない。プレッシャーが大きかっただけに、大きなプライドと栄誉を感じるよ」とコメントしている。

オーストラリアではクリテリウムも選手権に組み込まれており、カレブ・ユアン(ミッチェルトン・スコット)が大会3連覇を達成。ユアンは昨年スプリントで無敵を誇ったサントス・ツアー・ダウンアンダーにロード王者エドモンソンらと出場予定だ。

女子エリートロードレースで勝利したのは、6名のスプリントでミッチェルトン・スコットやエフデジ勢を押さえ込んだシャノン・マルシード(ティブコSVB)。個人タイムトライアルではカトリン・ガーフットが圧倒的なタイムで3連覇を果たした。

エリート女子ロードを制したシャノン・マルシード(ティブコSVB)エリート女子ロードを制したシャノン・マルシード(ティブコSVB) photo:Cycling Australia
男子エリートロードレース
1位アレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット)4:54:27
2位ジェイ・マッカーシー(ボーラ・ハンスグローエ)0:00:01
3位クリス・ハーパー(ベネロング・スイスウェルネス)
4位カレイブ・ユアン(ミッチェルトン・スコット)
5位ネイサン・ハース(カチューシャ・アルペシン)
6位クリス・ハミルトン(サンウェブ)
女子エリートロードレース
1位シャノン・マルシード(ティブコSVB)3:05:03
2位ローレン・キッチン(エフデジ)
3位グレイス・ブラウン(ホルデンチーム・グスト)
4位アマンダ・スプラット(ミッチェルトン・スコット)
5位カトリン・ガーフット
6位ブローディー・チャップマン(キャンベラサイクリングクラブ)
男子エリート個人タイムトライアル
1位ローハン・デニス(BMCレーシング)0:51:14
2位ルーク・ダーブリッジ(ミッチェルトン・スコット)0:01:08
3位リッチー・ポート(BMCレーシング)0:01:44
4位マイルズ・スコットソン(BMCレーシング)0:01:58
5位ネイサン・ハース(カチューシャ・アルペシン)0:02:22
6位ショーン・レイク(ベネロング・スイスウェルネス)0:03:15
女子エリート個人タイムトライアル
1位カトリン・ガーフット0:41:45
2位ルーシー・ケネディー(ミッチェルトン・スコット)0:02:29
3位シャラ・ジロー(エフデジ)0:02:36
4位グレイス・ブラウン(ホルデンチーム・グスト)0:02:41
5位ケイト・ペリー0:04:50
6位アレックス・マンリー(ミッチェルトン・スコット)0:05:18
男子エリートクリテリウム
1位カレブ・ユアン(ミッチェルトン・スコット)1:00:43
2位スティール・ヴォンホフ(ベネロング・スイスウェルネス)
3位ブレントン・ジョーンズ(デルコマルセイユKTM)
4位ニコラス・ヤローリス(ブリスベンコンチネンタル)
5位ジェイ・マッカーシー(ボーラ・ハンスグローエ)
6位ライアン・トーマス(ブリスベンコンチネンタル)
女子エリートクリテリウム
1位レベッカ・ウィアサック0:53:26
2位サラ・ローイ(ミッチェルトン・スコット)
3位キンバーリー・ウェルズ(ホルデンチーム・グスト)
4位クリスティーナ・クロナン
5位ペタ・ミューレンズ(ハーゲンスベルマン)
6位ルビー・ローズマンガノン
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2018年 3月号
カテゴリー: Book
著者: CYCLE SPORTS編集部
出版社: 八重洲出版
最安価格: ¥ 670
アマゾン価格: ¥ 670
の画像 ロードバイクインプレッション2018 (エイムック 3963 BiCYCLE CLUB別冊)
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 1,728
アマゾン価格: ¥ 1,728