イタリアンサドルブランドのアスチュートがディメンションデータとテクニカルパートナー契約を締結。2018年シーズンよりマーク・カヴェンディッシュを始めとするトッププロ選手らが同社サドルを使用することとなる。以下、プレスリリースより紹介しよう。



アスチュートとディメンションデータ、テクニカルパートナー締結のお知らせ

2018年シーズン、ディメンションデータはアスチュートサドルを使用する2018年シーズン、ディメンションデータはアスチュートサドルを使用する (c)Astute ItaliaこのたびアスチュートがUCIワールドチーム「ディメンションデータ」と2018年テクニカルパートナー契約を締結しました事をお知らせ致します。アスチュートサドルは高いコンフォート性とイタリアンデザインの融合、そして100%ハンドメイド・イタリーにこだわった製品を生産し、その性能と仕上げの良さから日本国内においても瞬く間に多くのユーザーに受け入れられました。そしてブランド設立から4年目と歴史は浅いものの、その性能はUCIワールドチームも認めるものにまで成長し、今回のテクニカルパートナー契約へと繋がりました。

ご存知の通りディメンションデータは南アフリカ共和国籍のチームで、エーススプリンターの「カヴ」ことマーク・カヴェンディッシュが所属しています。マーク・カヴェンディッシュをはじめとするメンバーは、2018年アスチュートサドルを使用し、ワールドツアーに挑みます。

以下、アスチュート社からのプレスリリース

2018年1月1日から、ワールドツアーチームのディメンションデータのテクニカルパートナーとしてアスチュートサドルの提供を開始することをご報告致します。これは戦略的なパートナーシップの始まりであり、今後アスチュートは7つの国際パテントを持つ先進のテクノロジーを備え、イタリアで完全にハンドメイド生産された各製品をチームにオファーしていきます。これにより、ディメンションデータは世界市場で最も競争に適したツールを手に入れることになるでしょう。