ジャパンカップの夜はまだ終わらない。レース後に宇都宮で少人数制にて開催されたBMCファン交流会 with BMCレーシングチームの模様をお届け。選手との交流を重視したプライベートパーティだ。


選手たちが友人の家を訪ねるようにやってきた選手たちが友人の家を訪ねるようにやってきた 選手たちを見守るファンたち選手たちを見守るファンたち


BMCがジャパンカップに参戦するBMCレーシングチームとのファン交流会を10月22日(日)の夜に宇都宮にて開催した。もちろんリッチー・ポートを始めとするBMCレーシングのメンバーや監督、スタッフが出席。定員はたった30名だ。夜19時半のスタートで、会場は本町にあるパーティスペース。

BMCレーシングの選手とスタッフがファンたちの前に並んだBMCレーシングの選手とスタッフがファンたちの前に並んだ
今年はより選手との交流をとれるよう、冒頭の挨拶以外はほぼフリータイムとなった。企画したBMC日本代理店フタバ商店のザック・レイノルズさんは「一昨年、昨年と参加した方で、『もっと選手や監督、メカ、マッサーとの交流時間が欲しい!』という声が多く、今年度は最初と最後の挨拶以外はフリータイムにさせていただきました」と企画意図を話す。

かつての名選手ファビオ・バルダート監督が挨拶かつての名選手ファビオ・バルダート監督が挨拶 リッチー・ポートの白いBMC SLR01 2016ツールで駆った実車だリッチー・ポートの白いBMC SLR01 2016ツールで駆った実車だ


会場にはリッチー・ポートの白いBMC SLR01が飾られていた。これはレースに使ったモデルとは別の特別バージョン。そしてカデル・エヴァンスが2011年のツール・ド・フランスに勝利した際にシャンゼリゼで駆ったイエローのバイクも展示された。このパーティのために特別に用意されたのだとか。

カデル・エヴァンスが2011年ツール優勝時に駆ったイエローバイクカデル・エヴァンスが2011年ツール優勝時に駆ったイエローバイク 身長198cmのミヒャエル・シェアーとハイタッチ身長198cmのミヒャエル・シェアーとハイタッチ


選手が到着。ポートは奥さん同伴でやってきた。マルティン・エルミガー、ミヒャエル・シェアー、ブラム・ヴェルテン、ダニロ・ヴィス、そしてかつての名選手ファビオ・バルダート監督とスタッフたちがファンたちの前に登場。ビールジョッキ片手のバルダート監督の手短な挨拶のあと、すぐさまフリータイムに。ファンたちはお目当ての選手たちのもとへ。

手作りのプレゼントを渡されて嬉しそうなリッチー・ポート手作りのプレゼントを渡されて嬉しそうなリッチー・ポート 身長198cmのミヒャエル・シェアーと一緒に身長198cmのミヒャエル・シェアーと一緒に


小さなBMCファンと一緒でご機嫌のダニロ・ヴィス小さなBMCファンと一緒でご機嫌のダニロ・ヴィス 最後のレースを走ったマルティン・エルミガーとお疲れ様の乾杯!最後のレースを走ったマルティン・エルミガーとお疲れ様の乾杯!


少し遠慮がちながらも、そこは日本のファン。あらかじめ用意したプレゼントを手渡したり、記念写真を撮ったりをきっかけに、コミュニケーションをとりだす。選手たちもお礼の言葉を伝えつつ、おしゃべりを楽しんでいる様子。選手とファンが一緒のテーブルについて、お食事タイムに。プログラムが無いからお話する時間はたっぷりだ。

リッチー・ポートのイラストフラッグを自作した青木恭子さん。リッチーも「Good Job!」リッチー・ポートのイラストフラッグを自作した青木恭子さん。リッチーも「Good Job!」
リッチー・ポートのイラストのフラッグを手作りしてきたのは青木恭子さん。リッチーが勝利の際に必ずするポーズと、タスマニア・デビルの「悪魔」と月、国旗をあしらったイラスト旗はコース上でもひときわ目立っていた。リッチーもご機嫌で、旗と青木さんと一緒に写真に収まってくれた。

やっぱり人気のリッチーは皆に記念写真をせがまれるが、いつでもニコニコと笑顔を絶やさず、ファンに話しかけてくれるナイスガイ。渡された手作りプレゼントをみては「日本のファンは本当に素晴らしい」と心から喜んでいる様子だ。

ダニロ・ヴィスがファンが一緒のテーブルについておしゃべりを楽しむダニロ・ヴィスがファンが一緒のテーブルについておしゃべりを楽しむ
立ち話では視線の落差が目立つミヒャエル・シェアーは身長を聞かれると「だいたい2メートルの198cm」とおどける。ヴィス、エルミガー、ヴェルテンは早々にファンと一緒のテーブルについて、一生懸命に英語で話しかけるファンとの会話を楽しんでいた。どのテーブルも盛り上がって楽しそうだった。そして会場にダニエル・オスファンクラブのメンバーでもあるファンがいると知ると、バルダート監督がさっそくオスにスマホで電話をかけ、フェイスtoフェイスのスカイプ通話がはじまった。

イタリアに居るダニエル・オスとスカイプ通話でフェイスtoフェイスのライブ会話!イタリアに居るダニエル・オスとスカイプ通話でフェイスtoフェイスのライブ会話! ダニロ・ヴィスを囲んでダニロ・ヴィスを囲んで


じつは選手たちはこの会の1時間前から始まった国内チーム合同のパーティにも出席しており、その流れでの参加。レースが終わってすぐさまのファンサービスの連続だ。そんなこともまったく感じさせない立ち居振る舞いが嬉しい。

選手とファンが一緒のテーブルについておしゃべりを楽しむ選手とファンが一緒のテーブルについておしゃべりを楽しむ
会のコンセプト通り、ファンの皆さんにとっては普段映像やメディアの記事でしか接点のない選手たちと身近に交流できる貴重な時間だったようだ。


photo&text:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 ロードバイクライディング強化本 (エイムック 3796)
カテゴリー: Book
メーカー: エイ出版社
参考価格: ¥1,650
最安価格: ¥1,650
アマゾン価格: ¥1,650
の画像 すべてがわかる!  ロードバイク セルフフィッティング (COSMIC MOOK)
カテゴリー: Book
メーカー: コスミック出版
参考価格: ¥4,700
最安価格: ¥4,700
アマゾン価格: ¥4,700
の画像 ロードバイクを自在に操るための知識・技術・トレーニング
カテゴリー: Book
メーカー: ナツメ社
参考価格: ¥1,980
最安価格: ¥1,980
アマゾン価格: ¥1,980