ベルギーのボームで開催されたスーパープレスティージュ第3戦で、独走に持ち込んだワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)が勝利。落車で肩を痛めたマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)は猛烈な追い上げを見せて4位に入った。



ヨーロッパのシクロクロスシーズンは現在超過密スケジュールをこなしている最中。10月21日に開催されたスーパープレスティージュ第3戦の舞台は、ベルギー北部のアントウェルペンにほど近い街ボーム。元世界王者で不整脈のために引退し、現在はヴェランダスヴィレムス・クレランを指揮するニールス・アルベルトの名前が冠されている大会だ。

「砂区間でミスしないように気をつけた」と言うワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)「砂区間でミスしないように気をつけた」と言うワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン) photo:CorVos落車したマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)は4位まで順位を回復落車したマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)は4位まで順位を回復 photo:CorVos3位に滑り込んだラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)3位に滑り込んだラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア) photo:CorVos


周回コースは緩やかな勾配が付いた芝生上に用意されており、一部に砂や担ぎ区間が用意されているものの、概ねハイスピードコース。絶好調マテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)がホールショットを獲ると、隊列はすぐさま縦に伸び切った。

竹之内悠(東洋フレーム)が後方から追撃を試みる一方、勝負の最前線ではファンデルポールやアルカンシェルを纏うワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)、ここ数戦影を潜めているケヴィン・パウエルス(ベルギー、マーラックス・ナポレオンゲームス)らが先頭集団を形作った。

イェンス・アダムス(ベルギー、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)らが合流し8名程度が先頭で展開する中、淡々と進めていたファンデルポールが3周目にクラッシュ。すぐにバイクに乗車したオランダ王者だったが、肩をフェンスに強打したためペースが上げることができずに勝負から脱落した。

U23世界王者のヨリス・ニューウェンハイス(オランダ、サンウェブ)U23世界王者のヨリス・ニューウェンハイス(オランダ、サンウェブ) photo:CorVos
「特に攻めているわけではなかったけれど、右肩を思いっきりフェンスにぶつけてしまった。かなり傷んだものの再乗車は不可能ではないと感じてレースに戻った。勝負には加われないことは分かっていたけれど、総合ランキングのために走った」と振り返るファンデルポール。一時は2位グループへ追いつくかに思えたが、チェーン落ちに阻まれ最終的に4位でレースを終えている。

先頭ではファンアールトが独走体制に入り、ローレンス・スウィーク(ベルギー、エラリアルエステート・サーカス)から一定の間隔を保って逃げ続けた。ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)らの追走は届かず、そのままファンアールトが独走勝利を飾った。シクロクロスにおける3大ツアーの中では今回が今季初勝利だ。

独走勝利したワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)独走勝利したワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン) photo:CorVos
週中で開催されたレースで今季初勝利を飾り、2連勝を挙げた世界王者。「今シーズンはマテューにやられっぱなしだったけれど、ようやく勝つことができた。別に彼のミスを待っていたわけじゃない。まだレースは3/4残っていたし、強風で先頭に立つのは厳しいシチュエーションだけど、思いがけずリードを得たので踏み始めた。とにかく集中して、砂区間でミスしないように気をつけたんだ」と語った。

翌日は深い砂コースを特徴に持つベルギー、コクサイデで開催されるUCIワールドカップ。昨年は暴風雨によって開催中止に追い込まれており、2年ぶりの名物コースで激しい戦いが繰り広げられるはず。

スーパープレスティージュ2017-2018第3戦表彰台スーパープレスティージュ2017-2018第3戦表彰台 photo:CorVos
スーパープレスティージュ2017-2018第3戦
1位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)1h00’01”
2位ローレンス・スウィーク(ベルギー、エラリアルエステート・サーカス)+09”
3位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)+14”
4位マテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン) +22”
5位イェンス・アダムス(ベルギー、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)
6位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、テレネット・フィデア)+49”
7位トーン・アールツ(ベルギー、テレネット・フィデア)+1’04”
8位ケヴィン・パウエルス(ベルギー、マーラックス・ナポレオンゲームス)+1’24”
9位ティム・メルリエ(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)+1’36”
10位ミカエル・ボロス(チェコ、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)+1’43”
Lap竹之内悠(東洋フレーム)
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 IRC H134シラクCX SAND シクロクロス用 チューブレス X-ガード 700*32C
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
最安価格: ¥ 5,431
アマゾン価格: ¥ 5,431
の画像 IRC M124シラクCX シクロクロス用チューブレス X-ガード 700*32C
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
最安価格: ¥ 5,460
アマゾン価格: ¥ 5,792
の画像 IRC tire チューブレスタイヤ専用タイヤレバー 99095Y レッド
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 1,080
最安価格: ¥ 864
アマゾン価格: ¥ 1,091