週末に向けて熱気が高まる宇都宮市内において、ジャパンカップの第1プログラムであるチームプレゼンテーションが開催。オリオンスクエアに集結した各チームをフォトレポートで紹介していきます。まずは国内チーム編から。



宇都宮ブリッツェン

宇都宮ブリッツェン宇都宮ブリッツェン photo:Makoto.AYANO
オノデライダーこと小野寺玲の決めポーズが出た!オノデライダーこと小野寺玲の決めポーズが出た! photo:Makoto.AYANOブリッツェンのジャージを着てのラストレースとなるクリテリウムの抱負を語る鈴木真理ブリッツェンのジャージを着てのラストレースとなるクリテリウムの抱負を語る鈴木真理 photo:Makoto.AYANO


チームプレゼンテーションのトップバッターを務めたのは、毎年宇都宮大通りを、そして古賀志林道を赤く染め上げる宇都宮ブリッツェン。7名と清水監督が登壇した瞬間、雨中オリオンスクエアに詰めかけたファンの興奮はいきなり頂点に達した。

病気療養、そしてツール・ド・北海道で負った鎖骨骨折明けであまり調子が上がっていないと言う増田成幸に代わってチームを引っ張るのは、雨澤毅明と、U23アジア王者小野寺玲、そして先の世界選手権で逃げに乗った岡篤志と急成長中の若手選手。今季限りでの退団を発表し、明日のクリテリウムが現チーム最後の舞台となる鈴木真理は「明日のクリテリウムで5年間着用したジャージも最後。走ってみないとわからないけれど、いい走りがしたいですね」と謙虚なコメントを残した。



キナンサイクリングチーム

キナンサイクリングチームキナンサイクリングチーム photo:Makoto.AYANO
ツール・ド・北海道でマルコス・ガルシア(スペイン)が、ツール・ド・フィリピンでジャイ・クロフォード(オーストラリア)が、ツール・ド・フローレスでトマ・ルバ(フランス)が総合優勝勝利するなど、今季アジアのステージレースで結果を残したキナンサイクリングチーム。石田監督が「ハイレベルのレースで見どころを作り、そして上位に食い込みたい」と語るチームのエースは、土曜日がスプリント力のある雨乞竜己、そして日曜日が登坂力に秀でるマルコス。

昨年ジロ・デ・イタリアを完走した山本元喜は「ツール・ド・イランで高地を走ってきたので調子は上がってきている」とコメント。非常に絞れた様子で、過去大会では山岳賞などを獲ってきた積極的な走りが今年も見られるか?今年Jプロツアーでスプリント勝利を収めている中島康晴も多くの声援を集めていた。



ブリヂストンアンカー

チームブリヂストンアンカーチームブリヂストンアンカー photo:Makoto.AYANO
引退を発表した西薗良太(ブリヂストンアンカー)引退を発表した西薗良太(ブリヂストンアンカー) photo:Makoto.AYANO長い歴史と国内屈指の実力を誇るUCIコンチネンタルチームのブリヂストンアンカー。土曜日のクリテリウムは、宇都宮に馴染みが深いスプリンター大久保陣やU23全日本TTチャンピオンの新城雄大、鈴木龍らスピードマンで上位を狙う。日曜日のロードレースはツール・ド・北海道で総合2位となった西薗良太や前全日本チャンピオンの初山翔、石橋学ら日本屈指のオールラウンダーたちで勝利を目指す。

先日現役引退を発表したばかりの西薗は「大学生の時に初めて招聘されたのがこのジャパンカップでした。このレースで引退を迎えるのは感慨深いです。厳しい天候になりそうですが、逆に番狂わせを起こさなければいけない自分たちとしてはチャンスです」とコメント。クリテリウムに絞って結果を狙う大久保は「ブリッツェンのときとは違う緊張感で望むレースですが、やはり宇都宮のファンの前でいい走りがしたい」と意気込んだ。



マトリックスパワータグ

くだらないギャグを連発して観客を魅了するマトリックスパワータグくだらないギャグを連発して観客を魅了するマトリックスパワータグ photo:Makoto.AYANO
安原大貴選手がシエルボ奈良のジャージを着て紛れ込む安原大貴選手がシエルボ奈良のジャージを着て紛れ込む photo:Makoto.AYANOドタバタ喜劇を繰り広げるマトリックスパワータグドタバタ喜劇を繰り広げるマトリックスパワータグ photo:Makoto.AYANO


安原監督の怒涛のトークとフルメンバー出演のコントで全くレースに関して話題が及ばなかった、毎年お馴染みマトリックスパワータグのプレゼンテーション。会場を笑いの渦に巻き込んだ同チームだが、その魅力は漫才だけと思えば然にあらず。

今年Jプロツアーで2度も表彰台を独占したチーム力は誰もが認めるところであり、ルビーレッドジャージを獲得し、ツール・ド・熊野で総合優勝したホセ・ビセンテ(スペイン)や12度目の出場となる土井雪広、2011年大会では3位の佐野淳哉という元全日本チャンピオンが揃い踏み。土曜日には「宇都宮」「クリテリウム」というキーワードに強い国内トップスプリンターである吉田隼人と、欧州トラック選手権を制した経験のあるアイラン・フェルナンデスが狙ってくるはずだ。



那須ブラーゼン

栃木の大きな期待に応える那須ブラーゼン栃木の大きな期待に応える那須ブラーゼン photo:Makoto.AYANO
ブリッツェンと共に毎年宇都宮の秋を大いに沸かせる那須ブラーゼンは、Jプロツアー第2戦宇都宮ロードで優勝した吉岡直哉をエースに日曜日に臨む。かなり絞れている印象の吉岡は「Jプロツアーで勝利した土地なので個人としてもチームとしても思い出の地。新しい思い出を作りたい」と言う。

クリテリウムではスプリント力のある下島将輝がエースを担う。昨年大会は怪我明けの復帰戦ながら途中の逃げに乗っており、「昨年井上和郎さんにやられて逃してしまったポイント賞を狙いたい」とリベンジを誓う。チーム名の語源でもある風をここジャパンカップで巻き起こせるか?若き選手たちに注目が集まる。



チーム右京

全日本チャンピオン畑中勇介を擁するチーム右京全日本チャンピオン畑中勇介を擁するチーム右京 photo:Makoto.AYANO
全日本ジャージの畑中勇介が絹代さんに愛のメッセージを送る全日本ジャージの畑中勇介が絹代さんに愛のメッセージを送る photo:Makoto.AYANO粒ぞろいのチーム力を武器にアジア各国のステージレースで活躍し、アジアツアーランキング1位に輝いたチーム右京。片山右京監督は「チーム創設時は出場権すら得られなかったジャパンカップ。去年はクリテで2位、ロードで5位。更に上の成績を狙っていきたいですね」と目標を語る。

ツアー・オブ・ジャパン総合優勝3連覇を果たしたオスカル・プジョル(スペイン)は台湾のヒルクライムレースからの移動中で不在だったが、そこでの結果はヴィンチェンツォ・ニーバリに次ぐ2位とシーズン終盤の今でもコンディションは落としていない様子。

全日本王者の畑中は「毎年言っていることですが、プロを目指すきっかけとなったジャパンカップで良い走りがしたい。過去に表彰台には登っている(2010年3位)ので、狙うはテッペンのみ」と壇上でコメント。昨年クリテリウムで2位に甘んじたジョン・アベラストゥリ(スペイン)は悲願の優勝なるか。アベラストゥリと、プジョルのTOJ優勝を献身的にサポートしたネイサン・アール(オーストラリア)は来年格上のプロチームへの移籍が決まっているため、ジャパンカップが現チームラストレースとなるという。



日本ナショナルチーム

新デザインのジャージで登場した日本ナショナルチーム新デザインのジャージで登場した日本ナショナルチーム photo:Makoto.AYANO
新デザインの全日本ジャージはこの日がお披露目となった新デザインの全日本ジャージはこの日がお披露目となった photo:Makoto.AYANO背中には日の丸とJAPANをあしらう背中には日の丸とJAPANをあしらう photo:Makoto.AYANO


新デザインジャージのお披露目を兼ねた日本ナショナルチーム。今年は出場権を得られなかったシマノレーシングから入部正太朗と木村圭佑、愛三工業レーシングから岡本隼、鹿屋体育大学の山本大喜、そして石上優大という5名をラインアップしてきた。

浅田彰監督は「今年U23世代はネイションズカップなど非常に厳しいレースを戦ってきました。アジア王者の岡本、TOJで18位とUCIポイントを獲った山本大喜など、力のある若手が揃っています」とメンバーを紹介。世界選手権U23で単独ブリッジした山本は2年前のオープンレースで優勝しており、得意の登坂力を活かせるか。格上の選手をも喰うスプリントを武器にするU23アジア王者の岡本は当然クリテリウム狙い。新しいナショナルジャージを纏う選手たちはスタート直後のアタック合戦にも積極的に加わってくるはずだ。



クリテリウムスペシャルライダーズ

ネイサン・ハースにピスト、TT、シクロクロス選手をミックスしたクリテリウム・スペシャルライダーズネイサン・ハースにピスト、TT、シクロクロス選手をミックスしたクリテリウム・スペシャルライダーズ photo:Makoto.AYANO
毎年おなじみの「クリテリウムスペシャルライダーズ」には、今年も豪華選手が集った。まず注目は、過去に2度ジャパンカップを制覇しているネイサン・ハース(オーストラリア、ディメンションデータ)が1日限りで宇都宮を走ること。出場は本人の熱望が叶ったもので、「様々なスペシャリストが揃っているので、良いショーを見せたい」と言う。S級競輪選手の新田祐大と渡邉正光は史上初の競輪選手の完走なるか?宇都宮ブリッツェンのメンバーとしてシクロクロスを走る小坂光、ホビーレーサーの代表として国内屈指のスピードレースに挑む2015年の全日本TT王者、中村龍太郎(イナーメ信濃山形)の2人にも注目だ。

宇都宮のマスコットのミヤリーちゃんと佐藤栄一市長宇都宮のマスコットのミヤリーちゃんと佐藤栄一市長 photo:Makoto.AYANO先日急逝された故・高木秀彰フォトグラファーの追悼が行われた先日急逝された故・高木秀彰フォトグラファーの追悼が行われた photo:Makoto.AYANO


text:So.Isobe
photo:Makoto.Ayano
Amazon.co.jp 
の画像 宇都宮餃子公式ガイドブック vol.6
カテゴリー:
メーカー: 下野新聞社
参考価格: ¥3,740
最安価格: ¥3,740
アマゾン価格: ¥3,740
の画像 持ち歩ける 宇都宮本 (エイムック 3330)
カテゴリー:
メーカー: エイ出版社
参考価格: ¥177
最安価格: ¥3,984
アマゾン価格: ¥177
の画像 ジモトラベル 宇都宮 (諸ガイド)
カテゴリー:
メーカー: ジェイティビィパブリッシング
参考価格: ¥1,100
最安価格: ¥4,445
アマゾン価格: ¥1,100