残り7km地点に登場した標高200mの丘をクリアした精鋭集団によるスプリント。登りを集団内でこなしたサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)が圧巻のスプリント3連勝を飾った。



スタート前にシューズを磨いてもらうサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)スタート前にシューズを磨いてもらうサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Brian Hodes / VeloImages

フェトヒイェとマルマリスという二つのリゾート地をつなぐ128.6kmで行われたツアー・オブ・ターキー第3ステージ。例年落車が頻発する危険な下りを含んだ2級山岳をレース前半に越え、内陸の観戦道路を走ってマルマリスに向かう。残り7km地点で標高200mの丘を越えるターキーの定番コースレイアウトだ。

99名がフェトヒイェの街をスタートするとすぐ、ジャパンカップにも出場予定のグレゴリー・ダニエル(アメリカ、トレック・セガフレード)とフェリトカン・サムリ(トルコ、トルコナショナルチーム)のファーストアタックが決まる。ここにトーマス・デルエット(ベルギー、WBヴェランクラシック)が加わる形で3名逃げが始まった。

最大6分のタイム差を築いた先頭3名を追ったのは主にボーラ・ハンスグローエとUAEチームエミレーツ、ウィリエール・トリエスティーナの3チーム。レース時間が3時間強という短さのためメイン集団は早めにタイム差を詰め、残り35km地点通過とともに1分を割り込む。先頭ではダニエルが独走に持ち込み、単独でスプリンターチームに勝負を挑み始めた。

リーダージャージのサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)らがスタートに並ぶリーダージャージのサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)らがスタートに並ぶ photo:Brian Hodes / VeloImages
3名による逃げを率いるフェリトカン・サムリ(トルコ、トルコナショナルチーム)3名による逃げを率いるフェリトカン・サムリ(トルコ、トルコナショナルチーム) photo:Brian Hodes / VeloImages
UAEチームエミレーツとボーラ・ハンスグローエ、アンドローニ・シデルメクが牽引するメイン集団から30秒前後のリードで独走を続けたダニエルだったが、幅広の幹線道路でリードを失っていく。残り10kmでカメラに手を振ってダニエルの逃げは終了。標高200mの丘越えが始まると、緩斜面を利用したエドアルド・ザルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)のカウンターアタックを皮切りに次々に選手が飛び出す。しかし主にUAEチームエミレーツによる集団牽引によってアタックは封じ込められ、約30名に絞られた状態で丘を越えた。

リーダージャージを着るベネットはこの精鋭集団に残った。マルマリスのフィニッシュ地点に向かう高速ダウンヒル(常時80km/h前後)で後続が追いつき、ステージ優勝争いは60名弱の集団によるスプリントに。下りを終えて平坦路に入ると、メンバー4名を残したボーラ・ハンスグローエが完全に主導権を握った。

残り1kmアーチを過ぎ、街中の石畳&連続直角コーナーを抜けるとオーストリアチャンピオンジャージのグレゴール・ミュールベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)が最終リードアウトを開始。後方からロングスプリントに持ち込んだマヌエル・ベレッティ(イタリア、バルディアーニCSF)の接近を確認したベネットがミュールベルガーのスリップストリームを脱して加速する。この日もエドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)が勝負を挑んだが届かず、ベネットのハットトリックが決まった。ツアー・オブ・ターキーの歴史上、スプリントで3連勝を飾った選手はベネットが初となる。

独走で逃げ続けたグレゴリー・ダニエル(アメリカ、トレック・セガフレード)独走で逃げ続けたグレゴリー・ダニエル(アメリカ、トレック・セガフレード) photo:Brian Hodes / VeloImages
再びスプリントでトゥーンスを下したサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)再びスプリントでトゥーンスを下したサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Brian Hodes / VeloImages
ターコイズブルーのリーダージャージを着て負けなしのスプリント3連勝を飾ったベネットは「2連勝した昨日の時点で『あと1勝できたらラッキーだな』と思っていたけど、まさか3連勝できるとは。最後の(残り7km地点の)登りで集団に残れるかどうか半信半疑だったけど、ポジションを下げないことだけを考えて走った。最後はチームメイトたちに導かれてのスプリント。自分は思わず興奮しすぎてチームメイトたちに『ゴー!ゴー!ゴー!』と叫んでしまったけど、彼らは聞く耳を持たず、落ち着いて完璧にリードアウトしてくれた」と、刺激的なフィナーレを振り返る。

かつてグライペルやカヴェンディッシュといった名だたるスプリンターが勝利しているマルマリスでステージ優勝したことについてベネットは「自分は決してビッグネームじゃないけど、少しずつステータスを高めることができていると思う。勝ち続けることで、ビッグレースでも勝てるという自信が身についてきた」とコメント。ベネットは1週間前のスパルカッセン・ミュンスターラント・ジロでも勝利しているため、これがスプリント4戦4勝。シーズン勝利数はヴィヴィアーニやクリストフに並ぶ9勝目で、残りのステージでさらにその数字を伸ばす可能性が高い。

ツアー・オブ・ターキー2017第3ステージ結果
1位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)3:25:26
2位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)
3位シモーネ・コンソンニ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
4位マヌエル・ベレッティ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)
5位アンドレア・ヴェンドラーメ(イタリア、アンドローニ・シデルメク)
6位フランチェスコ・ガヴァッツィ(イタリア、アンドローニ・シデルメク)
7位ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ(イタリア、バルディアーニCSF)
8位エデュアルド・プラデス(スペイン、カハルーラル)
9位ジョナス・コッホ(ドイツ、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
10位アフメット・オルケン(トルコ、トルコナショナルチーム)
54位別府史之(日本、トレック・セガフレード)0:00:33
個人総合成績
1位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)13:24:28
2位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)0:00:14
3位シモーネ・コンソンニ(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:00:26
4位ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ(イタリア、バルディアーニCSF)0:00:29
5位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
6位フランチェスコ・ガヴァッツィ(イタリア、アンドローニ・シデルメク)
7位ミルコ・マエストリ(イタリア、バルディアーニCSF)
8位マヌエル・ベレッティ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)0:00:30
9位アフメット・オルケン(トルコ、トルコナショナルチーム)
10位エンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF)
山岳賞
1位ミルコ・マエストリ(イタリア、バルディアーニCSF)9pts
2位トーマス・デルエット(ベルギー、WBヴェランクラシック)5pts
3位エンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF)4pts
ポイント賞
1位サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)45pts
2位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)41pts
3位シモーネ・コンソンニ(イタリア、UAEチームエミレーツ)33pts
チーム総合成績
1位アンドローニ・シデルメク40:14:56
2位バルディアーニCSF0:00:02
3位ボーラ・ハンスグローエ
Amazon.co.jp 
の画像 井村屋 5本入スポーツようかん 60g×5本入り
カテゴリー: Grocery
メーカー: 井村屋製菓
参考価格: ¥ 540
の画像 杉本屋製菓 ようかん煉 40g×10個
カテゴリー: Grocery
メーカー: 杉本屋製菓
参考価格: ¥ 540
最安価格: ¥ 990
アマゾン価格: ¥ 990
の画像 井村屋 スポーツようかん 1本入×12個
カテゴリー: Grocery
メーカー: 井村屋製菓