1月30日(月)、au損保が新潟県と「自転車の交通安全対策推進のための連携・協力に関する協定」を締結した。自転車向け保険の認知度向上と、自転車の安全利用に関する意識向上に努めるという。また、新潟県で販売した自転車向け保険の収益の一部を寄付することも発表した。以下、プレスリリースより。



新潟県とau損保が「自転車の交通安全対策推進のための連携・ 協力に関する協定」を締結新潟県とau損保が「自転車の交通安全対策推進のための連携・ 協力に関する協定」を締結 (c)au損保au損保は、本日2017年1月30日(月)に、新潟県と「自転車の交通安全対策推進のための連携・協力に関する協定」を締結しました!新潟県が自転車の交通安全対策に関し、協定を締結するのは今回が初。今後は、新潟県と協力して、万が一の備えである自転車向け保険の知識向上と普及に努めるとともに、自転車の交通安全対策を推進し、安全で安心な県民生活の実現を目指します。

新潟県における自転車事故の死者数は、平成25年の増加以降ほぼ横ばいが続いており、一層の事故防止対策が課題となっています。本協定に基づき、新潟県での「自転車向け保険」の販売に応じた収益の一部を交通安全啓発品として寄付を開始するとともに、自転車安全利用を促すチラシ等の各種啓発ツールを提供します。

また、新潟県は、au損保からの寄付・啓発ツール等の提供を受け、県内の交通安全活動に活用する等、自転車の交通安全対策の一層の充実を図ります。これにより、両者で県内の自転車利用者の安全意識の向上による自転車事故の削減に取組んでまいります。

協定締結式は、新潟県庁において米山隆一新潟県知事、亀田修造au損保社長の両氏の出席のもと執り行
われました。au損保と自治体との自転車安全利用等に関する協定の締結は、大阪府(昨年3月)、
東京都(昨年7月)、埼玉県(昨年9月)に続くものです。au損保は、今後も各地の自治体との緊密な
関係強化、事業協定締結等を通じて自転車の安全で適正な利用に貢献してまいります。