今年ロード世界選手権に出場し、21位となった吉川美穂(ライブガーデン・ビチステンレ)がスペイン籍の女子UCIチーム「ビスカヤ・ドゥランゴ(Bizkaia-Durango)」と契約。単身スペインへと渡り、2020年東京五輪を見据えて活動するという。



吉川美穂(ライブガーデン・ビチステンレ)吉川美穂(ライブガーデン・ビチステンレ) photo:Satoru.Kato2016年の世界選手権に出場し、21位に2016年の世界選手権に出場し、21位に photo:Kei Tsuji吉川の契約は2017年1月1日から。UCI公認選手代理人である山崎健一氏がプレスリリースで発表した。

スペイン籍の女子UCIチーム、ビスカヤ・ドゥランゴスペイン籍の女子UCIチーム、ビスカヤ・ドゥランゴ (c)Bizkaia-Durango吉川は大阪府泉南郡出身の23歳(1993年1月15日生)で、ASAHI MUUR ZEROを経て2016年はチーム「ライブガーデン・ビチステンレ」に所属。水泳やソフトボールの経験を経て、2010年の高校3年時夏に自転車競技を始める。トラックレースを専門に競技を始めたが、2012年からロードレースに参戦開始。

集団スプリントを得意とし、2014年からアジアやヨーロッパでのUCI国際レースにて上位に入り、日本のUCI国際ランキングアップに貢献。2016年世界選手権自転車競技大会ロードレース女子では、日本人女子選手最高位の21位に。JBCFフェミニンツアーではスプリントを武器に出場した9戦中8勝を収めた。

移籍先のビスカヤ・ドゥランゴは女子ロードレース世界最高峰「UCIウィメンズ・ワールドツアー」シリーズを転戦するスペインの強豪チームであり、メインスポンサーはスペイン・バスク州ビスカヤ県にある「ドゥランゴ自治体(Durango)」。2004年に創立され、スペイン・バスク州において最も長くプロチームを継続しているチームだ。

女子世界最高峰の自転車レースであるジロ・ローザや、ツール・ド・フランスを主催するASOによる「ラ・クルス by ツール・ド・フランス」の常連出場チーム。過去には2000年の女子版「ツール・ド・フランス」及び「ジロ・ローザ」総合優勝者であるジョアヌ・ソマリバや、2011-2016年にスペインのロード&TT王者となったアンナ・サンチスらが所属したチームだ。

先日オランダ籍の女子UCIチームである「マースランドスター・ニッチリビングCCNサイクリングチーム」への移籍発表を行った、坂口聖香と牧瀬翼に続くヨーロッパ挑戦となる吉川。全日本王者の與那嶺恵理(ポワトゥーシャラント・フチュロスコープ86)、萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)と合わせて5名がプロツアーサーキットを転戦することになる。

吉川のコメントなどはプレスリリースより。



吉川美穂選手のコメント

「私、吉川美穂は2017年シーズンよりUCIウィメンズチーム「ビスカヤ・ドゥランゴ」と契約し、海外レースを主戦場に致します。2016年はライブガーデン・ビチステンレに受け入れて頂いたおかげで選手活動を続けることが出来、その結果、世界選手権出場を筆頭にナショナルチームの海外遠征に多く参加させて頂きました。そしてUCIウィメンズチーム「ビスカヤ・ドゥランゴ」と契約するチャンスを掴むことが出来ました。これまで支えて下さった沢山の方々には本当に感謝しております、ありがとうございます。 2017年は単身での渡航となり、期待と不安が入り混じりますが、2020年東京五輪に向けてロードレースの本場で走れることを嬉しく思います。次に繋げられるように精一杯走ります。 また、非UCIレース(国内JBCFシリーズなど)を走る際は、これまで通りライブガーデン・ビチステンレでの活動予定です。これからも応援よろしくお願い致します。」

吉川美穂の主な戦績
2015年度
ツアー・オブ・タイランド女子(タイ、UCI2.2)
・第2ステージ 3位
・第3ステージ 2位
・総合5位

2016年度
ツアー・オブ・タイランド女子(タイ、UCI2.2)
・第2ステージ 3位
・総合 6位
ツアー・オブ・舟山島(中国、UCI2.2)
・第3ステージ 6位
トロフェ・ドール女子(UCI2.2)
・第2ステージ 2位
世界自転車競技選手権大会ロードレース2016女子エリート(カタール)
・21位(日本人女子最高位)
ジャパンカップ2016(女子オープン)
・2位

text:So.Isobe

最新ニュース(全ジャンル)

篠さんが日本縦断ギネス世界記録チャレンジに成功 148時間48分の新記録樹立 Makoto Ayano 2024/05/27(月) - 12:36
ギネス新記録樹立