いよいよ開幕したジャパンカップ2016。クリテリウムを前に、一般ファンが出場選手と共に森林公園周回コースを走るオープニング・フリーランが開催された。331名のファンたちが別府、新城、カンチェラーラ、ヘイマンらと共にプレミアムなサイクリングを楽しんだ。



新城幸也(ランプレ・メリダ)を囲んで記念撮影新城幸也(ランプレ・メリダ)を囲んで記念撮影 photo:Makoto.AYANOファンと記念撮影するアタッキ・チーム・グストファンと記念撮影するアタッキ・チーム・グスト photo:Yuya.Yamamoto

チームスカイの選手とセルフィーチームスカイの選手とセルフィー photo:Makoto.AYANO今日もロックなテイラー・エイセンハート(アメリカ、BMCレーシング)とキッズライダーたち今日もロックなテイラー・エイセンハート(アメリカ、BMCレーシング)とキッズライダーたち photo:Satoru.Kato

孫悟空と共にかめはめ波を繰り出すマヌエーレ・モーリ (イタリア、ランプレ・メリダ)孫悟空と共にかめはめ波を繰り出すマヌエーレ・モーリ (イタリア、ランプレ・メリダ) photo:Satoru.Katoマシュー・ヘイマン(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)もファンとともにセルフィーマシュー・ヘイマン(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)もファンとともにセルフィー photo:Yuya.Yamamoto


ジャパンカップ2日目のオープニングイベントとして開催されたのは、毎年恒例のオープニング・フリーラン。上空は厚い雲に覆われ、気温も16℃ほどと冷え込みながらも、雨だった昨年よりも良好なコンディションでの開催となった。ロードレースの舞台である宇都宮市森林公園周回コースでは、331名の熱心なファンがスタートラインに並んだ。

オープニング・フリーランがスタート。古賀志林道へと繰り出していくオープニング・フリーランがスタート。古賀志林道へと繰り出していく photo:Satoru.Kato
小さなBMCレーシングのファンが一緒に走る小さなBMCレーシングのファンが一緒に走る photo:Makoto.AYANO自らもセルフィーするファビアン・カンチェラーラ(スイス、トレック・セガフレード)自らもセルフィーするファビアン・カンチェラーラ(スイス、トレック・セガフレード) photo:Satoru.Kato


熱心なファンに応えるように、6つのUCIワールドチームに、チーム・ノボ ノルディスクとアタッキ・チーム・グストを加えた計7チームが参加。MC Aleeさんが到着を知らせると、サインや記念撮影を求めるファンが選手たちのもとに。わずかな時間ではあったもののスタート前には各選手がファンサービスに応じた。

頂上ポイントでの別府史之(トレック・セガフレード)とファン頂上ポイントでの別府史之(トレック・セガフレード)とファン photo:Makoto.AYANOファンと共に走るエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ディメンションデータ)とクリストファー・シェルピング(キャノンデール・ドラパック) のノルウェーコンビファンと共に走るエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ディメンションデータ)とクリストファー・シェルピング(キャノンデール・ドラパック) のノルウェーコンビ photo:Satoru.Kato

ファンとバトルを繰り広げる(?)テイラー・フィニー(アメリカ、BMCレーシング)ファンとバトルを繰り広げる(?)テイラー・フィニー(アメリカ、BMCレーシング) photo:Satoru.Kato日本の期待を背負う新城幸也(ランプレ・メリダ)と増田幸成(宇都宮ブリッツェン)が並んで走る日本の期待を背負う新城幸也(ランプレ・メリダ)と増田幸成(宇都宮ブリッツェン)が並んで走る photo:Satoru.Kato

マッテーオ・ボーノ(イタリア、ランプレ・メリダ)がキッズライダーを強力にアシストマッテーオ・ボーノ(イタリア、ランプレ・メリダ)がキッズライダーを強力にアシスト photo:Satoru.Kato
そして、定刻の午前9時にオープニング・フリーランのスタートが切られ、BMCレーシングらを先頭に古賀志林道へ。多くの選手が「美しい」と称賛するコースを、憧れのプロと競うように、はたまたプロからアシストを受けながら、1周してフィニッシュ。エウジェニオ・アラファーチ(イタリア、トレック・セガフレード)らは、ファンとスプリント勝負を演じ、ハンドルを投げ合いながらフィニッシュラインを切った。

フィニッシュラインへと戻ってきた別府史之(トレック・セガフレード)ら第1集団フィニッシュラインへと戻ってきた別府史之(トレック・セガフレード)ら第1集団 photo:Yuya.Yamamotoフィニッシュラインでファンとハンドルを投げ合うエウジェニオ・アラファーチ(イタリア、トレック・セガフレード)フィニッシュラインでファンとハンドルを投げ合うエウジェニオ・アラファーチ(イタリア、トレック・セガフレード) photo:Yuya.Yamamoto

ファンと記念撮影するキャノンデール・ドラパック勢ファンと記念撮影するキャノンデール・ドラパック勢 photo:Yuya.Yamamotoリラックスした雰囲気でサイン会を行うBMCレーシングリラックスした雰囲気でサイン会を行うBMCレーシング photo:Yuya.Yamamoto

女性ファンと記念撮影するラーシュペッテル・ノルダーグ(ノルウェー、チームスカイ)女性ファンと記念撮影するラーシュペッテル・ノルダーグ(ノルウェー、チームスカイ) photo:Satoru.Katoメリダのブースではランプレ・メリダのサイン会が行われたメリダのブースではランプレ・メリダのサイン会が行われた photo:Makoto.AYANO

ファンにノベルティを配るファビアン・カンチェラーラ(スイス、トレック・セガフレード)ファンにノベルティを配るファビアン・カンチェラーラ(スイス、トレック・セガフレード) photo:Yuya.Yamamotoファンにノベルティを配る別府史之(トレック・セガフレード)ファンにノベルティを配る別府史之(トレック・セガフレード) photo:Yuya.Yamamoto


オープニング・フリーランを楽しんだ選手たちは、コース脇にサポートブランドのブースを訪れ、サイン会を行うなど再びファンとの交流を楽しんだ。参加したファンたちにとっては、これ以上ないプレミアムな時間となったことだろう。選手たちはファンサービスを終えると、クリテリウムの準備のために宇都宮市街へと戻っていった。



photo:Satoru.Kato, Makoto.AYANO, Yuya.Yamamoto
Amazon.co.jp 
の画像 CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)2016年12月号
カテゴリー: Book
メーカー: 八重洲出版
最安価格: ¥ 682
アマゾン価格: ¥ 682
の画像 BiCYCLE CLUB (バイシクルクラブ)2016年12月号 No.380
カテゴリー: Book
メーカー: エイ出版社
の画像 宮澤崇史の頭脳で勝利に近づく! プロのロードレーステクニック
カテゴリー: Book
メーカー: 日東書院本社
参考価格: ¥1,870
最安価格: ¥848
アマゾン価格: ¥1,870