世界最大の自転車ショー「ユーロバイク」。次期新製品が明らかになると同時にバイク界の潮流がつかめる展示会でホットなニューモデルを探した。Part.8ではKTM、ルック、クォータ、ラウフ、エリート、ISMの6ブランドをピックアップする(記事インデックスはこちらから)。



KTM(オーストリア)

KTMは、他社のエアロロードとも一線を画す近未来的でスリークなデザインのコンセプトバイク「LISSE」を発表KTMは、他社のエアロロードとも一線を画す近未来的でスリークなデザインのコンセプトバイク「LISSE」を発表 photo:Makoto.AYANO
リアブレーキをチェーンステー上側に設置し、制動力を高めたリアブレーキをチェーンステー上側に設置し、制動力を高めた photo:Makoto.AYANO専用ステムにより、ケーブル類の内蔵化を進めた専用ステムにより、ケーブル類の内蔵化を進めた photo:Makoto.AYANO


オーストリアを拠点とする総合バイクブランドのKTM。日本ではモーターサイクルのイメージが強いが、1964年より自転車を手がけており、ユーロバイクでは毎年トップ10に入るほど大規模なブースを展開している(現在はモーターサイクル部門と自転車部門は別会社となっている)。

フランスのプロコンチネンタルチーム「デルコ・マルセイユ・プロヴェン」が駆る「REVELATOR M13」フランスのプロコンチネンタルチーム「デルコ・マルセイユ・プロヴェン」が駆る「REVELATOR M13」 photo:Makoto.AYANO
各チューブの繋がりが滑らかな、シートチューブ集合部の設計各チューブの繋がりが滑らかな、シートチューブ集合部の設計 photo:Makoto.AYANO完成車重量9.2kgと軽量な29erのフルサスXCバイク「SCARP 29 Sonic」完成車重量9.2kgと軽量な29erのフルサスXCバイク「SCARP 29 Sonic」 photo:Makoto.AYANO


今年のユーロバイクでは、他社のエアロロードとも一線を画す近未来的でスリークなデザインのコンセプトバイク「LISSE」を発表。フレーム形状のみならず、QRレバーを必要としないスルーアクスルの様なシステムや、フロント周りのケーブル完全内装を実現するハンドル周りの設計により空力性能を追求している。その他、フランスのプロコンチネンタルチーム「デルコ・マルセイユ・プロヴェン」が駆る「REVELATOR M13」や、完成車重量9.2kgと軽量な29erのフルサスXCバイク「SCARP 29 Sonic」なども展示された。



ルック(フランス)

HMカーボン採用により高剛性化と軽量化を図った「765HM」HMカーボン採用により高剛性化と軽量化を図った「765HM」 photo:Makoto.AYANO
765HMには、人気のモンドリアンカラーもラインアップされる765HMには、人気のモンドリアンカラーもラインアップされる photo:Makoto.AYANO根強い人気を誇る695シリーズ根強い人気を誇る695シリーズ photo:Makoto.AYANO


フレンチブランドのルックは、昨年発表したエンデュランスロード「765」に、素材をアップグレードした上位グレードの「765HM」を追加した。天然由来の繊維による優れた振動吸収性をそのままに、その名の通りハイモジュラスカーボンを採用することで、高剛性化と軽量化を一挙に成功させている。また、写真はないものの、ディスクブレーキ仕様の765も登場している。

ハイエンド795には、イタリアを代表する高級自動車メーカー「マセラティ」とのコラボレーションモデルが登場ハイエンド795には、イタリアを代表する高級自動車メーカー「マセラティ」とのコラボレーションモデルが登場 photo:Makoto.AYANO
ペーター・サガン(スロバキア、ティンコフ)のツール・ド・フランス ポイント賞獲得を記念したKeo Bladeペーター・サガン(スロバキア、ティンコフ)のツール・ド・フランス ポイント賞獲得を記念したKeo Blade photo:Makoto.AYANOKeoシリーズのエントリーグレードが「Keo Classic 3」にリニューアルKeoシリーズのエントリーグレードが「Keo Classic 3」にリニューアル photo:Makoto.AYANO


ハイエンドモデル「795」には、イタリアを代表する高級自動車メーカー「マセラティ」とのコラボレーションモデルが登場。同社主催のサイクリングイベント「PARIS MODENA」をモチーフとしたもので、ヘッドチューブとシートチューブには「トライデント(三又槍)」のロゴがあしらわれている。ペダルでは、Keoシリーズのエントリーグレードが「Keo Classic 3」にリニューアルした。



クォータ(イタリア)

ハイエンドレーシングロード「KHAN」にディスクブレーキ仕様を追加ハイエンドレーシングロード「KHAN」にディスクブレーキ仕様を追加 photo:Makoto.AYANO
D字断面と大きなベンドにより衝撃を吸収する新型シートポストD字断面と大きなベンドにより衝撃を吸収する新型シートポスト photo:Makoto.AYANO2017年モデルでは、カモフラージュをあしらったバイクが数モデルで展開される2017年モデルでは、カモフラージュをあしらったバイクが数モデルで展開される photo:Makoto.AYANO


イタリアのレーシングバイクブランドであるクォータは、ハイエンドレーシングロード「KHAN」にディスクブレーキ仕様を追加。リムブレーキ仕様と比較すると、シートステーの設計に変更があり、モノステーだった根元を双胴式とし、緩やかにベンドを与えることで、振動吸収性を高めているようだ。また、D字断面と大きなベンドにより衝撃を吸収する新型シートポストも展示されていた。



ラウフ(アイスランド)

カーボン製リーフスプリングを用いたサスペンションフォークを展開するアイスランドのLauf(ラウフ)カーボン製リーフスプリングを用いたサスペンションフォークを展開するアイスランドのLauf(ラウフ) photo:Makoto.AYANO
FESTKAのグラベルロードに自社フォークをアッセンブルしたショーバイクFESTKAのグラベルロードに自社フォークをアッセンブルしたショーバイク photo:Makoto.AYANOもともとはシリアスなコンペティションユース向けモデルをメインに展開していたが、今年はファンライド向けモデルをラインアップに追加もともとはシリアスなコンペティションユース向けモデルをメインに展開していたが、今年はファンライド向けモデルをラインアップに追加 photo:Makoto.AYANO


カーボン製リーフスプリングを用いたサスペンションフォークを展開するアイスランドのLauf(ラウフ)。もともとはシリアスなコンペティションユース向けモデルをメインに展開していたが、今年はファンライド向けモデルをラインアップに追加した。もっとも、60mm程度というストローク量と軽量性は、グラベルロードや、27.5+規格のMTBに向いていると言えるだろう。ブース内では、オープンサイクルやFESTKAのグラベルロードに自社フォークをアッセンブルし、アピールを行った。



エリート(イタリア)

高精度なパワーメーターを搭載したダイレクトトランスミッション式ホームトレーナー「KURA」高精度なパワーメーターを搭載したダイレクトトランスミッション式ホームトレーナー「KURA」 photo:Makoto.AYANO3本ローラーの新型モデル「QUICK-MOTION」は、前後にフロートさせることで自然な乗り心地を実現3本ローラーの新型モデル「QUICK-MOTION」は、前後にフロートさせることで自然な乗り心地を実現 photo:Makoto.AYANO

流量がアップした新型キャップ採用の「CRYSTAL OMBRA」ボトル流量がアップした新型キャップ採用の「CRYSTAL OMBRA」ボトル photo:Makoto.AYANO名前がユニークなトライアスロン用ボトル「BUTA」名前がユニークなトライアスロン用ボトル「BUTA」 photo:Makoto.AYANO


多種多様なサイクルリングアクセサリーを手がけるイタリアンブランドのエリートは、ホームトレーナーのラインアップを拡大。リアホイールの替わりにフレームに装着する「ダイレクトトランスミッション式」には、「DRIVO」と「KURA」という2つの新型ハイスペックモデルが登場した。共に、計測誤差±1%のパワーメーターを内蔵し、より高精度なパワートレーニングを可能としたことが特徴だ。もちろん、タブレットやスマートフォンと連携し、「ZWIFT」やエリート独自のトレーニングアプリ「My E-Training」を利用することもできる。

3本ローラーの新型モデル「QUICK-MOTION」は、前後にフロートさせることで、自然な乗り心地を実現。ホームトレーナー同様にプロ御用達のサイクルボトルには、流量がアップした新型キャップ採用の「CRYSTAL OMBRA」が登場している。



ISM(アメリカ)

ISM初のフルカーボンシェル採用サドル「PN3.0 C」ISM初のフルカーボンシェル採用サドル「PN3.0 C」 photo:Makoto.AYANO
ノーズが二股に分かれた独自のデザインによりデリケートゾーンへの圧迫を軽減ノーズが二股に分かれた独自のデザインによりデリケートゾーンへの圧迫を軽減 photo:Makoto.AYANO座面には、滑り止めラバーのようなシートが貼り付けられる座面には、滑り止めラバーのようなシートが貼り付けられる photo:Makoto.AYANO


トライアスロンやタイムトライアル向けモデルで高い評価を得ているアメリカ・フロリダのサドルブランドISM。今回のユーロバイクでは、ブランド初のフルカーボンシェル採用モデル「PN3.0 C」を発表した。ノーズが二股に分かれた独自のデザインによりデリケートゾーンへの圧迫を和らげながらも、カーボン製シェルによって軽量化を図っている。バイクを振ることが多くなる短距離レースに良さそうだ。



photo:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 不二家 ルックアラモード 12粒×10個
カテゴリー: Grocery
メーカー: 不二家
最安価格: ¥ 840
アマゾン価格: ¥ 840
の画像 はじめてのロードバイクお掃除メンテ (ヤエスメディアムック512)
カテゴリー:
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥770
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥770