茨城にてJCXシリーズが開幕。激しい2位・3位争いを尻目に序盤から独走した小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)が圧勝し、目標に据える全日本選手権に向けて好発進した。



74名が出走したC1カテゴリー74名が出走したC1カテゴリー photo:Makoto.AYANO


C1スタート。小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)と前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)が抜け出すC1スタート。小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)と前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)が抜け出す photo:Makoto.AYANO混戦状態のまま連続コーナー区間に突入する混戦状態のまま連続コーナー区間に突入する photo:Makoto.AYANO先々週に茨城と東海で動き出した国内シクロクロスカレンダーは、10月の3連休最終日に本格的なシーズンインを告げるJCXシリーズ初戦に直面。総勢400名を超える、過去最大人数を茨城県取手市の小貝川リバーサイドパークに迎え、茨城シクロクロスの第2戦として華やかに開催された。

3周目から独走に持ち込んだ小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)3周目から独走に持ち込んだ小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) photo:Makoto.AYANO「身体に力が入らなかった」と語る前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)「身体に力が入らなかった」と語る前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Makoto.AYANO後半、中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team)が丸山厚(BOMA RACING)をキャッチする後半、中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team)が丸山厚(BOMA RACING)をキャッチする photo:Makoto.AYANO中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team)と 前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team)と 前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Makoto.AYANO一部区間を除き、常時シクロクロスの練習用に解放されている小貝川リバーサイドパーク。今回はテクニカルなシングル/芝生区間に加えてストレート部分が例年よりも延長され、より馬力が求められるコース設定に。前日までに降った雨がコースを濡らしたが、C1レースの頃には泥要素は減り、スピーディーなパワーコースが出来上がった。

13時5分にスタートしたC1レースで序盤からリードしたのは、地元宇都宮で開催される全日本選手権に意欲を燃やす小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)と、前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、そして丸山厚(BOMA RACING)の3名。トップ10に食い込むと思われた小坂正則(スワコレーシング)は他選手と接触したことによって変速機を破損し、早々に戦列から離脱してしまう。

小坂と前田が交互に先頭に立つ先頭グループではまず丸山が遅れ、次いでグリップに有利なオールラウンドタイヤを選んだ小坂がセンタースリックタイヤの前田をコーナー区間でパス。様子を伺いながらペースを上げると前田は追従できず、ここから小坂の長い一人旅が幕を開けることとなった。

「スムーズすぎて楽に走っているよう」と観客に言わしめる走りで後続との距離を開きにかかる小坂。「国内初戦ということもあり、今日は自分自身をしっかりと追い込む走りをしたかった」と踏み続ける小坂のハイスピードに、レース時間が半分を迎える前から足切りが続出。最終的な完走人数は24名となった。

小坂の後ろでは「今日は思うように身体が動かなかった。ハンガーノックだったのかもしれない」という前田の後ろには丸山が再び迫り、中盤から追い上げてきた中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team)も存在感を強め始める。更には最後方スタートの織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)もジャンプでギャラリーを沸かせながら怒涛の追い上げで一気に勝負の最前線へと躍り出た。

後続グループの混戦状態で小坂とのタイム差拡大に歯止めが掛かったが、後半になると再びリードが広がり、その差は1分以上に。中里は國井敏夫(MilePost BMC Racing)と丸山、前田を続けざまにパスして2位に浮上。織田も國井とランデブーしながら前を狙っていく。

しかし激しい2位以降の争いも、先頭を行く小坂にとってはどこ吹く風。きっちりと踏み切った小坂は後続に1分半以上をつける大差の逃げ切りでJCX開幕戦勝利。2位には中里、3位には織田の追撃を振り切った丸山が入った。

「開幕戦にしては良い走りができた。でもまだまだプッシュできるはずなので全日本に向けて調子を上げていきたい」と言う小坂。「これで勢いがついたので、これからのレースは自分の限界を高める走りを心掛けたい。JCXシリーズの連覇については全日本まではあまり意識しないつもりですが、UCIレースはしっかり狙っていきますし、上位6戦の結果でランキングが決まるので、自ずと付いてくると思っています」と抱負を語った。



後続を1分半引き離した小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)後続を1分半引き離した小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) photo:Makoto.AYANO
2位でゴールする中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team)2位でゴールする中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team) photo:Makoto.AYANOC1表彰台C1表彰台 photo:Makoto.AYANO




C1の前に開催されたCL1は、序盤から武田和佳(Liv)が独走し、今井美穂(CycleClub.jp)を抑える展開が続いたものの、スピードに強みを見せる唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が中盤に猛然とスパートして首位に躍り出た。

武田もコーナーワークで食い下がったものの、直線が現れる度に唐見の背中は遠くなっていく。ロードレースの必勝パターンに持ち込んだ唐見は武田を25秒、今井を2分半引き離して勝利を飾った。

また、CM1では伊澤一嘉(TONIC CX Team JAPAN)が圧勝、C2では山中集平がアウター50Tのロードギアを回して圧勝。C1への切符を掴んでいる。次なるJCXシリーズの舞台は長野県茅野市で10月23日(日)に開催される白樺湖大会(シクロクロスミーティング第2戦)だ。



CL1 武田和佳(Liv)が独走態勢を築き上げるCL1 武田和佳(Liv)が独走態勢を築き上げる photo:Makoto.AYANOCL1 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が武田和佳(Liv)をキャッチするCL1 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が武田和佳(Liv)をキャッチする photo:Makoto.AYANO

CL1 パワーで逃げ切った唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)CL1 パワーで逃げ切った唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Makoto.AYANO
C2 C1への切符をつかんだ山中集平C2 C1への切符をつかんだ山中集平 photo:Makoto.AYANOCM1 伊澤一嘉(TONIC CX Team JAPAN)が圧倒的な勝利CM1 伊澤一嘉(TONIC CX Team JAPAN)が圧倒的な勝利 photo:Makoto.AYANO

C2 全日本ロード王者の窪木一茂(Nippoヴィーニファンティーニ)が走って4位にC2 全日本ロード王者の窪木一茂(Nippoヴィーニファンティーニ)が走って4位に photo:Makoto.AYANO開会式では記念撮影も。400名を超えるエントリーが集まった開会式では記念撮影も。400名を超えるエントリーが集まった photo:Makoto.AYANO




茨城シクロクロス2016-2017第2戦 小貝川リバーサイドパーク結果
C1
1位 小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)
2位 中里仁(Lemonade Bellmare Racing Team)
3位 丸山厚(BOMA RACING)
4位 織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)
5位 國井敏夫(MilePost BMC Racing)
6位 斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)
7位 前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)
8位 重田兼吾(TeamCUORE/順天堂大学)
9位 山田大介(PAX PROJECT)
10位 山中真(MilePost BMC Racing)

1h02’47”
1h04’12”
1h04’24”
1h04’34”
1h04’43”
1h05’14”
1h05’21”
1h05’27”
1h05’35”
1h05’56”


CL1
1位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
2位 武田和佳(Liv)
3位 今井美穂(CycleClub.jp)
4位 西山みゆき(TOYO Frame)
5位 西形舞(PANAMAREDS CX)

38’27”
38’43”
41’03”
42’33”
43’32”


その他リザルトはAJOCCリザルトページ

text:So.Isobe
photo:Makoto.AYANO

CW facebook フォトアルバム
Amazon.co.jp 
の画像 オリバーソース お好みソース ちょびっとどろ 500g×3本
カテゴリー: Grocery
メーカー: オリバーソース
最安価格: ¥ 1,071
アマゾン価格: ¥ 1,071
の画像 オリバー 焼そばソース ちょびっとどろ 500g×2個
カテゴリー: Grocery
メーカー: オリバーソース
最安価格: ¥ 713
アマゾン価格: ¥ 713
の画像 オリバーソース どろソース 360g
カテゴリー: Grocery
メーカー: オリバーソース
参考価格: ¥ 432
最安価格: ¥ 376