ツール・ド・フランス第6ステージで新城幸也(日本、ランプレ・メリダ)が自身2度目の敢闘賞を獲得。スタート直後からアタックを決めると残り22km地点まで逃げ続け、4年ぶりにツールのポディウムを敢闘赤ゼッケンのトロフィーとともに飾った。



笑顔でゴールした新城幸也(日本、ランプレ・メリダ)笑顔でゴールした新城幸也(日本、ランプレ・メリダ) photo:Makoto.AYANO
スタートしてすぐにヤン・バルタ(チェコ、ボーラ・アルゴン18)と2人でアタックを決めた新城は、途中4級山岳を先頭で通過。他2つの山岳と1つのスプリントポイントはバルタに譲りながら冷静にレースを運ぶ。その後ゴールスプリントへ向け速度を上げる集団に22km地点付近で吸収されるも、2012年のツール第4ステージ以来、2度目の敢闘賞を確定させた。

ゴール後新城は、「脚を使いきらないまま捕まってしまったけれど、大好きなピレネーが待っているので、いいウォーミングアップになった」と笑顔で語っている。

最後の勝負はスプリンター同士の争いとなり、マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ)が制し、今大会3勝目を挙げた。

敢闘賞を獲得し、ポディウムに登った新城幸也(日本、ランプレ・メリダ)敢闘賞を獲得し、ポディウムに登った新城幸也(日本、ランプレ・メリダ) photo:Makoto.AYANO

photo:Makoto.AYANO
text:Yuichiro Hosoda
Amazon.co.jp 
の画像 [ソーマ] Ride One Solor Alti Comapss NS24703 ホワイト/レッド
カテゴリー: Watch
メーカー: SOMA
参考価格: ¥ 30,240
最安価格: ¥ 21,543
アマゾン価格: ¥ 24,100